「平成30年7月豪雨」災害レポートNO45

今日もお位牌の救出作業は続きます。今日は女性チームです。2014年の広島豪雨水害で設立したコミサポ広島の女性メンバー2名とその時からボランティアで参加している大阪からのKさん、みなさんのパワーはとても心強くて、お位牌の救出の話をしたら快く応援に来てくれました。

大阪からのKさんは、長期滞在のボランティアの一人で、現場に出ているうちに床下の泥出しの技術を身に着け、毎日のように床下に潜り、泥出しをしています。ある日住民さんに「あんた~まるで“ぬれねずみ”やな~」と言われてから、冗談交じりに「ぬれねずみ!!」と呼ばれています。ボランティアが被災者にこのように言われるのは“勲章”のようなものです。
そんなメンバーでの救出作業は、黙々と土砂をかき出し、大きな岩や流木を少しずつかき出し、土砂を家屋の外へ運びだします。延々と続く泥出し作業に、時には気持ちも萎えてきます。それでも黙々と泥出しが進みます。

みんながあきらめかけそうになった時、発見しました!お仏壇の花瓶です!!先に帰宅したお母さんに「花瓶がみつかりました」と電話で報告すると、「あーよかった。でももういいよ。あんなおひな様をみたら、もう駄目だと思うから、もういいよ。ありがとね~」と。。。電話を切りました。

その直後です!お線香立てに続き、かき出した土砂の中から、お位牌を見つけてくれました!まさに奇跡です。まるで、干し草の中から針を探すよう感じでした。

思わず帰宅したお母さんを迎えに車を走らせ、確認してもらいました。「ほんとに奇跡だね。もうあきらめていたのに。ありがとうね。他人のためにこんなにしてもらって」と。。。“他人のため”??。そんなことはないのです。最初は何か役に立てればと始めたものの、作業を続けていると、「誰かのために」ではなく、「自分が」見つけたいという気持ちに変わっていることに気づきました。

お母さんは、「私は特に一つの宗教にのめり込むこともしないで、自分で毎日お位牌にお参りをしていたの。自分で適当にしていたから、こんな災害で罰があたってしまったのかな」とご自分を責めていました。でも、真言宗の僧侶の方が、「それは違いますよ。ご自分のお気持ちでお参りしていること、それこそが真実です」とお話してくれました。

先日、私たちと交流のあるチベット仏教の寺院で出家した「臨済宗」の僧侶野口法蔵さん(長野県在住)の記事が朝日新聞の「てんでんこ」という連載で紹介されていました。野口さんはその連載の中で、祈りの大切さを説いています。「死者は死後の世界にいると信じ、四十九日、一周忌、三周忌・・・と続ける法要と異なる。生まれ変わるのだから、悲しむのは四十九日まで。」と。
お母さんは、これまでずっと日々の暮らしのなかで、お仏壇に祈りを捧げてきました。それが水害により、心のよりどころを無くしてしまい、どれだけ不安で悲しくて心が押しつぶされそうになったことか、たくさんの思い出の品々も大切だったが、特にその一つのお位牌と数珠だけは、取り戻したかった。この野口さんの記事をみて、あらためて強く感じました。数日後に迫る解体の日まで、なんとか数珠もみつけたいです。
祈りが届くようにと念じるのみです。

 (増島智子 2018年9月23日)

「平成30年7月豪雨」災害レポートNO44

9月22日は、まるで夏の日差しが照り付け夏に逆戻りしたような連休の初日でした。以前からお伺いしている東区のお宅に訪問し、お位牌の救出作業をしました。来週には、自宅の解体作業が開始されるということで、大型の重機が入る前に作業を行いました。一緒に活動でしてくれたのは、地元の大工のNさんです。彼は2014年の広島豪雨水害の被災者でもあります。

今回は、「自分も被災したからこそ、ボランティアに行きたいと思えるようになった」と仕事の合間にずっとお手伝いに来てくれています。床下の泥出し、仮設シャワーの屋根の設置、家屋の泥出しなどなんでもしてくれる“スーパーボランティア”です。大量の土砂、流木、大きな花崗岩などを手作業で排出します。まるで人間ユンボみたいです(笑)。

その中から、これまでの家族の歴史・財産が次々と救出されます。土砂の圧力でかわいそうな姿になってしまったおひなさまや兜などカメラを向けるのも躊躇しましたが、あえてニュースを読んでくださるみなさんに水害の被害がどれほどものかお伝えし、今後起きるかもしれない災害に備えてほしいです。このことは住民さんにも了承し頂きてもらいました。
そして、住民さんも私たちと一緒に自宅の片づけを手伝ってくれます。大切な位牌を救出するため、わがままかもしれない、2ヶ月も経ってボロボロになっているかもしれないと思いながら、でももしかしたら一縷の望みにかけています。お手伝いさせてもらっている私たちも、もしかしたら自己満足かもしれない、結果的に住民さんに無理をさせてしまっているのかもしれない、でももしかしたら、その一縷の望みにかけて・・・。

この2ヶ月間、自宅の解体まで時間があったからこそ、お母さんは「いろいろ選べたり、持ち出せる時間があってよかった」とおしゃっていたのが、私たちにとっては救いで、とても印象的でした。 あらためて被災者の方にとっては“考える時間”が必要だと思いました。  (増島智子 2018年9月22日)

<高校生ボランティアの感想-7>

◎Iさん:今日行った作業は、土嚢づくりでした。正直、考えていた作業ではなかったけど、その分、このような活動もあるのだなと知ることができて良かったです。かなり大変でしたが、地味な作業でした。しかし、このようなことが多くの人を助けていると思うと、もっとテレビなどで取り上げても良いかと思いました。滅多にないこのような貴重な機会を設けて頂き、ありがとうございました。
◎Oさん:僕はこのボランティアに参加して良かったなと思いました。人を助けることを通じて本当に成長できたと思います。周りを見る力、物事を粘り強くやりきる力など、日常生活はもちろん、部活にもいかせると思います。なので、この成長を大切に頑張っていきたいです。

「平成30年7月豪雨」災害レポートNO43

今日の下記に紹介する高校生ボランティアの感想は、いろいろな人に支えられ、寄付などの行為によってボランティア活動が成り立っているという話です。ほんとうに多くの人によって支えられているのだということにあらためて感謝しなければならないと思いました。しかし、その寄付をどのように使うことが理想なのか?を考えて見たいと思います。関連して、私の尊敬する中村大蔵さんという方が、ある時の講演会で次のように発言されたことに、NGOとして感動させられたことを思い出します。みなさまはどのように感じられますでしょうか?
「大衆から寄付を戴いて、大衆のために使い、その成果を大衆に返す。」
(村井雅清)

<高校生ボランティアの感想-6>

◎Tさん:ボランティアは時間とお金の余裕がないと行けないものだと思っていたけれど、必ずしも現地に行かなければいけないわけではないと分かりました。ボランティアの人も多くのボランティアや人々に支えられていると知ったので、他の人に任せることもできるということを学びました。若いうちは身体を使って、多くの人や社会に貢献したいと思いました。

◎Oさん:今回のボランティアに参加して思ったことは、ボランティアはとても大変だということです。今回の活動で体験できて良かったと思います。もう一つ思ったことは、ボランティアをするのにも多くの人の支援が必要だということです。今回のバス代などもボランティア団体の方にお金を出してもらってるし、本当に多くの人のおかげでボランティアをすることができるんだと、とても勉強になりました。

(*Qちゃんはしばらく現場を離れますので<Qちゃんのこぼれ話>はお休みします。)

★災害救援金を募集しています。
ゆうちょ銀行一一九(イチイチキュウ)店 当座0068556、郵便振替:01180-6-68556
口座名義:被災地NGO恊働センター
*「201807豪雨」と明記下さい
★クレジット寄付のページ
https://www2.donation.fm/kobe117ngo/form.php
★マンスリーサポーターの仕組みができました!
http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html

「平成30年7月豪雨」災害レポートNO42

本レポート40号で、「ボランティア・バス派遣の希望があればご支援します!」というメッセージを発信しましたところ、「9月30日に11人でボランティアに行きたい!」という申し出があり、お手伝いする事を引き受けました。みなさん、このように10人以上を集めることができるようであれば、是非申し込んでください。内容を相互に協議して、可能な限りご協力したいと思います。(担当:村井雅清 090-3160-3816)

<高校生ボランティアの感想-5>
◎Yさん:今回、ボランティアに参加できたのは、たくさんの人の援助があったからなんだと思いました。バスを出してくださった方々、カロリーメイトやソイジョイ、飲み物を寄付してくださった方々、私たちができることを考え、役割を与えてくださったボランティアセンターの皆さん、私たちを受け入れてくださった家の方々、そして生徒の願いを叶えてくださった先生方、本当にたくさんの人に支えられているのだなぁと思いました。活動は部屋の壁の内側にある土を取る作業でした。4人で3時間作業しても。一部屋終わりませんでした。それを家族の方だけでやるのはとても時間がかかると思います。機会があれば何度でも行かせて頂きたいと思います。

(*Qちゃんはしばらく現場を離れますので<Qちゃんのこぼれ話>はお休みします。)

ところで今朝のNHKのニュースで、岡山県が今年の7月豪雨で決壊した倉敷市真備町の小田川に流れ込む末政川、高間川、真谷川の3つの川について、5年後の完成を目指して堤防の整備を進めており、川沿いの一部の住民に立ち退きを求める方針を固めたというニュースが流れました。
この豪雨災害以来この間、先述来の高校生ボランティアを含め4回ほど真備町にボランティアが派遣されました。猛暑の中の泥だしや家具の片付けなどを通して、合間に被災者との会話を通して多くのことを学んできたボランティアさんたちのことを思うと、立ち退きという方針はやむを得ないとしても、悔しい限りです。
インタビューで一人の被災者が、「突然の話で戸惑っている」と困惑した表情で語っておられたのが印象的でした。中にはすでに自宅再建に取り掛かっている方もおられるとのこと。何故岡山県はもっと丁寧に、一人ひとりの被災者と向き合わないのでしょうか?    (村井雅清)

★災害救援金を募集しています。
ゆうちょ銀行一一九(イチイチキュウ)店 当座0068556、郵便振替:01180-6-68556
口座名義:被災地NGO恊働センター
*「201807豪雨」と明記下さい
★クレジット寄付のページ
https://www2.donation.fm/kobe117ngo/form.php
★マンスリーサポーターの仕組みができました!
http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html

「平成30年7月豪雨」災害レポートNO41

昨日の朝日新聞朝刊に、「西日本豪雨の復興支援のため、周辺のゲストハウスが割安な宿泊料金でボランティアを受けている。」(2018・9・17 朝日新聞)という記事が紹介された。すでに6~7年ほども前から、「ひょうごボランタリープラザ」の呼びかけで、被災地に馳せ参じるボランティアの交通費や宿泊費などを割安にして欲しいという呼びかけをし、この運動に呼応して超党派の議員連盟も発足し、ボランティアのための環境整備に動き始めていた。兵庫県では、県内に災害が発生すれば、宿泊費や交通費を割安にすることを旅館業組合やフェリー会社などが発表している。
今日の記事は、西日本豪雨をきっかけに「日本ゲストハウス協力隊」が立ち上げられ、この活動に全国の約70店舗が加わり、助けあいを始めることにしたということだ。資金はクラウドファンディングで一部確保するとのこと。

北海道の大規模地震以来、空港でインバウンド旅行者のためにボランティアでガイドを引き受ける方が現れたり、ひたすら水汲みボランティアを申し出たりという、勝手連的なボランティアが活躍している。SNSの時代だけに、こうした情報をキャッチすれば、賛同した人たちがボランティアに駆けつける現象が広がるだろう。必ずしも無償の行為のみならず、こうしてボランタリーな行為を含め、災害ボランティアの振る舞いが変化してきた。

当センターはこの間、西日本豪雨被災地にボランティア・バスを派遣してきたが、参加したボランティアの感想を読むと、その多くは「はじめての経験なので、行くまでは不安でいっぱいだったが、勇気をだして行って見て、貴重な体験をした。行ってよかった!」という声を多くの方が寄せて下さっている。
2017年1月19日付け神戸新聞に“本来のボランティアはもっと自由で多彩だった。誰もが初心者で、混乱もあったが「自分に何ができるか」をそれぞれが考え、行動した。”という社説がでた。今日紹介されたボランティアの動きを見て、23年前のボランティアを思い出した。そもそもボランティアの起源を探ってみると、「ボランティアは自由」という解説が多いことに気づく。
(村井雅清)

*今日は<Qちゃんのこぼれ話><高校生ボランティアの感想>はお休みします。

★災害救援金を募集しています。
ゆうちょ銀行一一九(イチイチキュウ)店 当座0068556、郵便振替:01180-6-68556
口座名義:被災地NGO恊働センター
*「201807豪雨」と明記下さい
★クレジット寄付のページ
https://www2.donation.fm/kobe117ngo/form.php
★マンスリーサポーターの仕組みができました!
http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html

「平成30年7月豪雨」災害レポート―NO40

<「Qちゃんのこぼれ話-5」>

今日は雨が降る、少しムシムシする1日となりました。今日もボランティアさんと、床下のお掃除をしました。
昨日からご訪問をさせて頂いているのですが、訪問してびっくり、こちらのご自宅は、平屋建て築100年の木造建築です。今回の水害で床下浸水にあわれましたが、山から切り出した丸太を使った基礎(石場建て)はしっかりと残っており、再建へ向けて準備を勧められています。
一緒に活動した、ボランティアさん(本職大工さん)は家を見るなり輝かしい笑みをこぼし、「わ~、立派な家じゃ。」と。「昔は、縁側の下に鶏を飼っていたよ。」「ここは牛小屋だったな~。」「玄関の下には、さつまいもを保管していたよ。」と、気さくにお話してくださるご主人さん。細かいところに職人の技と昔ながらの知恵がいかされた本当に立派なお宅でした。
思い出のたくさん詰まったご自宅を、また前のようにみんなが集う場所になったらいいなと、元の姿に戻る日を楽しみに、木のぬくもりを感じながら活動をさせていただきました。                 (柚原里香)

<高校生ボランティアの感想-4>

◎Iさん:今回の活動を通じて学んだことは「人と人が助け合う」「他人を思い、尽くす」ことだ。倉敷のボランティアセンターをまとめる人にお話を聞くと、ボランティアをやる上で大切なことは、気持ちだと教えてくださった。被災された方の気持ちを満たすこと(豊かにすること)が重要だと。配布されたプリントの内容やボランティアセンターにいた方々の姿を見て、日常生活では分からないこと、深く考えなかったこと、経験できない大切なことを感じることができた。

■みなさまのご支援、ご協力のおかげで、被災地へのボランティア・バスプロジェクトが鳥取からのバスを除いて、以下のように終了いたしました。ほんとうにありがとうございました。本ニュースをご覧になって、おそらく多くの人が「まだ、泥だしをしているの?」「床下の泥出しは大変!!」と心配してくださっていることと推測します。そうなんです、まだまだ泥だしが残っている現状です。
これからも、ボランティアバスを出したいというご希望がありましたら、遠慮なく申し出て下さい。可能な限りお手伝いをさせて頂きます。(連絡は村井まで:090-3160-3816)

◎ボランティア・バス今後の予定
①10月7日(日) 鳥取市→岡山県倉敷市真備町
*問い合わせは、とっとり県民活動活性化センター
TEL:0858-24-6460 (担当:椿、白鳥)

◎すでに終了したボランティア・バス
①8月5日 神戸―倉敷市真備町 終了
②8月10日 神戸―倉敷市真備町 終了
③8月19日 出雲―広島県坂町 終了
④8月22日 山口―広島県呉市 終了
⑤8月31日 神戸-倉敷市真備町 終了
⑥9月1日 大分県日田市―愛媛県宇和島市 終了
⑥9月15日 出雲―広島県坂町 終了
※ありがとうございました!

「平成30年7月豪雨」災害レポート―NO39

今日は「Qちゃんのこぼれ話」がお休みなので、高校生ボランティアの感想文を3点紹介します。

<高校生ボランティアの感想-3>

◎Iさん:テレビで豪雨の状況を見たことはありましたが、行く前は1階の所の土をはらえば終わりだと思っていました。しかし、行ってみると2階の壁も壊れていたし、一階は骨組みだけになっていて、復興はとても時間のかかるものだということを痛感しました。今日行った作業も4人で3時間半ほどやっても、一部屋しか進まなかったので、一軒の家を元に戻すのはほんとうに難しいことだと驚きました。でも、ボランティアでその家の方がとてもうれしそうにしてくださった家の方々、私も元気を頂くことができました。復興にはとても時間がかかりますが、ボランティアで少しでもその支えになれれば嬉しいです。これからもたくさんのボランティアに参加したいと思います。先生方、支えてくださったボランティアの方々、ありがとうございました。

◎Mさん:他県へボランティア活動に行くのは初めてで、今日までずっと不安に思う気持ちがあったのですが、いざ参加してみると、地域の方も私と同じくボランティアに参加された方々も皆さん気さくな人ばかりで、交流もしつつ作業に取り組めました。私自身は今日一日だけ、壁の間の土を退ける取る作業をしましたが、実際この地域に住んでいる方々はほぼ毎日、重労働を繰り返しているのだと思うと、また機会を作れるのであれば是非参加させて頂きたいという気持ちでいっぱいです。今回のボランティア活動を通して「社会のためになること、そして自分の人生の経験としてためになることをもっとしていきたい」という思いが強くなりました。この度は、このような機会を設けて頂き、本当にありがとうございました。

◎Yさん:今回のボランティア活動は僕にとって初めてのものでした。倉敷市は2ヶ月前の西日本豪雨の被災地なのは知っていて、テレビや新聞などでその様子を見ていたけど、2ヶ月たった今でも、道路の脇などに泥がたまっているのを見て、その豪雨のすごさを知りました。作業は暑さもあってとてもしんどかったけど、「ありがとう」と言われたときはやって良かったと心の底から思いました。

★災害救援金を募集しています。
ゆうちょ銀行一一九(イチイチキュウ)店 当座0068556、郵便振替:01180-6-68556
口座名義:被災地NGO恊働センター
*「201807豪雨」と明記下さい
★クレジット寄付のページ
https://www2.donation.fm/kobe117ngo/form.php
★マンスリーサポーターの仕組みができました!
http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html

「平成30年7月豪雨」災害レポート―NO38

<高校生ボランティアの感想-2>

◎Sさん:(このボランティアバスを)企画した高校生の話を聞いて、私ならニュースをみたとき、どこか他人事で、自分が何かをするなんていう発想がなかったので、すごいなと思いました。本当に被災した民家をみて、自分の家に置き換えると、すごくぜいたくなくらしができていたんだと思いました。実際に行ってボランティアをするのは、募金するだけよりたくさんのことを学びました。強く思ったのが、被災した側はすごく忙しいから自分のことで精いっぱいになってしまうと思います。そこで、私たちが復興の手伝いをさせて頂くことによって、一人ではできないことをかわりにできたので、このボランティアでほんの少しでも力になれて良かったです。

<Qちゃんのこぼれ話-4>

9月10日、11日は、床下の泥だしのお手伝いをしました。床上浸水をされたご自宅だったのですが、床下についてはあまり気にされていなかったようで、ボランティアさんの声かけにより水害から2ヶ月経っての泥だしとなってしまいました。ご主人は、「台所が床上3センチほど水浸しになり、雑巾でふいたんじゃが、後は乾けばよいと思っとんたんじゃ。」と言われた言葉に、はじめての水害で、家の復旧作業について知らなかったことを聞き、もっともっと早く泥だしをできていたらと思うばかりでした。このご自宅は、昨日でやっと泥だしが終わり、乾燥後に消毒ができる段取りができ、ご主人も安堵の様子でした。
しかし、道を挟んですぐのご近所さん家の様子を見に行くと、畳の部屋は泥だしをしたけれど、フローリングの床下は泥だしができず、そのままの状態で住み始めたということが分かりました。
またホームセンターの方に、泥だしが終わった畳のお部屋に消石灰をまくことを勧められ、まいてありました。最近は消石灰を使わない消毒の方法をとっているようで、このような家がたくさんあるのではと心配になりました。今日はこのご家庭の床下にボランティアさんともぐり、今後一日でも長く住み続けられる家にできるようにお手伝いができたらと思いました。  (柚原里香)

★災害救援金を募集しています。
ゆうちょ銀行一一九(イチイチキュウ)店 当座0068556、郵便振替:01180-6-68556
口座名義:被災地NGO恊働センター
*「201807豪雨」と明記下さい
★クレジット寄付のページ
https://www2.donation.fm/kobe117ngo/form.php
★マンスリーサポーターの仕組みができました!
http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html

「平成30年7月豪雨」災害レポート―NO37

本レポートでも何度かお伝えしましたように、リベンジとして8月31日に岡山県倉敷市真備町で「高校生ボランティア」が活動しました。そのことが予想以上の反響があり、
読者のみなさんから励ましの言葉を頂いています。今日は、参加された高校生の感想文を紹介します。                 (村井雅清)

<高校生ボランティアの感想-1 >

◎Kさん:自分は初めとくに理由もなく部活で行くからと思って、この活動に参加していました。もちろん、行くとなったからには一生懸命しようと思いました。ですが、この活動に参加すると、なぜ自分がここに来たのかがわかりました。それは、人として大切なことをしに来ました。この分活動は、とても大切な記憶になりました。ありがとうございました。

<Qちゃんのこぼれ話-3>

今号でもすてきなボランティアさんを紹介をさせて頂きます。
Nさんは大学院に通っており、水害直後に広島県安芸郡坂町小屋浦地区に入られました。避難所での活動を中心に、避難所の環境改善、こころのケア、足湯、仮設トイレの掃除、その後仮設住宅・みなし仮設への引っ越し、集会場でイベントの企画・実施など実に精力的に被災者支援を行っています。
9月9日、仮設住宅の集会場を初めて使ってお茶会を行いました。「多くの方に来てほしい!」と意気込むNさんは、前日にボランティアと一緒に準備を行いました。
「ここに座れるように、座布団があったらいいな~。」「靴箱、傘立てがないね~。」「コーヒー豆があるから、おいしいコーヒーを飲めたらいいね。」「仮設住宅の入居者の方が、手先が器用だから、花をいけてもらうのはどうかな?」と、次々とアイディアが出てきます!
現場では、葛藤しながらも、被災者の言葉を大切にしながら、活動に励んでいる姿が印象的でした!・・・・ 。みなさん、無理のないように過ごしてください。
(柚原里香)

★災害救援金を募集しています。
ゆうちょ銀行一一九(イチイチキュウ)店 当座0068556、郵便振替:01180-6-68556
口座名義:被災地NGO恊働センター
*「201807豪雨」と明記下さい
★クレジット寄付のページ
https://www2.donation.fm/kobe117ngo/form.php
★マンスリーサポーターの仕組みができました!
http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html

「平成30年7月豪雨」災害レポート―NO36

すでに被災地では、仮設住宅(みなし仮設を含む)への引越しが始まっていることをお伝えしましたが、広島に応援に行っている柚原里香さんも引越しの手伝いをされています。でも、被災者のみなさんは土砂災害で家に入った土砂などの泥か出しや家具の掃除等が終わった訳ではありません。引越し住まいから、被災を受けた元の家に通いながらの生活をされている方が少なくありません。

<Qちゃんのこぼれ話-2>

今日は避難所から仮設住宅への引っ越しのお手伝いをしました。いろいろとお話しをする仲になったYさんご夫婦と、「仮設住宅へ移られるときは、引っ越し手伝いますよっ。」と話をしていました。 予定をしていた週末は雨が降りそうだったため、今日行うことにしました。
一緒に車に乗り、ご自宅にあるセミダブルのベットを取りに行きました。「今は別々のベットで寝ているけれど、大昔は一緒のベットで寝ていた思い出のベットだったな~。」と微笑みながらYさんが話されました。
しかし、被害の惨状を見てみると、水害後2ヶ月そのままの状態だったため、ベットの土台の部分が腐敗し、使える状態ではありませんでした。 Yさんが、「処分やな。」と決断されたときの言葉は、とても重く辛そうでした。

避難所に戻り、荷物を車に入れ終わった後、親しくなられた方々とお別れの挨拶をされていました。「やっと出られるうれしさと、みなさんと別れることの悲しさと、複雑や。」と、複雑な心境をこぼされていました。
仮設への荷物が全て運び終わると、「今日はありがとう。今度家にご飯を食べにおいで。来るときは事前に電話してな。準備が必要やから~。」その後で、「これから2年はここで過ごして、その後はこれから考えようと思うとる。」。12月で80歳になられるYさんですが、今の現実を、ゆっくりだけれど受け止めていこうとしているのかもしれないと思いました。
(柚原里香)

★災害救援金を募集しています。
ゆうちょ銀行一一九(イチイチキュウ)店 当座0068556、郵便振替:01180-6-68556
口座名義:被災地NGO恊働センター
*「201807豪雨」と明記下さい
★クレジット寄付のページ
https://www2.donation.fm/kobe117ngo/form.php
★マンスリーサポーターの仕組みができました!
http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html