2019年秋雨前線による豪雨災害救援ニュースNo.2

大雨による被害が出た地域では、住民の皆さんが片づけを始めておられます。また、各地で災害ボランティアセンターの立ち上げ準備等が進みつつあります。

出典:佐賀新聞

武雄市でも、8月31日(土)からボランティア活動が行われる予定で、本日はチラシなどの配布が行われているとのことでした。

今回の水害は、河川の氾濫等によっての浸水被害が多く見受けられます。土砂崩れなどと違って、水だけが浸水した場合には被害が見えにくいことがあります。また、過去の同様の災害では、床下などは水だけだから大丈夫だろうと思って確認しなかった、という方が数ヶ月後にカビによってかなりの被害が出たという事例もあります。床上浸水だけでなく、床下浸水も含めた丁寧な対応が求められています。

出典:佐賀新聞(30日午前の大町町の様子)

また、自宅の1階が被災を受けたため、2階で生活をする、という方も増える可能性があります。こうした方々はなかなか支援が届きにくい状況がありますので、しっかりと対策をとり、支援を届けていくことが大切です。

当センターでは、9月1日(日)の午後から、頼政が現地入りし被害状況の調査や初動の支援を開始します。引き続き、皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いします。

■活動支援金のご協力をお願い致します。
郵便振替
口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター

銀行振込
ゆうちょ銀行 一一九支店 当座 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター
*お手数ですが、備考欄に「2019年8月豪雨」と記載ください。

■クレジットカードでもご寄付いただけます。
https://congrant.com/credit/form?project_id=605

*備考欄に「2019年8月豪雨」と記載ください。

■支援タオルの募集
被災地での掃除等に使用するタオルを募集します。
お送り下さる前に当センターまでご連絡をいただけますようにお願いします。

岩手県遠野市の社会福祉協議会から、困った時はお互い様ということでご協力をいただき、支援のためのタオルを武雄市社会福祉協議会にご寄付いただけることになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です