団体概要

団体名称

日本語表記
被災地NGO恊働センター
英語表記
The NGO Collaboration Center for HANSHIN QUAKE Rehabilitation

事業内容(PDFファイルです)

2011年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2012年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2013年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2014年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2015年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2016年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2017年度 事業計画 予算    

運営体制

顧問 村井 雅清
代表 頼政 良太
総務部長  細川 裕子 
監事 橘高 千秋(ゆめ風基金)
橋口 文博(じゅうしん須磨寺)
運営委員 池田 啓一(都市生活コミュニティーセンター)
福永 年久(拓人こうべ)
岡本 千明

会則

コチラからダウンロードできます。(PDF)

事業ごと

災害救援事業
阪神・淡路大震災の際にKOBEは国内だけでなく海外からも多くの支援をいただきました。その時の「ありがとう」「困ったときはお互い様」の思いから災害救援活動がはじまりました。ボランティアは「なんでもありや」「最後の一人まで」をモットーに、様々な被災地の復興に携わりながら地域の自立を支える支援活動を行っています。
 海外の災害時には、「CODE海外災害援助市民センター」と連携し、活動を行っています。
寺子屋セミナー事業
災害救援やNGO、市民社会に関わる勉強会の「寺子屋」を年に数回開いています。講師を招き和やかな雰囲気のセミナーです!
 詳しい日程はMLなどで広報しています。
まけないぞう事業
 KOBEの「生きがい・仕事づくり」として1997年に仮設住宅の住民のアイディアから生まれました。全国から寄せられた新品タオルでぞうさんをかたどった手拭タオルを制作販売し、作り手の収入と生きがいづくりにつなげ、「手仕事を通して心の復興」を支援しています。
提言(アドボカシー)・ネットワーク事業
 活動から見えてきた課題を抽出し、行政や関係機関との協議の場を活用して、市民の立場からの提言をしています。
 また、ネットワークに関わり、情報交換を行ったり、協力して活動を行っています!
提言(アドボカシー)・ネットワーク事業
通信「じゃりみち」の発行
ホームページの充実
メーリングリストの活用
被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
講演・講師派遣などのご依頼
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス