書籍のご案内

足湯ボランティアが見た能登半島地震から10年の記録

2017年3月25日で能登半島地震から10年を迎えました。被災地に通い続けたKOBE足湯隊のメンバーが聞き取った能登半島地震から10年の記録誌です。
ウェブ版はこちら
無料・送料のみご負担ください。
足湯ボランティアが見た能登半島地震10年の記録

震災被災者と足湯ボランティア 「つぶやき」から自立へと向かうケアの試み

似田貝香門・村井雅清 編著(生活書院)
定価2500円+税(税込2700円)

2000人の足湯ボランティアが聴き取った16000の「つぶやき」
「つぶやき」を聴き、それを被災者の「声」として受けとめ、そこからの支援のつながりとひろがりを模索するケア活動としての足湯ボランティア。被災者の苦しみの傍に立って、毀損した心と主体の尊厳を回復する支援のありかたを構想しようとする、足湯ボランティア、災害支援団体、ケア職能者、社会学研究者による協働の記録。
震災被災者と足湯ボランティア

足湯の気になるつぶやきボランティアと専門職の連携のためのガイドブック

足湯ボランティアと専門職との連携のためのガイドブックです。
東日本大震災の被災地で行われた足湯ボランティアが集めた16000のつぶやきの分析を元に作成されています。
無料、送料のみご負担ください。(書店では販売しておりません)
つぶやきガイドブック

足湯ボランティアのためのてびき

足湯ボランティア初心者のための手引き書です。
足湯ボランティアのやり方や歴史、効能について簡単に書かれています。足湯ボランティアに取り組んでみようと思う方はぜひ参考にしてください。
無料。送料のみご負担ください。
足湯リーフレット

災害ボランティアの心構え

村井雅清著(ソフトバンク新書)定価767円
真のボランティア活動のための指南書
3月11日に発生した東日本大震災は日本に空前の規模の被害をもたらした。
復興に向けた動きの中で、被災者に対して市民レベルでどのような支援が行えるのか──。
被災からの復興の助けとなるボランティア活動の指針となる一冊。

初心者ボランティアも押し掛けていい!?被災地で何が求められているのか?
細かなニーズに対応できるのは、十人十色のボランティアしかいない!
災害ボランティアの心構え

不良ボランティアが社会を変える

顧問・村井雅清の還暦記念講演を収録。定価1500円
よりディープなボランタリズムについて解説しています。
書店ではお求めいただくことが出来ません。
不良ボランティアが社会を変える

ボランティアが社会を変える-支え合いの実践知-

共著:柳田邦男、黒田裕子、大賀重太郎、村井雅清 編著:似田貝香門
定価1,680円
阪神・淡路大震災、中越地震、台湾、トルコ、イラン、アフガニスタン、スマトラ沖での震災など、様々な支援活動に従事し続けた著者たちによる、現在日本社会におけるボランティア活動の根源に迫る書。
※現在在庫を切らしております。
ボランティアが社会を変える

書籍をお求めの方は被災地NGO恊働センター
までお問い合わせください

連絡先:info@ngo-kyodo.org
〒652‐0801神戸市兵庫区中道通2‐1‐10
TEL:078-574-0701 FAX:078-574-0702


被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
CODE海外災害援助市民センターさんの投稿の写真 ... See MoreSee Less
View on Facebook
被災地NGO恊働センターです!七尾市を応援するステッカーが完成しました〜地元のデザイナーさんに作成していただき、地元の印刷所でプリントしていただきました。ぜひ七尾に足を運んでステッカーも広げてください!! ... See MoreSee Less
View on Facebook
被災地NGO恊働センター「令和6年(2024年)能登半島地震救援ニュース」No.60「やさしや足湯隊ニュース」No.4 私たちは能登半島地震の支援活動に携わりたい若者を中心として、足湯ボランティアを行う「やさしや足湯隊」結成しました。全国から集まる学生、若者と共に足湯ボランティアの活動を通して、被災地でほっと安らげる一時を提供し、被災した方々から発せられる一つ一つの「つぶやき」に向き合っています。参加した学生の感想です。----------------------------------------------今振り返ると、ここ最近で一番感情が忙しかったなと思いました。嬉しさ、虚しさ、楽しさ、驚きが一気に降り注いで冷静を保ちながらボランティアをすることに必死だったなと、感想レポートを書いていてふと感じました。 一日目、小牧への移動中の電車で外を見ながら感じたのは、思っているよりも被害が少ないということでした。もちろん、ブルーシートを被っていたり、ブロック塀が傾いていたり、一部倒壊しているのを見ると心が痛かったですがそれでもまだここら辺は大丈夫なんだと思っていました。 二日目、午前中は家のお片付けをしました。ごみを運び、割れたガラスや家具の片づけをしました。私はとにかく衝撃が大きかったです。外はブルーシートをかぶっているのみで綺麗に片付いているのに、中はぐちゃぐちゃで、とても住めるような状況じゃなく、地味に酷いという地域の方の言葉がぴったりでした。それでもともに片付けていた家の方はパワフルで優しくて、私はどんどん片付けてられて行くのが楽しくて、滞ることなく進めることが出来ました。どこからその元気が出てくるのだろうと考えたとき、元気にしないと保てないのかな、、?とふと思いました。悲観していたらやっていけないみたいな。実際にその方たちに聞いたわけではないので憶測ですが、そう感じました。 二日目の午後と三日目は足湯をしました。足湯をしてくださったおばあちゃん、おじいちゃんは、とても気持ちよさそうにしていてこちらもうれしい気持ちになりました。印象に残っているのは、小牧集会所近くのコミュニティーセンターと輪島高校では空気の重さが違うことでした。被災が大きい輪島高校はかなり空気が重く、殺伐としている印象でした。 共にボランティアをした仲間は自分の考えを持っている人たちで話していて得ることが多く、本当に来てよかったと思いました。日常生活からは得られない体験をすることが出来て嬉しく思います。また参加したいです。最後にこのボランティアを主催してくださった山村さん、CODE 海外災害援助市民センターのスタッフの皆様、このような機会を頂きありがとうございました。(埼玉大学 阿部さくら)----------------------------------------------クラウドファンディングも実施中です。詳細はこちらから見れます。https://congrant.com/project/ngokobe/10525よろしくお願いします!!*私たちの活動は、日本財団「災害発生前後の初動期に関する支援活動」助成を頂き活動しています。*私たちの活動は、CivicForceのパートナー協働事業に支えられ活動しています。www.civic-force.org/info/activities/earthquake202401/20240130.html引き続き現地からの情報を発信していきます。ブログはこちら→http://ngo-kyodo.org/2024noto/ ... See MoreSee Less
View on Facebook