寄付する!会員になる!

1.寄付で支える

被災地NGO恊働センターの活動は皆様のご寄付によって支えられています。
被災地の復興、地域の減災の推進のためご協力お願い致します。

毎月の継続寄付(マンスリーサポーター)

毎月1000円から継続的にご寄付をしていただくことができます。
被災地を支える活動を支援していただけます。金額は任意に設定することができます。
マンスリーサポーターになる
詳しい操作方法はこちら
毎月の寄付で支える

1回ごとの寄付

いつでも、自分の思いついたときにご寄付いただけます。
被災地NGO恊働センターの取り組む被災地支援活動など支援したい活動を指定することも可能です。
1回ごとに寄付する
1回ごとの寄付で支える

クレジットカードで寄付する

下記のURLフォームからお申し込みできます
必要事項を下記URLのフォームから記載をしてください。
https://www2.donation.fm/kobe117ngo/form.php
不明な点は当センターまでお問い合わせください。
下記サイトからでもご寄付いただけます。
JapanGivingというクラウドファンディングサイトです。お近くの方に広めていただきやすいサイトです。
https://japangiving.jp/supports/33713

郵便振替/銀行振込で寄付する

振込方法
■郵便振替
口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO協働センター

※お手数ですが、通信欄に住所・名前・連絡先(電話・メール)を明記してください。
■ゆうちょ銀行
支店番号:一一九(イチイチキュウ)支店/店番:119
当座0068556/受取人名:ヒサイチNGOキョウドウセンター

*お手数ですが、振込み後に住所・名前・連絡先(電話・メール)を当センターまでメールにてお送りいただけると幸いです。

2.まけないぞうを買って支える

まけないぞうを買って、被災者の生きがいを支えてください。
400円/1頭
まけないぞうの購入はこちらから
まけないぞう

3.会員になって支える

被災地NGO恊働センター会員になって継続的に支援活動を支えてください!
 
 □団体賛助会員 年会費 ¥10,000×1口以上
 □個人賛助会員 年会費 ¥ 3,000×1口以上
 ☆自由選択会員    任意の額
会費もクレジットカードで支払うことができます。
https://www2.donation.fm/kobe117ngo/form.php

 郵便振替 加入者名:被災地NGO恊働センター
      口座番号:01180-6-68556
 ※通信欄にご希望の会員種別をご記入ください。

被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン

【当センター代表の頼政が金光新聞に掲載されました】
日田市での支援活動のご縁で取材をいただきました。
まだまだ支援を継続していますので、よろしくお願いします。

★JAPANGIVING掲載中(クレジットからの寄付ができます)
 https://japangiving.jp/supports/33713
★マンスリーサポーターの仕組みができました!
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html
--------------------------
◉東日本大震災支援活動ブログ
miyagijishin.seesaa.net/
◉熊本地震救援活動継続中
ngo-kyodo.org/kumamoto/index.html
◉2017九州豪雨災害救援活動継続中
blog.livedoor.jp/kyodocenter-kyusyugou/
... See MoreSee Less

View on Facebook

【まけないぞうが新聞に取り上げられました】

3月9日の朝日新聞夕刊にまけないぞうが取り上げられました。
現在も東日本大震災の被災地を中心にぞうづくりに取り組んでくださっている方々います。

■まけないぞうの購入
makenaizou.cart.fc2.com

■まけないぞうについて
ngo-kyodo.org/makenaizou/index.html
... See MoreSee Less

View on Facebook

【当センター代表の頼政が新聞に掲載されました】

3月7日の中国新聞のオピニオン欄に掲載されました。
広島出身ということで、ご縁をいただきました。
... See MoreSee Less

View on Facebook