カテゴリー
未分類

2020年7月豪雨水害に関する支援ニュース 第130報

人吉市内には明治三十五年(1902年)創業、人吉球磨で最も古い味噌醤油醸造元「緑屋本店」があります。その店舗が今回の水害でおよそ4mの浸水により壊滅的な被害を受けました。「一騎しょうゆ・いつきみそ 緑屋」という屋号で、人吉市紺屋町にあるのです。この緑屋本店は、昭和40年の水害にも遭い、昨年の豪雨水害と同じ7月初めだったようです。(本社工場は再び水害に遭わないようにと別地に移転しています。)

 この紺屋町には、現在は使われていなかったのですが、同社の味噌蔵として稼働していた“石蔵”がありました。この石蔵が今回の水害で浸水したのです。明治の創業から約120年味噌を造り続けて来た石蔵、水害後の人吉の町おこしに役立てようといろいろな工夫を凝らしています。その一つが、この支援レポートで何度も紹介している「POSKO個庫茶屋メンバー」のリヤカーマルシェとの連携です。週一回石蔵の前の駐車場を使ってパンや野菜、陶器、花などを販売しています。石蔵のオーナーは、入り口でコーヒーやお茶を振る舞うという空間を、お洒落にアレンジして楽しんでおられます。そして何といっても最大の仕掛けは、この貴重な石蔵の空間を利用した「ミニ・コンサートホール」です。ここで音楽を聴きながらお茶を嗜むというひと刻は、実に至福の刻を満喫させてくれるでしょう!詳細は次号で。 (村井雅清)

〈〈相変わらずお米を集めています!〉〉
 昨年7月4日に豪雨災害が発生し、9カ月が過ぎました。有難いことに、今でも被災地にお米をと送って下さる方が途絶えません。ほんとうに心から感謝致します。お米はほんとうに喜ばれます。仮設住宅を訪問していても、お独り暮らしの方々も「お米は自分で焚きます」という方ほとんどです。今後ともよろしくお願いします。
【送り先】
〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10 TEL078-574-0701
「被災地NGO恊働センター」まで
(注)現金でもお受けしていますので、下記の方法でお申し込みください。その場合通信欄に「お米代」とご記入ください。

■活動支援金のご協力をお願い致します。
・クレジットカードでも寄付ができます。
https://congrant.com/project/ngokobe/605
・郵便振替
    口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター
・銀行振込
    ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO 0068556
 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター
*お手数ですが、備考欄に「7月豪雨」もしくは「POSKO 」と記入して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です