被災地NGO恊働センターは「最後の一人まで」をモットーに災害救援に取り組む団体です。

新着ニュース

2019年度の寺子屋を開催します

今年の寺子屋は「阪神・淡路大震災25年」へ向けた検証をテーマにおいています。第4回の今回は、最後の一人までは救えるのか?と題して、鳥取県から白鳥孝太さんをお招きし、災害ケースマネジメントの取り組みをご紹介いただきます。
ぜひご参加ください。詳細は→コチラ

参加申し込みは→コチラ


防災・減災プログラムのご案内

当センターで行なっている災害ボランティアや防災・減災プログラムについての講演・研修メニューをまとめたパンフレットを作成しました。
ぜひご覧ください。

パンフレットはこちら


平成30年7月豪雨に対する支援活動を展開しています。

7月はじめからの大雨による各地の災害に対して支援活動を開始します。ご支援・ご協力をよろしくお願いします。

★災害救援金を募集しています。
ゆうちょ銀行一一九(イチイチキュウ)店 当座0068556、郵便振替:01180-6-68556
口座名義:被災地NGO恊働センター
*「201807豪雨」と明記下さい
★クレジット寄付のページ
https://congrant.com/project/ngokobe/605


こちらがブログの新着記事です。

ニュース更新!熊本県西原村で支援活動を展開しています!

熊本県阿蘇郡西原村を拠点に現地団体である西原村rebornネットワークをサポートしつつ支援活動を行っています。活動支援金も募集しています。

活動の特設HPはコチラ↓

2016年熊本地震


西原村の方による新潟の視察の様子
西原村の方による新潟の視察の様子
クレジットカードでのご寄付ページがリニューアルしました。

クレジットカードでの寄付ページが新しくなりました。

ぜひご協力をよろしくお願いします。

詳細はこちら

マンスリーサポーターはこちら




その他ブログいろいろ


トピックス

代表 頼政が兵庫県「若人の賞」を受賞しました

代表の頼政が平成30年度「若人の賞」を受賞しました。

「若人の賞」は、昭和60年の国際青年年を記念して創設され、豊かな創造力と情熱を傾けながら、青少年活動や国際交流活動、文化活動、ボランティア活動などに積極的に取り組んでいる青少年を表彰している賞です。

詳しくは下記のリンクをご覧ください。

https://web.pref.hyogo.lg.jp/press/20180914_7a763525dca75abb492583080005da7b.html


大阪北部地震に関するニュース

2018年6月18日に発生した大阪北部地震について、現地での調査等を開始しています。

詳しくはブログをご覧ください。

http://ngo-kyodo.org/osaka-jishin/


こちらがブログの新着記事です。

物で寄付できる仕組みに登録していただきました。

一般社団法人ウルノスの運営する「Kifu de Mode」に登録していただきました。

こちらのサイトを経由することでご家庭の不要な物などでご寄付いただくことができます。

詳細はコチラからご覧ください。


能登半島地震10年の記録誌が完成しました

2017年3月25日で能登半島地震から10年を迎えました。被災地に通った足湯ボランティアが改めて聞いた10年目の能登の記録です。
Web版はこちら

「震災被災者と足湯ボランティア」発売中

足湯ボランティアの歴史、効用についてまとめられた「震災被災者と足湯ボランティア」好評発売中です。
詳細はこちらから


震災被災者と足湯ボランティア
震災被災者と足湯ボランティア

阪神・淡路大震災から20年KOBE市民とNGOフォーラム2015終了しました

多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。震災21年目の歩みを踏み出す宣言とアクションプランをフォーラムの議論を受けて作成いたしました。下記からダウンロード出来ます。ぜひご覧下さい。
○宣言はコチラ
○アクションプランはコチラ
※詳しくは活動紹介のページ


阪神・淡路大震災から20年KOBE市民とNGOフォーラム2015
阪神・淡路大震災から20年KOBE市民とNGOフォーラム2015

まけないぞう続けています。

2011年5月8日から東日本での「まけないぞう」がスタートしました。タオルを送って支援、まけないぞうを買って支援ができます。今後も継続して「まけないぞう」を通じた「生きがい・仕事づくり」を継続していきます。
ロイター・ビジネス・ウィークリーでまけないぞうが紹介されました!
作り手さんの声
買い手さんの声


こちらがブログの新着記事です。

2017九州北部豪雨災害の支援を継続しています。

2017年7月5日の大雨で被害を受けた九州北部豪雨災害の救援活動を継続しています。現在は日田市の「ひちくボランティアセンター」の事務局をサポートしています。


被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン

今日は、釜石と高田に訪問しました。高田の方は先月上棟式が行われ、あと少しで立派なお家ができそうです。まけないぞうの作り手さんで最後まで仮設にいる方です。早くできるといいな~😍楽しみです🐘☺️makenaizoneのお手紙と高野山からのお線香もお届けしました!被災地からの笑顔をお届けします! ... See MoreSee Less

View on Facebook

台風10号がとっても心配です。西日本の方は、十分に注意して早めの避難をお願いします。私たちはいま岩手に来ています。昨日岩手に着いて、今日からまけないぞうの回収です。お盆で県外からも多くの人が来てます。今日はいつもお世話になっている不動寺の妙紀さんのところからタオルと支援物資のはぎれや神奈川のお寺からの食器、高野山からはお盆用にお線香など、たくさんお預かりして作り手さんにお届けします!妙紀さんの体調もすっかりよくなられていました☺️大槌の役場は解体され、お地蔵さんとお参りの場所だけ残っていました。以前お供えしたまけないぞうも見守り続けています。早速makenaizoneのみなさんからのお手紙もお届けしました🐘😍🐘😍🥰 ... See MoreSee Less

View on Facebook

明後日から東北へ!!タオルが不足しているとお願いしたら早速アイルランドのmakenaiznoneの編集長がタオルを送ってくれました!きれいなカラータオルばかりです。ありがとうございます。先日もかわいいぞうさんテープを貼った方からもタオルを頂きました。みなさんの想いを岩手のみなさんにつなぎます。みなさんありがとうございます☺️💕🐘 ... See MoreSee Less

View on Facebook

今日は長崎に原爆が投下されてから74年目の日。犠牲になられた方にご冥福をお祈りします。
長崎市の平和宣言心に響きます。みなさんもご覧ください。
www.jiji.com/jc/article?k=2019080900471&g=soc

*ハンスト走者も大募集中です!!

☆ブログはこちら ~ http://blog.canpan.info/stopnps/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
~子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために~
………………………………………………………………………
VOL865(2019年8月9日)

 今日8月9日は広島に続き長崎に原爆が投下された74回目の日です。原爆は多くの人々のいのちを一瞬にして奪い、むごたらしい惨状が繰り広げられたのです。慰霊碑に刻まれている「過ちは繰り返しませぬから」という言葉がいつも心に響きます。原爆と原発、同じ核エネルギーにより、日本は74年前の広島と長崎、8年前の東日本大震災で核の脅威をまざまざと見せつけられました。
 しかし、現政権は核兵器禁止条約に批准しないでいます。唯一の被爆国であれば先頭をきって批准し各国に呼びかけるのが本来の姿だと思います。それにも関わらず、憲法改正を声高に叫び、平和憲法である9条までも改正しようとしています。そして、福島事故後はなかったかのような政府の対応や原発の再稼働など民意を無視し続けています。

でも、市民は核エネルギーに頼らず、各地域でコツコツと持続可能な社会を目指して取り組んでいます。あの福島事故を教訓として、福島をはじめ全国で市民レベルではさまざまな取り組みが行われているのです。
SDGsという言葉を最近耳にする人も多いと思います。持続可能な開発目標で15年に国連サミットで採択され、17の目標を掲げています。貧困や飢餓、ジェンダー、福祉、教育、消費と生産、まちづくり、経済成長と働きがいなどがあります。
 日本国内でもSDGsを取り入れたまちづくりを行っている地域が北海道下川町にあります。この町が目指しているのは再生可能エネルギーや地産地消、お年寄りと若い世代が生き生きと暮らせる町です。下川町は全面積の9割を森林が占め、バイオマスで熱供給をする集合住宅をつくり若者を呼び寄せています。なんと今では町全体の熱エネルギーの半分をバイオマスで賄っているそうです。

 当初再生エネルギーの導入に関しては、送電線の空き容量がゼロだとしてきた東電は、この5月に新しい計算方法で試算し、「少しの出力抑制を考えれば、送電線の増強なしでも約500万㌔ワットの再生エネが入る」と発表したのです。この空き容量を使い、もっともっと再生エネルギーが増えて、原発由来の電気を使わないようになることを切に願います。

 今日の長崎平和宣言文に「原爆は『人の手』によってつくられ、『人の上』に落とされました。だからこそ『人の意志』によって、無くすことができます。そして、その意志が生まれる場所は、間違いなく、私たち一人ひとりの心の中です。」と訴えています。原発も同じ、で「人の意思」によって無くすことができます。そのために、いま私たちができることからはじめていきましょう。
                                 (増島 智子)

追伸:明後日11日からスタッフ二人が東北の被災地に出かけます。ハンストできる方は助けてください。お盆休みと重なりますが、どうぞよろしくお願いします。

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
処理水タンク、22年夏限界 東電資産 福島第一増量は困難
www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201908/CK2019080902000158.html
(2019年8月9日 東京新聞)

原発処理水タンク22年夏に限界 東電試算、保管容量増も困難
www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201908/0012590976.shtml
(2019年8月8日 神戸新聞)

原発の共同事業化検討 東電・中部電・日立・東芝
www.asahi.com/articles/DA3S14133387.html
(2019年8月9日 朝日新聞)

8月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日のリレー仲間
昨日8月 8日(木)は、宇田川(神奈川)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日8月9日(金)は、村井(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日8月10日(土)は、鈴木(川崎)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
8月11日(日)募集中!!
  12日(祝・月)東條(神戸)
  13日(火)募集中!!
  14日(水)大石(静岡)
  15日(木)募集中!!
  16日(金)宇田川(神奈川)
  17日(土)鈴木(川崎)
  18日(日)募集中!!
  19日(月)東條(神戸)
  20日(火)募集中!!
  21日(水)大石(静岡)
  22日(木)宇田川(神奈川)
  23日(金)募集中!!
  24日(土)鈴木(川崎)
***************************

--
※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 被災地NGO恊働センター
   E-mail info@ngo-kyodo.org
   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702
   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10
 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/
【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO
 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/
 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
... See MoreSee Less

View on Facebook

本日、アイルランドより「makenaizone」のみなさんからお手紙を頂きました。今週末から月末まで岩手に行くので、まけないぞうの作り手さんにお届けします。今日は早速、宮城の作り手さんに材料のタオルとお送りしました。ありがとうございます。タオルが不足しているので、お家に眠っている未使用タオルがあれば送ってください。よろしくお願いします。makenaizone HPのこちらのURLにも、お手紙の内容がアップされているので、ご覧ください☺️🐘😍
www.makenaizone.jp/?p=17713
... See MoreSee Less

View on Facebook

毎日、毎日暑いですね。
今日は広島に原爆が投下されてから74回目の日です。
亡くなられた御霊に心からご冥福をお祈りします。

本日のハンストニュースです。よかったらご覧ください。

☆ブログはこちら ~ http://blog.canpan.info/stopnps/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
~子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために~
………………………………………………………………………
VOL864(2019年8月6日)

先月7月26日、山口県は中国電力が上関原発(同県上関町)建設で海の埋め立て免許の延長を再び許可しました。法的拘束力はないけれど、「原発本体の着工の見通しがつくまでは埋め立て工事をしないこと」と要請しています。村岡県知事は法令に従えば許可せざるを得ないと話していますが、地元の反発は大きいです。1982年から、35年間続く上関原発計画を反対してきた「上関原発を建てさせない祝島島民の会」は「法律上問題なければ許可するのか。県民の意見を聞かず事業者ばかり見ている」、「前回調査時は漁獲量が減った。われわれの生活にも関わり認められない。」(2019/7/27中国新聞)と話しています。この祝島島民の会の人たちは、「先輩たちが守り通してきた美しい海を次世代に引き継ぐために、35年間、上関原発反対運動を行ってきました。漁業補償金も受け取っていません。」(HPより)とどんなことがあろうとも反対の姿勢を崩していません。
 辺野古同様、「命の海」を守ろうと長年の間闘い続けています。行政は市民の声をしっかり聴くべきです。福島のように一度事故を起こしたら取り返しのつかない事態になってしまいます。

 また今日は、広島に原爆が投下されてから74回目の日を迎えました。広島市長の平和宣言のなかで、「一人の人間の力は小さく弱くても、一人一人が平和を望むことで、戦争を起こそうとする力を食い止めることができると信じています」という当時15歳だった女性の信条を紹介しました。戦争を食い止めようとした女性のように、私たちもこれ以上原発を使用し、同じ過ちを繰り返さないように、小さな力を結集しながら原発のない世の中にするような大きな動きを作っていきたいと思います。
                                   (増島 智子)

追伸:今週11日からスタッフ二人が東北の被災地に出かけます。ハンストできる方は助けてください。お盆休みと重なりますが、どうぞよろしくお願いします。

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
再生エネ固定買い取り制 大規模太陽光除外へ
www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201908/CK2019080602000139.html
(2019年8月6日 東京新聞)

溶融核燃料を原発敷地内で保管へ 福島第1の2号機で取り出し
www.minyu-net.com/newspack/KD2019080501001945.php
(2019年8月5日 福島民友)

原発賠償 迫る「時効10年」自治体、国へ延長要求検討
www.kahoku.co.jp/tohokunews/201908/20190805_61017.html
(2019年8月5日 河北新報)

8月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
8月 4日(日)は村井(NGO)、5日(月)は東條(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日8月6日(火)は、石塚(神戸)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日8月7日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
8月 8日(木)宇田川(神奈川)
   9日(金)募集中!!
  10日(土)鈴木(川崎)
  11日(日)募集中!!
  12日(祝・月)東條(神戸)
  13日(火)募集中!!
  14日(水)大石(静岡)
  15日(木)募集中!!
  16日(金)宇田川(神奈川)
  17日(土)鈴木(川崎)
  18日(日)募集中!!
  19日(月)東條(神戸)
***************************

--
※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 被災地NGO恊働センター
   E-mail info@ngo-kyodo.org
   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702
   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10
 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/
【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO
 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/
 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
... See MoreSee Less

View on Facebook

「阪神・淡路大震災25年「いま」を担う世代と共に考える寺子屋勉強会」のご案内

2019年度の寺子屋のご案内です。まだお席に余裕がございますので皆さまぜひふるってご参加ください。

2019年度は、阪神・淡路大震災から25年に向けて、様々な意見交換を行なっていく寺子屋を実施しています。特にボランティアの立場から、阪神・淡路大震災やその後の災害を経験し、将来世代へとつなげていかないといけないものは何かを、多くの方々との議論を通じて深めていきたいと考えています。

今回の寺子屋は、「最後の一人まで」は実現できるのか?というテーマで開催します。
ゲストにとっとり県民活動活性化センターの白鳥さんをお迎えし、鳥取県で取り組まれている「災害ケースマネジメント」の事例を発表いただき、最後の一人までを実現していくためのヒントを模索していきたいと考えています。ぜひご参加ください。

日時:8月8日(木)18時30分〜20時30分
場所:起業プラザひょうご セミナールーム(http://www.kigyoplaza-hyogo.jp/#map)
*被災地NGO恊働センターでの開催ではありませんので、ご注意ください。
講師:白鳥孝太氏(とっとり県民活動活性化センター震災復興活動支援センター主任企画員)
参加費:1000円

お申し込みは下記のフォームもしくは、電話・FAX・メールでお願いします。
forms.gle/r5CJVHwbm8vXzF3T6
*終了後、希望者のみで懇親会を行います。
... See MoreSee Less

View on Facebook