「平成30年7月豪雨」災害レポートNO49

<柚原里香さんのこぼれ話 再開-2>

9月30日広島は、台風24号の影響で1日雨が降り続いていました。夕方、空の色が薄オレンジ色になったかなと思ったら、空一面に大きなにじが、浮かび上がりました。
10月1日、台風からは予想もつかないような秋晴れの中で、坂町では第2期の仮設住宅の鍵渡しが始りました。そして、仮設住宅への引っ越しのお手伝いです。入居するお宅へ、引っ越しのお手伝いをしていると、ガス屋さんが来られ、ガスの開始準備、コンロやお風呂場などの使い方などを伝えに来られました。

そのガス屋さんも今回の水害で被災されていました。坂町小屋浦地区3丁目の自宅は全壊で、2丁目にあるガス屋の事務所は、1階は全滅、現在はそこの2階に住んでお仕事をされているようです。海田市にも事務所があり、奥さんはそちらで生活をされています。
「昨日は雨が降るし、避難しようか、どうしようか迷ったんよ。前のことがあるけ~、精神的にまいってしまって。怖くて怖くてすぐトイレに行きたくなってな。今は小屋浦の事務所2階に住んでるけど、しんどいわ。自分も被災しとるけど、仮設住宅の入居などで仕事が忙しくて、自分の家のことが全くできんけー、嫁は怒るし、離婚寸前や。どうしたらいいんじゃろ。」。
多くの方が水害で被災されており、その中でもお仕事をされている方々がたくさんいらしゃいます。

<高校生ボランティアの感想-10>

◎Tさん:今回のボランティアに関するアイデアを、ここまで成長させて頂いた先生方に感謝しかありません。本当にありがとうございました。ボランティアに限った話ではないですが、文字通り様々な役職の人が支え、協力し合って一つの物事を成り立たせ、また社会を形成していることを痛感致しました。本当にありがとうございました。今後も何か機会があれば、行動を起こしていきたいと思います。
(お詫び:前号の高校生ボランティアの感想がNO8になっていましたがNO9の間違いです。申し訳ありません。)

★災害救援金を募集しています。
ゆうちょ銀行一一九(イチイチキュウ)店 当座0068556、郵便振替:01180-6-68556
口座名義:被災地NGO恊働センター
*「201807豪雨」と明記下さい
★クレジット寄付のページ
https://www2.donation.fm/kobe117ngo/form.php
★マンスリーサポーターの仕組みができました!
http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です