カテゴリー
未分類

九州南部豪雨水害に関する支援ニュース 第1報

防災科学技術研究所のチームによると、昨日(7月3日)午後9時半ごろから鹿児島県周辺で線状降水帯発生を確認。熊本県南部には4日午前0時40分ごろから発生し、4日午前7時半の時点でも断続的に発生しているとみられると発表しています。こうして九州南部では梅雨前線にともなう線状降水帯が滞留し、鹿児島、熊本、宮崎、福岡などの広範囲に豪雨水害をもたらし、鹿児島、熊本の一部には大雨特別警報(のち大雨警報に切り替え)が発表されました。

 球磨川がほぼ全域にわたって氾濫し、主に熊本県八代や人吉および芦北町に甚大な被害をもたらしています。もう50年以上にわたって水俣病被害者の支援活動をしている筆者の友人Tさん一家が住む熊本県津奈木町地域では7カ所以上の土砂崩れが発生したようです。すでに報道されていますが、同町福浜では、土砂災害の被害にあった世帯があり、3名が埋まったものの、うち2名が救出されたものの、心肺停止状態との報告がありました。今朝からTさんと連絡を取りつつ、北部豪雨水害(2017)で被害のあった大分県日田市の被災地に発足した「NPO法人リエラ」(当NGOの代表が理事をしています。)とも情報を共有し、支援体制の調整を行っています。

人吉市の様子

 今回の梅雨前線は、今日の夕方から明日の未明にかけ、東日本の方に移動する模様で、今後の新たな被害が拡大しないことを願いつつ、とりあえず私たち被災地NGO恊働センターは、被災地の状況を見守りつつ、支援体制に入ることを検討しています。なお、具体的な支援活動を展開する際には、新型コロナウイルス感染症第2波の可能性が高くなってきた今、コロナ対策を万全にした上での支援体制にも配慮していきたいと思います。

この間のコロナ禍の影響もあり、講演や事業もすべて中止になり、当センターの財政事情も厳しい状況にあります。誰もが同じように厳しい生活を強いられている中で、大変心苦しいのですが、当センターの支援活動にご協力をお願い致します。
                 (事務局:村井雅清)

■活動支援金のご協力をお願い致します。
・クレジットカードでも寄付ができます。
https://congrant.com/project/ngokobe/605
・郵便振替
   口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター
・銀行振込
   ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO. 0068556
 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター
*お手数ですが、備考欄に「九州南部水害」と記入して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です