カテゴリー
未分類

2020年7月豪雨水害に関する支援ニュース 第22報

 このニュースでインドネシアのゲリラ的支援拠点「POSKO」のことを何度か触れましたが、まさに今回の7月豪雨に関しては、コロナ禍による自粛要請の影響で熊本県外からの支援は入れないという制限の中での支援の方策として、この「POSKO」というしくみは優れものです。
 県外からの支援が全く期待できないので、被災者は自分のことは自分でし、地域のためにも知恵と労力を惜しまないという助け合いの姿をあちらこちらで見受けます。
 地域の個人宅や商店、銀行、商工会、ライオンズ、寺、神社、保育園、NPOなどなど、とにかく地域の資源=ソーシャルキャピタルが最大限、力と知恵を出して頑張っています。これがインドネシアのPOSKOです。誰が指示するでもなく、誰かが束ねている訳でもなく、みんな勝手連で動いていますが、不思議なことに結果的に問題が起こらないのがPOSKOなのです。考えて見れば、被災者自身がこうして助け合う行動は、ボランタリーな行為です。
 コロナ版助け合いと言いましょうか、今回は「日本版POSKO」があちらこちらに立ち上がれば、県外の志のある支援者は、この「日本版POSKO」に寄付や物資を送れば被災者も少しは元気になられるのではないかと思う次第です。
 当センターは、とりあえず集まったお米を熊本県内のキーパーソンに送り、その方が各POSKOに届けるという二段階方式を考えています。引き続きご支援、協力をお願いします。(村井雅清)

<緊急のお願いです。>
*お米を少しでもいいですから提供して下さいませんか。当センターで集約し、必要な物資集積場に届けたいと思います。とりあえずは、球磨村の被災者に配布させて頂きます。 ( 送り先は、下記の「被災地NGO恊働センター」です。)

*梅雨が明け、本格的な夏を向かえると、泥が乾燥し、粉塵が舞い上がります。そのために一般のマスクではなく、“防塵マスク”を集めます。併せてお願いします。

◎今日匿名の方ですが、さっそくお米が20㎏届きました。また「お米を送る余裕がないので、わずかですが寄付を」と申し出て下さった方もおられます。ほんとうにありがとうございます。感謝!

【私たちの活動が明日放送される予定です。】
7月28日(火)16:47~ 読売テレビ「かんさい情報ネットten」 

■活動支援金のご協力をお願い致します。
・Yahooからも募金ができるようになりました!!
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240003/
・クレジットカードでも寄付ができます。
https://congrant.com/project/ngokobe/605
・郵便振替
    口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター
・銀行振込
    ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556
 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター
*お手数ですが、備考欄に「7月豪雨」と記入して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です