2021年8月豪雨(仮称)支援レポートー19

(武雄からの現地レポートです。)
台風が過ぎて、夏に逆戻りしたような暑さの佐賀県武雄市です。
一ヶ月が過ぎ、やっと大切な着物を救出しました。2年前の水害から活動している西九州大学のOKABASEこと岡部先生とそのメンバーの学生と桐のタンスに入った着物を救出です。扉は水分で膨張し開けることができずに、壊すことになりました。中にはまだたくさんの水が残っており、思い出の詰まった着物や浴衣は色移りしてしまっていました。住民さんもまずは、お風呂場で洗濯です。
 その間、ご自宅で学生さんが住民さんに足湯のサービスも行いました。今日はゆっくり眠れるといいのですが。

 また、別のお宅では現在避難所生活をされている住民さんに支援物資の中からベットを住民さんにお届けしました。立派なベットに住民さんも「素敵な色合いで、立派なベットですね。代金をお支払しなくていいのですか?」というくらい感激していました!
また、お風呂場ではおもやいでいつも活躍してくれている二人組の大先輩たちが、カビや泥落としをして、きれいに洗浄してくれました。
ちょうど同時に佐賀県社会福祉協議会からも畳が届き、床下が乾燥してから設置する予定です。
今週の24日に避難所が閉鎖されるにあたり、大急ぎで最低限生活を出きるスペースを確保しました。
 これで、少しでも安心して日常を取り戻していけますように!(増島 智子)

■活動支援金のご協力をお願い致します。
・クレジットカードでも寄付ができます。
 https://congrant.com/project/ngokobe/605
・ヤフーネット募金からも寄付できます。
(クレジットカード・Tポイントで寄付できます)
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240004
・郵便振替
口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター
・銀行振込
ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556
 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター
*お手数ですが、備考欄に「2021年8月豪雨」と記入して下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。