足湯ボランティア

新着ニュース

足湯隊ミーティング開催しました
9月2日に足湯講習会&足湯隊ミーティングを開催しました。
今年も参加するお熊甲祭りについて、能登半島でのヒアリングについてなど話し合いました。
次回ミーティングは10月15日10:00~です。
今年度の予定
2016年度は、2017年3月25日で10年を向かえる能登半島地震の被災地にかかわる事業を行う予定です。
カエルキャラバンの様子
カエルキャラバンでの足湯の様子

KOBE足湯隊

2007年の能登半島地震をきっかけに結成された学生災害ボランティア団体です。最近では、神戸や近隣の市町村のイベントや施設等でも活動を広げています。
KOBE足湯隊に参加してみたいという方はご連絡ください! Facebookやっています。
KOBE足湯隊
KOBE足湯隊

足湯ボランティアとは?

足を10~15分、お湯につけ手をさすります。その間にボランティアと1対1でお話をします。足湯ボランティアには老若男女誰でも参加することが出来ます。その会話の中の言葉のことを「つぶやき」と呼んでいます。足湯につかりのんびりした空間を作ることで、肉体的な疲れやストレスを少しでも解消してもらいます。
足湯の効能
足湯には風邪の予防、睡眠の促進、血流改善などの効能があります。足湯をすることで血圧が調整され、心身ともにリラックスしていただくことが出来ます。
・風の予防・経過…
 呼吸器系の風邪には「足湯」
 消化器系の風には「脚湯」
・弛緩……睡眠の促進、頭の疲れを取る→睡眠促進
・発汗……血流の改善、新陳代謝が活発に
・冷え、むくみ、肩こりの症状改善
・免疫機能の向上
佐用町での足湯ボランティア
佐用町での足湯の様子
「つぶやき」って??
足湯の間、利用者とボランティアは一対一で向かい合い、リラックスした時間を過ごします。そんな中で出てくる声を、私たちは「つぶやき」と呼びます。「つぶやき」にはなかなか口に出せなかった本音が隠されていることがあります。その「つぶやき」に耳を傾け、一人ひとりに寄り添った活動をおこないます。足湯ボランティアは一方通行の支援活動ではなく、ボランティアと足湯を受ける相手との間に双方向の交流があります。あなた対わたしという1対1の関係性が築くことのできる、一人ひとりに寄り添う活動です。
足湯ボランティアの歴史
1995 阪神淡路大震災 避難所での足湯ボランティア
2004年 新潟県中越地震 小千谷の避難所・仮設住宅で
2007年 能登半島地震 
→ 中越・KOBE足湯隊(現:KOBE足湯隊)の誕生 
→ 金沢大学能登寄り添い隊「灯」へと伝わる
2007年 中越沖地震
2008年 岩手・宮城内陸地震 →東北の学生に伝わる
2008年 愛知・岡崎水害
2009年 兵庫県佐用町水害
2010年 山口県山陽小野田市水害
2011年 宮崎県新燃岳噴火災害
2011年 東日本大震災 
→足湯ボランティアの裾野が大きく広がる
(震災がつなぐ全国ネットワークの活躍)
2011年 近畿・紀伊半島豪雨
2012年 筑波竜巻 
→筑波大学などの学生ボランティアの足湯
2012年 九州北部豪雨
2013年 山口・島根豪雨
2014年 広島土砂災害
2015年 北関東豪雨水害
阪神・淡路大震災での足湯
阪神・淡路大震災での足湯
能登半島地震での足湯
能登半島地震での足湯


被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
☆ブログはこちら ~ http://blog.canpan.info/stopnps/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 脱原発ハンガーストライキ ~子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために~ ……………………………………………………………………… VOL945(2022年11月27日) 8月のハンストニュース依頼、発信が途絶えてしまって申し訳ありません。8月豪雨による石川県小松市での水害、台風15号による静岡県で水害と立て続けに支援活動を行っていました。静岡県では約1万件に及ぶ床下・床上浸水家屋への支援活動が続いています。石川県小松市では、生活支援や心のケアなどの支援活動が続いています。  二つの地域をみると、原発大国日本ともいえるように、静岡県には浜岡原発、石川県には志賀原発と両県ともに原発を抱えています。23日には石川県の志賀原発で放射能事故を想定した訓練が行われました。志賀原発の2号機は2011年の福島第一原発事故当時、定期検査のため11年間停止をしています。新規制基準により、原子炉建屋などの重要施設に活断層がある場合、原発は再稼働できなくなりました。6年前からの原子力規制委員会による審査会合での議論や運転差し止めの裁判などが行われていますが、いまだ原子力規制委員会の最終判断が出ない中で、平行線が続いている状況です。 また、静岡県では浜岡原発があり、同様に2011年の福島第一原発の事故から2ヶ月後、当時の政権が「30年以内にマグニチュード8程度が想定される東海地震が発生する可能性は87%と極めて切迫している」との理由で全原子炉の停止を要請し、いまに至っています。 水害などの自然災害でも被災者の人たちには精神的にも経済的にもとても大きな負担がかかります。福島原発事故を経験している日本では「安全神話」が崩壊し、「想定外」のことが起きるという前提で考え、これ以上原発事故による被害者を出さないように行動しなくてはならないと思います。  ここへきて、政府与党は、現行法で最長60年と定める原子力発電所の運転期間を延長すると規定されているものを、原子力規制委員会による審査で停止していた期間などを運転機関から除外する方針を打ち出しています。なし崩し的に運転期間も延長になりつつある中で、「聞く力」があるという岸田政権に東電事故の被害者や自然災害の被災者の声はとどいているのでしょうか?                       (増島 智子)トピックス原発停止期間除外で“実質60年以上”運転可能へ最終調整 “廃炉”を次世代原発に建て替えで新たな原発もnews.yahoo.co.jp/articles/c4e251a9e4922316b85978a0ff0ed746f7290098(2022年11月26日 日テレNEWS)東電に2.7億円賠償命令 福島・南相馬の原発避難者訴訟-仙台高裁motion-gallery.net/projects/saibancho-movie(2022年11月25日 時事通信)「スクランブル」全国初、掘削技術専門学校 地熱発電開発の人材育成 国産の再生エネ、北海道www.toonippo.co.jp/articles/-/1430910(2022年11月25日 Web東奥)**************************9月までのリレー仲間8月17日(水)は大石(静岡)、18日(木)は宇田川(神奈川)、19日(金)は細川(NGO)、20日(土)は鈴木(川崎)、21日(日)は村井(NGO)、22日(月)は東條(神戸)、23日(火)は石塚(神戸)、24日(水)は大石(静岡)、25日(木)は宇田川(神奈川)、26日(金)は村井(NGO)27日(土)は鈴木(川崎)、28日(日)は細川(NGO)、29日(月)は東條(神戸)、30日(火)は頼政(NGO)、31日(水)は大石(静岡)、9月1日(木)は宇田川(神奈川)、2日(金)は細川(NGO)、3日(土)は鈴木(川崎)、4日(日)は村井(NGO)、5日(月)は細川(NGO)、6日(火)は村井(NGO)、7日(水)は大石(静岡)、8日(木)は宇田川(神奈川)、9日(金)は村井(NGO)、10日(土)は鈴木(川崎)、11日(日)は細川(NGO)、12日(月)は村井(NGO)、13日(火)は細川(NGO)、14日(水)は大石(静岡)、15日(木)は宇田川(神奈川)、16日(金)は村井(NGO)、17日(土)は鈴木(川崎)、18日(日)は細川(NGO)、19日(祝・月)は宇田川(神奈川)、20日(火)は石塚(神戸)、21日(水)は大石(静岡)、22日(木)は宇田川(神奈川)、23日(祝・金)は村井(NGO)、24日(土)は鈴木(神戸)、25日(日)は増島(NGO)、26日(月)は頼政(NGO)、27日(火)は細川(NGO)、28日(水)は大石(静岡)、29日(木)は宇田川(神奈川)、30日(金)は細川(NGO)がつなぎました。*本日のリレー仲間本日11月27日(日)は、村井(NGO)の1名が行っています。*今後のリレー仲間11月28日(月)宇田川(神奈川)  29日(火)石塚(神戸)  30日(水)大石(静岡)12月 1日(木)宇田川(神奈川)   2日(金)募集中!!   3日(土)鈴木(川崎)   4日(日)募集中!!   5日(月)募集中!!   6日(火)募集中!!   7日(水)大石(静岡)   8日(木)宇田川(神奈川)   9日(金)募集中!!  10日(土)鈴木(川崎)*************************-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
釜石市に訪問しました。窓際に佇むまけないぞうのお出迎え🥰🐘お二人ともお元気です。お一方はもう92歳です。しかも数字に強くて、計算が早い!最近はデイサービスに通うのが楽しみの一つになったそうです。「津波当時は、子どものところへ行こうかどうか迷ったけれど、ぞうさんのお陰で、やることができて、お隣さんとも仲良くなれたから、ここにずっといることができたよ」とうれしい言葉を頂きました😊漁師のお父さんからはアワビをご馳走になりました😋 ... See MoreSee Less
View on Facebook
先日、遠野の作り手さんに会いに行きました。隣近所でも普段はなかなか会う機会がなく、「ぞうさん来てくれたから、こうやって久しぶりにお茶っこできるよ」と久しぶりの再会を喜んでくれました。また、ひとつうれしい再会もありました。作り手さんのご夫婦と津波の後、いろんな人に支えられていてね、というお話をしていました。すると、「うちにはね、京都の寂光院さんからの観音様の色紙が飾ってあってね。それに守られているんだよ!」と。「えー。その色紙は、私たちが長年お世話になっている全日本仏教婦人連盟さんを通してお届けしたものですよ!」と11年の時を経て観音様に再会できたのです。当時仮設に住んでいたみなさんにお届けしたのですが、その時には無我夢中でお互いにはっきりと認識できていなかったので、まさかこうしていまでも大切にして下さっていることを知りませんでした。でも長い年月をかけて観音様がお導きしてくれたのだと思います。お二人は当時この色紙をもらった後に、わざわざ京都にある寂光院さんにお礼参りに行かれ、いまでも寝室で飾り、毎朝手を合わせているそうです。どうぞ、これからもお二人をお守りください。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
昨日は大槌町へ。いつも子ぞうさんを作ってくれているとっても器用な作り手さん。少し長めのスポーツタオルを半分にしたり、4つにしたりして、どの子ぞうさんが可愛いかな?と研究熱心です。makenaizoneのお手紙の中の小学校5年生のオシーンくんの「まけないぞうさんはふわふわして可愛くて大好きなんだけど、それだけじゃなくて、被災された人たちが作ってくれたということが意味深いことなんだ。とっても良いものだと思う」というメッセージをみて、とても喜んでくれました。また、大阪の自敬寺さんから届けて頂いた着物もお届けし、何を作ろうかお話が弾みました!みなさんありがとうございます。帰り際に作り手さんから、お稲荷さんのお弁当を頂きました🥰🐘🐘 ... See MoreSee Less
View on Facebook
東日本大震災から11年の年月が経過しました。私たちが想像もしなかった、できなかった福島第一原発の過酷事故により、多くの人たちがいのちを奪われ、自然豊かな故郷を奪われました。時の経過とともに「見えなくされるもの」「忘れさられるもの」とされ人々や事故の爪痕。それでもいまなお、その現実に翻弄され、抗い、闘い続けている人たちがいます。そんな東日本大震災をきっかけに生まれた演劇が関西であります。ぜひ足をお運びください。ご案内を頂いたのは、福島県から兵庫県に原発事故避難者の菅野みずえさんです。以下に彼女からのメッセージとチラシを添付致しますので、ぜひご覧下さい。***********************************応援いただける皆さまようやく関西の公演が決まりました。 12月15日高槻 16日京都です。高槻の308席を担当します。2か月切って売るの大変です。ご協力よろしくお願いいたします。原発事故で避難区域となった町は、全てが放射性廃棄物として処理されます。避難解除となって1 年経てば壊れた建物は全て自己責任で放射性廃棄物としての取り扱いをして片つけねばなりません。そのような負の遺産を(放射性廃棄物としての取り扱いだけで7.800万とかの膨大な費用が掛かります)子や孫 に残せないと住める家であっても解除までに解体撤去の手続きを取る人が増えています。そのため町には更地が広がっています。其処に暮らしていた人々は何処へ行ってしまったのか。みんなどこかで必死に狂ってしまった人生の続きを生きています。其処に暮ら していた人々の声が響く町の情景は二度と戻りません。その人々の声をぜひ聞きにおいでください。わたしの町の人々の 声にならない声に心寄せて下さい。この演劇は失ってしまったわたしの町の人々の声あの子の歌は本当は今も其処に響いているはずだった歌わたしたちが失くしたものは、奪われてしまったものはあるはずだった未来今日から明日に続くはずだった日常明日はあなたのものとなるかもしれないことあと2か月しかない時間の中での上演です。どうか幅広い方々にご支援いただき一人でも多くの 皆さんに東北の「まつろわぬ民」に心寄せていただけたらと思います。是非とも多くの方にこの演劇を知っていただき、足を運んでいただけるよう お力をお貸しくださ い。よろしくお願いいたします。わたしたち3000円なんて今の暮らしに売れない!!2800円の手の出しやすい値段にして満席にする❢❢と決めました。団員の方々も苦しいのに劇団に値切ったのはわたしたちだけだから必死です!!どうか観に来てください。連絡はメッセンジャーでよろしくお願いいたします。団体で取り扱いいただけましたら、まとまった数でご連絡いただけましたら幸いです。此処へ行ったら頼めるよ!とか、売れるよとかありましたら是非とも教えてください。軽トラでどこにでも走っていきます!!ご連絡をお待ちしています。       原発賠償関西訴訟原告団の一人  菅野みずえ ... See MoreSee Less
View on Facebook
無事に岩手県遠野市に着きました。長距離移動が続き少し疲れ気味です。遠野は日中は思ったよりも暖かです。朝晩は少し冷え込みストーブが欠かせません。初日は、なんとまけないぞうの作り手さんでは最高齢の96歳!避難所から11年間まけないぞうを作り続けています。「ぞうさんタオル持って来てね。そうしないと”ボケ”ちゃうから」と、タオルを心待ちにしています。「たまにはリュック背負って、スーパーまで歩くんだよ。足腰も弱っちゃうからね!」ととてもお元気に過ごされています。2軒目も間もなく90代を迎える89歳の作り手さん。この方もお元気で、毎日近くのお寺までお散歩しています。makenaiznoneのみなさんからのお手紙もお渡して、「ぞうさんは、楽しみの一つだからね!こうしてずっと長く続けてもらえて感謝していますよ」と、メッセージを頂きました。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
静岡から一旦戻り、明日から東京経由で岩手県遠野市に向かいます。毎回お願いしているmakenaizoneの田中幸子編集長にまけないぞうの作り手さんに手渡すお手紙を作ってもらいました。11年間ずっとアイランドや世界中のみなさんと岩手県などの作り手さんをつないでくれています。ありがとうございます🐘🥰 ... See MoreSee Less
View on Facebook
昨日は赤穂市社会福祉協議会で開催された「災害ボランティア養成講座」でお話してきました。企画してくださった社協の方は、昨年の寺子屋事業に参加され、まけないぞうの話を聞いて、災害ボランティアって、泥出しや重たい荷物運びなど力仕事だけではないんだと講座にお招きしてくれました。足湯やまけないぞうを通してできる災害ボランティアの活動を紹介してきました。心のケアや、傾聴など被災地にはたくさんの支援メニューがあります。関西福祉大学の学生さんも多く参加していました。写真の彼は、来年大学受験だそうですが、料理が得意で、お菓子作りもできるそうです。今度被災地で炊き出しなどをしてもらいたい!記念にまけないぞうプレゼントししたら、とっても喜んでくれました。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
昨日は久ぶりに東京に行きました。とっていっても神奈川県でした。川崎にある川崎大師に初めて行きました。ずっとお世話になっている全日本仏教婦人連盟の第69回の大会にお招き頂いたのです。コロナ禍で3年ぶりの開催となり、会長さま、理事長さまはじめ、久しぶりにお会いする方ばかりで、みなさん対面での交流の大切さを口々にしておられました。当センターのまけないぞうも販売コーナーに置いて頂きました。懇親会の前には本堂で、平和への願いを込めた御祈願にも参列させて頂きました。ウクライナへのロシア軍への侵攻や国内でも水害が多い昨今、みなさんの祈りが届き、平和で安心できる暮らしができますように!まけないぞう!!🥰🐘 ... See MoreSee Less
View on Facebook
「2022年9月末豪雨災害救援ニュースNo9」(現地に入った増島からのレポートです)   一雨ごとに寒さが増してきた静岡県の豪雨の被災地です。朝晩グッと冷え込んできました。 昨日までの2日間、当NGOの代表頼政が被災地を訪問し、初めての床下の泥だし作業を体験しました。震つな事務局の種村さんも現地視察に来ていて初体験の床下作業に「床下、いい経験をさせて頂きありがとうございました!やっぱり、聞くのとやるのは違いますね!」と体験談を語ってくれました。 また、この日はしずおか茶の国会議のメンバーの息子さん(中学2年生)が、一般ボランティアとして、掃除のお手伝いに来てくれたのですが、そこはコミサポひろしまのメンバー見逃しません(笑)。みんなで口説き落として、床下作業に参戦してもらいました!ベテランメンバーの手解きを受けながら、床下に潜っていきました。身のこなしも滑らかで、スルスルと床をはって、作業が進んでいきます!初めてとは思えないほどの身のこなしで、「スーパー中学生」がここに誕生しました! 実は、阪神・淡路大震災の直後にも「スーパー中学生」と言われた少年がいて被災地で大活躍だったことを思い出しました!(現在教育委員会勤務)私たち大人も、中学2年生の爽やかで柔軟な姿勢に癒されました。一緒に来てくださった一般ボランティアのみなさんも掃除の仕上げで、床下の目地など磨きあげて下さってとってもきれいになりました。床下の泥だしもみんな総掛かりで1日で終えることができ、住民さんにお引き渡しができました。最後にお母さんは「なんか寂しくなるわね」と涙を浮かべながら見送ってくれました。(増島智子)■活動支援金のご協力をお願い致します。 ・クレジットカードでも寄付ができます。  https://congrant.com/project/ngokobe/605 ・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター ・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556  名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター *お手数ですが、備考欄に「2022年9月豪雨」と記入して下さい。 ... See MoreSee Less
View on Facebook