カテゴリー
未分類

2020年7月豪雨水害に関する支援ニュース 第111報

水害から1月4日で半年が過ぎました。コロナ禍での複合災害となり、復旧活動は今もなお続いています。12月熊本でも寒さが厳しくなってきた頃、相良村にお邪魔しました。
相良村は、川辺川と球磨川の合流地点があり、その地点にある西村地区は21軒のうち19軒が被災し、相良村でも一番被害が大きかった地区になります。
 相良村でもボランティア不足により、泥出しをしただけの家屋が手付かずのまま残っています。区長さんに案内してもらうと、遠目では家屋がそのままあるので一見すると被害がなかったような田園風景が広がります。よくよく見ると家の中は空っぽで、田畑には土砂が入り、近くを走るくま川鉄道の駅舎川村駅は影も形もなくなっていました。
 駅の近隣は田畑が広がっているのですが、水害当時は一面まるで湖のように川から溢れ出た水が町を飲み込んだそうです。球磨川の水量が急激に増え、川辺川の水が球磨川に流れ込まずにバックウォーター現象を起こしたのです。住民の人たちもまさかここまで水が来るとは夢にも思わなかったそうです。

 ある住民さんのところへお邪魔しました。住民さんはこの寒さの中、被害にあった家屋の横のガレージに住んでいます。家は昭和57年の水害を受け、基礎をコンクリートブロック5つも重ね1m近くかさ上げし、これでもう大丈夫だと思っていたところ、今回の水害で床上まで被害に遭ってしまったのです。家には90代のお母さんが一人で暮らしていたのですが、息子さんが熊本の自宅から週6日は滞在し、お世話をしていたそうです。いまお母さんは福祉施設に入所しているのですが、息子さんは実家をどうしたらいいのか悩みながら、「慣れ親しんだ場所を離れたくない!」と実家の片隅にあるガレージで暮らしているのです。12月当時は最低気温8℃くらいだったそうですが、きっといまではもっと低くなっていると思います。お母さんも施設に入ってから動きが鈍くなってきたようで、自宅にいれば家の周りを散歩したり、身体もそれなりに動かせたようです。一人暮らしには大きすぎる自宅の再建に迷いも生じますが、実家を離れずにガレージに住み続けている息子さんの気持ちを思うと切なくなります。

 みなさんからお預かりしたお米をこの方と、この地区の区長さんに届けました。区長さんは毎週金曜日にはボランティアさんと一緒に野菜などを仮設住宅やみなし仮設に住む被災者の人にお届けしているそうです。そこで地域の人にもお米を届けてくれるそうです。区長さんは発災から休みなく被災された住民さんに寄り添い続けています。野菜などをお届けすると被災者の方から「生きる力がわいてくる」と言われ、「やめられないね」と照れ笑いを浮かべてくれました。
 新型コロナウィスル感染症が深刻化していますが、被災地では被災者の人たちが取り残されているのも深刻です。今年もできることをしたいきたいと思います。(増島 智子)

〈〈まだまだお米を集めています!〉〉
 みなし仮設住宅を含め、ぼちぼち仮設住宅に移行し、また家族や親戚のお家に避難されている方が増えてくる中で、お米は本当に喜ばれています。また直後は水、電気、ガスというライフラインが途絶され、不自由な在宅避難をされていた被災者もライフラインが復活し、在宅で調理をしたりされますのでお米は欠かせない食料になっています。
先日も被災者の方が、「今一番欲しい救援物資は何ですか?」と尋ねたら、「お米が一番嬉しい!」とおっしゃいました。当センターが責任をもって、援助の届きにくい人たちを優先し、かつ必要な被災者に届けたいと思いますので、少しでもいいですからお米を提供して下さいませんか。何卒よろしくお願いします。当センターからお米の提供をお願いして以来、全国各地のみなさまから賛同を得て届けて下さっています。引き続きご支援をお願いします。
【送り先】
〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10 TEL078-574-0701
「被災地NGO恊働センター」まで
(注)現金でもお受けしていますので、下記の方法でお申し込みください。その場合通信欄に「お米代」とご記入ください。

■活動支援金のご協力をお願い致します。
・Yahooからも募金ができるようになりました!!
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240003/
・クレジットカードでも寄付ができます。
https://congrant.com/project/ngokobe/605
・郵便振替
    口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター
・銀行振込
    ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO 0068556

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です