カテゴリー
未分類

2020年7月豪雨水害に関する支援ニュース 第132報

これまでも「POSKO個庫茶屋メンバー」(人吉市下薩摩瀬)の活動は何度も紹介してきました。今日は、その中の一つ被災家屋をボランティアで泥だしから再建まで成し遂げ、リフォームした「再生の家」に住むSさんをあらためて紹介します。この支援レポートで何度か触れましたように、昨年末からSさんはこの「再生の家」の2階に住むようになりました。豪雨水害で家が浸水し、家財道具はもちろん、長年大事にしてきたレコードのLP盤などもすべて流されたSさんです。しばらくその浸水した家の風呂場のタイルの上に布団を敷いて寝ていたのです。ここに住みだしてから、Sさんは仕事に行くようになり、夕方近くからはこの家の庭の花壇の手入れをしています。お家は再生されたのですが、庭は誰も手をつけず放置したままだったのですが、なんとSさんは“玄人はだし”というか、庭師のように見事に花壇を作り上げているのです。しかも、盆栽のように数種類もあるコケの栽培で、すき間がないほどぎっしりと敷き詰めています。災害後、何度かお会いし、ほんの少しだけ会話をする程度だったのですが、この庭についていろいろ聞くと、照れくさそうに、でも饒舌に解説してくれます。仕事が終わって、毎日庭の手入れをされることが日課になったようで、充実した日々を送っておられます。水害に遭った直後には歩道に座り込んで茫然自失となっていたとのことですが、全く想像ができないほどの豹変ぶりに、私も嬉しく思っています。これで、また同メンバーを訪問する楽しみが一つ増えました。(村井雅清)                

〈〈相変わらずお米を集めています!〉〉
 昨年7月4日に豪雨災害が発生し、9カ月が過ぎました。有難いことに、今でも被災地にお米をと送って下さる方が途絶えません。ほんとうに心から感謝致します。お米はほんとうに喜ばれます。仮設住宅を訪問していても、お独り暮らしの方々も「お米は自分で焚きます」という方ほとんどです。今後ともよろしくお願いします。
【送り先】
〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10 TEL078-574-0701
「被災地NGO恊働センター」まで
(注)現金でもお受けしていますので、下記の方法でお申し込みください。その場合通信欄に「お米代」とご記入ください。

■活動支援金のご協力をお願い致します。
・クレジットカードでも寄付ができます。
https://congrant.com/project/ngokobe/605
・郵便振替
    口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター
・銀行振込
    ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556
 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター
*お手数ですが、備考欄に「7月豪雨」もしくは「POSKO 」と記入して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です