脱原発リレーハンスト

新着ニュース

8bitNEWSに脱原発ハンガーストライキが掲載されました

動画ニュース「8bitNews」でリレーハンストが紹介されました。村井顧問がインタビューに応えています。ぜひご覧ください。 この動画投稿は誰でも参加できるそうなので、ぜひ皆さんもチャレンジしてみたらいかがでしょうか?
動画はこちらから
8bitNEWSとは?
8ビットは、日本でのパブリックアクセス(放送への市民参加)の実現と市民による発信力の強化に貢献することをめざして作られた新しいメディアだ。NHKの「Bizスポ」や「ニッポンのジレンマ」などの司会を担当していた堀潤アナウンサーと批評家の宇野常寛氏が、現在の報道のあり方に疑問を持ち、それを変えていく方法はないかという思いをぶつけあったことから生まれた。


事務所にソーラーパネルを設置しました事務所にソーラーパネルを設置しました

子どもたちの子どもたちの子どもたちのために

脱原発ハンガーストライキのブログ
http://blog.canpan.info/stopnps/
脱原発ハンガーストライキの趣旨
2011年3月11日の大地震・津波によって引き起こされた福島第一原発事故。見えぬ恐怖に怯え、福島の人たちは心も体もバラバラに引き裂かれた。今も尚、多くの人たちが故郷に戻れずにいる。この「フクシマ」の、言葉に言い尽くせない大惨事は、日本にある54基のすべての原発を停止するに至った。そして多くの人たちが、「フクシマ」を自分の事として捉え始めた。これまで私たちは、原発を抱えた市町村の方々に負担を押し付け、電力を消費してきた。そして、これまで原発の存在に無関心であった。ここに改めて反省とお詫びを申しあげたい。
 そんな矢先、政府は、福井県にある「関西電力大飯原発」を再稼働させようとしている。野田総理は、「関西電力大飯原発」再稼働の理由として、「経済活動の停滞とそのことによる国民の暮らしが立ちゆかなくなること」を挙げているが、何故そうなるのかを全く説明しようとしない。しかも安全基準は何よりも暫定的なものでしかない。 「3.11」がもたらした数々の悲劇を見る以上、いかなることがあっても原発を再稼働させてはならない。第二の「フクシマ」を繰り返す事は絶対に許されない。こうした声を上げることで、大飯原発立地地域の人たちには経済苦をはじめ、引き裂かれるような思いをさせてしまうことになるのは心苦しいが、敢えて「関西電力大飯原発」の再稼働を止めるべく行動に踏み切ることを決意した。  当然、原発立地地域の人たちの暮らしは、今後も補償されなければならない。電力会社と政府の責任は言うまでもないが、私たち一人ひとりもその責任を果していかなければならない。日本にあるすべての原発が止まった時点で、私たちは原発に依存しない社会へむけて、「まずはこの夏を原発ゼロで乗り切ろう!」と決意した人たちもいる。  被災地NGO恊働センターは、1995年1月17日の阪神淡路大震災を機に立ち上がったNGOである。私たちは17年前に「かけがえのない いのちの尊さ」を学んだ。だからこそ、人としての尊厳を取り戻すために「関西電力大飯原発」再稼働に反対し、福島の人たちの痛みとおおいで暮らす人たちの苦悩を共有する為にも24時間ハンガーストライキのリレーに入る。 これは、「関西電力大飯原発」再稼働の反対のみならず、原発のない社会への未来に向けた私たちの願いである。そして、東日本大震災を忘れないことも改めてここに誓う。
 アメリカ先住民のイロコイ族は「大事なことは、7世代先の子どもたちにとって有益であるかどうかで決める」という。 今一度考えよう、子どもたちの子どもたちの子どもたちのために・・・・
24時間リレーの方法
この趣旨に賛同いただける人たちで、「24時間ハンスト」をリレーします。24時間のハンスト(水のみを摂取)を一人ずつ行い、次の一人にバトンタッチしていきます。それぞれが、それぞれの暮らしの中でやれる範囲でハンストを行ってください。
参加者募集!!
ハンストを通じて原発や身の回りの暮らしに向き合って頂けたら幸いです。参加者でローテーションを組んで途切れる事なく行っていきます。参加ご希望の方は、ご都合のいい日と匿名希望の有無をお知らせください。ローテーションに組み込ませていただきます。一人また一人と思いの輪をつないで行きましょう!「今日はどこの誰がハンストしている。」などの情報やブログで発信していきます。 参加希望の方はinfo@ngo-kyodo.orgまでご連絡ください。
賛同者募集!!
ハンストまでは出来ないけど、主旨に賛同するという方も募集しています。個人、団体は問いません。賛同者として名前をあげさせていただきます。匿名でも構いません。

被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
「2021年8月豪雨(仮称)支援レポートー27」(武雄からの現地レポートです)佐賀へ出発する日、いつも被災地で活躍してくれるNGO号の洗車をして武雄市の被災地に向かいました。こちらはこの一週間日中は小春日和のような温かさですが、朝晩はぐっと冷え込みこちらも冬支度を迎えています。被災家屋はまだ修理中だったり、大工さんの順番を待っている状況です。中には、前回の水害の時からほぼ手付かずで今回もやっと家の中を片付けたから、再建のお手伝いをしてほしいと言う依頼がありました。おもやいの建築士が訪問してみると、床も壁もカビだらけ、床下の基礎も崩れ落ちるような状態で、3ヶ月にしてやっとボランティアが入るようなお宅もあります。水害家屋は外見からはなんの被害もなかったかのように見えるのですが、一歩家の中に入ると、壁や床がなく、家財道具一式被害を受けて何にもない状態の家が数多くあります。ウッドショックと言われるこの昨今材料も高騰し、手に入りにくく、工事は遅れる一方です。先日、訪問したお宅は、兄弟のお兄さんの自宅が被災し、大工の弟さんやおもやいの建築士も応急修理制度のサポートをしながら再建を進めています。2年前も被災し、前回新調した壁や床が今回も被害を受け、私も前回貼った壁材を剥がし、消毒を行いました。まだ真新しいい壁材を剥がすのはとても残念で複雑な気持ちです。お兄さんも傍らで作業を見守りながら剥がした壁材を運んでくれます。兄弟ともに「2年前とは違って体も思うようにいかなくなり、きついよ」と話しながら、体調に合わせて作業を進めています。各家庭で再建の進み具合は違います。一部屋一部屋順番に進められ、工事が終わると掃除をして、家具を新調したり、荷物を移動したり、細々とライフスタイルに合わせて生活環境を整えて行きます。買い物もままならない人たちには買い物の付き添いをします。支援物資の家財道具を届けたり、寒さ対策のための炬燵などの暖房器具、毛布や冬服など個人個人のニーズに合った配布などきめ細かい対応をしています。今年も残すところあとわずかで、気持ちも何となく気ぜわしくなっていますが、ここ佐賀の被災地ではまだまだ支援が必要な方たちがいます。みなさんのご協力お待ちしています。 (増島 智子)*当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/20218gatugou/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフーネット募金からも寄付できます。(クレジットカード・Tポイントで寄付できます) https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240004・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2021年8月豪雨」と記入して下さい。★マンスリーサポーター募集中congrant.com/project/ngokobe/632-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
今日でトライやるウィークが終了しました。海外の活動の話を聞いた日の感想をご紹介します。「海外での災害の復興内容では地震だけでなくハリケーンやサイクロンなど全部で、阪神淡路大震災で学んだ事を生かして耐震に関して多くとりくんでいる事がわかった。アフガニスタンの現状がすごく悪く、タリバンの考えは十人十色ではなく自分たちが正しくて自分たちに従う人たちは命の安全を与えられる。今の日本はあいまいな安全で昔より安全になったが、上に文句などを言ったところで聞き入れないところがあるので、あいまいな安全になっているのかなと思う。」アフガニスタンの現状から日本を「あいまいな安全」と表現しているところがすごいです!こちらがたくさんの教えをもらいました。お疲れさまでした! ... See MoreSee Less
View on Facebook
4日目のトライやるウィークは「まけないぞう」でした😊🐘まけないぞうが生まれた経緯と東日本大震災(今日は10年8ヶ月の月命日)での活動についての講義でした。実際にまけないぞうを作って、作り手さんの気持ちを感じてもらいました!出来上がりはやっぱ作り手さんに似てるなぁ😊💕 ... See MoreSee Less
View on Facebook
トライやるウィーク3日目。今日は海外の支援活動についてでした。質問形式の講義が面白いそうです😊 ... See MoreSee Less
View on Facebook
今日からトライやるウィークがスタート。中学2年生が「NGO」に関心を持ってくれています。今日のお題は「NGOとは?」です。「NGOで働いています!」ということが当たり前になるといいな🥰🐘 ... See MoreSee Less
View on Facebook
京都で「風の布パピオン 10th東北の手わざ展at風工房」にまけないぞうが参加します。新しいお家にお引越しできるといいな。3・11から10年8ヶ月の月命日11月11日から開催されます。「わすれてへんよ」の思いを持ち寄り集い、被災地に届けてくれます。お近くの方はぜひ、お寄りください! ... See MoreSee Less
View on Facebook