カテゴリー
未分類

2020年7月豪雨水害に関する支援ニュース 第68報

一昨日のニュースで予告しましたように、今日は神瀬で行ったサロンについて報告します。先日連休の21日には、当センターがPOSKOとして支援をしている「神瀬コミュニティサロン」を運営している大谷さん(元地域おこし協力隊)が神瀬の民家をお借りして、「神瀬みんなでごはんプロジェクト~イタリアン編~」を開催しました。炊き出しとマッサージ、散髪、足湯などを行いました。炊き出しは地元の多良木高校炊き出し班のみなさんが“本格ピザ窯”で焼いたピザでした。参加された住民さんは「私ピザが大好きなの」と嬉しそうに足湯をしながら話してくれました。兵庫県尼崎から「いずみ太鼓・MOVE」の方も参加して、子どもが太鼓の練習ができなくなったという方と出会い、次回は太鼓を通じて交流が生まれそうです。「再生委員会に参加して、今度は大谷さんに誘われて心の準備もできて緊張せずに今日は参加できたのよ。ちょうどお彼岸でお墓参りもできたし、今日は参加してよかった」と話してくれました。おいしい炊き出しにみなさん舌鼓を打っていました。
足湯では、「当日はみんなが避難してきた3日くらいお寺でみんなと避難していたの。今日はここでマッサージもしてもらって、背中が楽になった」と笑顔で話してくれました。
今後このような被災者の方が、気兼ねなく話せる場が各地で開催されると、被災者の人たちもきっと前向きになれると思いました。トラックが行きかい、時折砂塵が舞う中ではありましたが、「ホッ!」っとした空間を満喫させて頂いた一日でした。  (増島 智子)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 これまでも本ニュースで大谷さんのことは紹介して来ました。神瀬の村営住宅に住まわれていて、被災者でもありますが発災以来、ボランティアとして忙しく活動されています。
今回紹介されている「神瀬コミュニティサロン」を始めたのは、被災者が避難所などから神瀬に被災家屋の片付けなどで戻って来られたときに、このサロンにフラッと立ち寄り、お互いが顔を見ながら懐かしくおしゃべりをして欲しいという願いからです。上記の増島によるレポートからも、大谷さんの思いが通じたということが手に取るように感じることができます。被災地に行くことができない人たちとも、こうした場を共有できれば嬉しいなぁという思いでいっぱいです。今後ともよろしくお願い致します。 (村井 雅清)

〈〈あつかましいお願いで恐縮ですが・・・・・・・!!〉〉
 稲刈りが終わり、古米が残っている農家さんが、「被災者のために・・・・」と寄贈して下さるのか、有難いことにお米は引き続き集まっています。先日も被災者の方が、「今一番欲しい救援物資は何ですか?」と尋ねたら、「お米が一番嬉しい!」とおっしゃいました。
お米は大変喜ばれます。当センターが責任をもって、援助の届きにくい人たちを優先し、かつ必要な被災者に届けたいと思います。お米を少しでもいいですから提供して下さいませんか。何卒よろしくお願いします。当センターからお米の提供をお願いして以来、全国各地のみなさまから賛同を得て届けて下さっています。引き続きご支援をお願いします。
【送り先】
〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10 TEL078-574-0701
「被災地NGO恊働センター」まで
(注)現金でもお受けしていますので、下記の方法でお申し込みください。その場合通信欄に「お米代」とご記入ください。

■活動支援金のご協力をお願い致します。
・Yahooからも募金ができるようになりました!!
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240003/
・クレジットカードでも寄付ができます。
https://congrant.com/project/ngokobe/605
・郵便振替
    口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター
・銀行振込
    ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO 0068556
 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター
*お手数ですが、備考欄に「7月豪雨」もしくは「POSKO 」と記入して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です