被災地NGO恊働センターの歴史

はじめに

1995年1月17日、阪神・淡路大震災は多くの犠牲者をもたらし、たくさんの人々の生活を一変させました。社会的に弱い立場の人が大きな被害を受けたことが特徴と言えます。  
 2011年3月11日、東日本大震災が未曽有の被害をもたらし、そして、阪神・淡路大震災でも問題となったことがまだ解決していなかったということを私たちに痛感させました。  
 被災地NGO恊働センターでは生きがい仕事づくりの「まけないぞう」事業やKOBEでの経験を活かした災害救援、足湯ボランティアに取り組んでいます。これらに取り組む中で、「自立とは支え合うこと」「人を救うのは人だ」ということに気づきました。  
 様々な検証・研究会へ参画し、提言・提案活動も行っています。私たちは自立を目指した、被災当事者自身が主体的に関われる形での協働を模索してしていきたいと考えています。市民が主役となり、主体的責任をもって関わる新しい市民社会を形成するために、それぞれの身の丈にあった恊働の働きをしていくと共に実践をする場を作っていきたいと思います。
犠牲者追悼の竹灯籠事務所の様子まけないぞう

被災地NGO恊働センターの歩み

 阪神・淡路大震災発生後の1995年1月19日に結成された、阪神大震災地元NGO救援連絡会議(代表・草地賢一)の分科会の一つとして、同年8月1日「仮設支援連絡会」として発足。
 翌1996年4月1日、「阪神・淡路大震災『仮設』支援連絡会」に改組し、分科会より独立。1998年4月1日より「被災地NGO恊働センター」と改称し、現在に至る。

過去の災害救援(国内)

1995年
1月17日 阪神・淡路大震災
1998年
8月 栃木・福島水害
1999年
6月 神戸・新湊川水害
6月 広島・呉水害
10月 岩手・軽米水害
2000年
3月 北海道・有珠山噴火災害
6月 伊豆諸島・三宅島噴火災害
3月 芸予地震
9月 高知県西部水害
2002年
7月 台風6号(栃木)
2003年
7月 宮城県北部連続地震
7月 九州豪雨
9月 北海道・十勝沖地震
2004年
7月 新潟・福井豪雨
10月 新潟県・中越地震
10月 台風23号水害(淡路島・洲本市)
2005年
3月 福岡県・西方沖地震
9月 宮崎水害
2007年
3月 能登半島地震
7月 中越沖地震
2008年
6月 岩手・宮城内陸地震
8月 金沢水害
9月 愛知・岡崎水害
2009年
7月 山口県・防府市水害
8月 兵庫県・佐用町水害
2010年
7月 山口県・山陽小野田市水害
2011年
1月 宮崎県・新燃岳噴火災害
3月 東日本大震災
8月 紀伊半島水害
2012年
7月 九州北部水害
8月 京都南部豪雨水害
2013年
7月 山口・島根豪雨
9月 福知山水害
2014年
8月 徳島・高知水害
8月 丹波市水害
8月 広島土砂災害
2015年
9月 東北・関東豪雨災害
2016年
4月 熊本地震


楠ヶ丘町長田佐用町 那智勝浦広島広島まけないぞう 丹波茨城県常総市での足湯ボランティア

過去の災害救援(海外)

※2002年までの海外災害救援活動は、逐次救援委員会を立ち上げ複数の団体で支援活動を行ってまいりました。2002年にCODE海外災害援助市民センターの設立により活動が引き継がれました。
1995年
5月 ロシア・サハリン大地震
1996年
2月 中国雲南省大地震
7月 中国南部4省で大洪水
10月 カンボジア大水害
11月 インド南東部ハリケーン被害
1997年
2月・5月 イラン大地震
5月~1998年1月 北朝鮮食糧危機
1998年
1月 中国河北省大地震
4月 アフガニスタン大地震
7月 パプア・ニューギニア地震津波
10月 ホンジュラス・ハリケーン被害
1999年
1月 コロンビア大地震
5月 ペルー水害
6月 メキシコ地震
8月・11月 トルコ大地震
9月 台湾大地震
12月 ベネズエラ水害
2000年
1月中国雲南省地震
2月 モザンビーク大水害
1月~8月 モンゴル大災害
9月メコンデルタ水害
9月 東海豪雨
10月 鳥取県西部地震
2001年
1月 エルサルバドル地震
1月 インド西部大地震
アフガニスタン救援
活動はCODE海外災害援助市民センター


アフガニスタンスマトラホンジュラス トルコイラン



被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
「2020年7月豪雨水害に関する支援ニュース 第134報」 早いものであと2カ月足らずで昨年の7月4日に発生した豪雨災害から1年を迎えます。これまで全国のみなさまから救援物資やお米あるいはご寄付と、多大なご支援を受け、当センターのスタッフが分担して、支援を届けてきました。心から感謝を致します。ほんとうにありがとうございます。恐縮ですが、当センターもコロナの影響で財政が逼迫しています。これからも引き続きご支援のほどをよろしくお願い致します。そろそろ梅雨時期を迎えるにあたって、マスコミはじめメディアでは気象情報など注意喚起が例年より早い目に配信されているように思います。くれぐれも十分すぎる備えをし、もし災害に遭うような状況になれば、とにかく早く安全な場所に逃げるということを心がけて頂きたいと願います。“いざ”という前にはとにかく逃げることです!!さて被災地では、ほとんどの被災自治体から復興計画案が住民に提示されています。こうした動きだけを見ると、何事もなく復興というステージに進んでいるのかと思ってしまいます。しかし、未だ浸水被害を受けた家屋の清掃をしている家もあること、また十分行き届いた支援が行われているとは思えない被災家屋のままの在宅被災者のこと、個人情報の壁に阻まれ十分な見守りができない「みなし仮設」の居住者のこと、そして終の棲家となる住宅の見通しが立たたないことなどなど、復興という言葉だけ一人歩きをしているように思えてならない“被災地のいま”ですが、3か月ぶりに5月13日から1週間ほど人吉・球磨を訪問して参りますので、また被災地の様子を本支援ニュースでお伝えしたいと思います。               (村井雅清)〈〈懲りずにお米を集めています!〉〉 昨年7月4日に豪雨災害が発生し、まもなく1年になります。それでも被災地にお米を、しかも「同じお米を送るなら美味しいお米を!」と銘柄にこだわり、送って下さる方が途絶えません。ほんとうに心から感謝致します。お米はほんとうに喜ばれます。仮設住宅を訪問していても、お独り暮らしの方々も「お米は自分で焚きます」という方ほとんどです。今後ともよろしくお願いします。【送り先】〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10 TEL078-574-0701被災地NGO恊働センター」まで(注)現金でもお受けしていますので、下記の方法でお申し込みください。その場合通信欄に「お米代」とご記入ください。*当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/2020kyusyunanbu/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 congrant.com/project/ngokobe/605・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO 0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「7月豪雨」もしくは「POSKO 」と記入して下さい。-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
ゴールデンウイーク前後も福島県や三重県、大阪府、千葉県、京都府、東京都などからまけないぞうのご注文を頂いり、タオルをお届け頂きました。ありがとうございます!コロナ禍で販売が激減しているの大変助かります。大変な時に恐縮ですが、ご支援よろしくお願い致します ... See MoreSee Less
View on Facebook
「2020年7月豪雨水害に関する支援ニュース 第133報」 先日の支援レポート132報で、POSKO個庫茶屋メンバーの「再生の家」のSさんのことを紹介しました。そもそもこのお家は、同メンバーの代表の教員仲間が住んでいたところで、今回の水害で全壊認定になるほどの被害を受けたのですが、この被災家屋を個庫茶屋メンバーのボランティアがリフォームしたのです。そして、この被災家屋のオーナーはリフォームした家を個庫茶屋メンバーさんに「自由に使っていいよ!」と提供して下さっているのです。今年に入ってから、この再生の家で「年金給付の日に集まってお茶を飲みながら、また食事をしながら、集まりましょうよ!」と集まっています。ものづくり工房でも販売している新鮮野菜やパンなどもここでも販売しています。昨年のお披露目の時にお邪魔しましたが、同メンバーが各々ご自慢の漬物やちらし寿司、あるいはパン類などを持ち寄り談笑していました。ちょっと年齢の高めの方が多かったようなので、「年金給付の日に集まろう!」となったのでしょう。つい先日の集まりでは、私が長年お付き合いをしている静岡市内の清水災害ボランティアネットワークのスタッフで障害を持っておられる画家松本護さん描かれた絵を展示していて、みなさんで鑑賞されていました。そもそも松本さんは当NGOを介して、個庫茶屋メンバーさんに寄付をされたことがきっかけでつながったのです。その時に代表はすでに、リフォームが終わったらこの再生の家に松本さんが描かれた作品を展示したいと言っていて、それが実現したのです。松本護さんは、静岡市清水区在住で絵が好きだった父親の影響で高校生のころから本格的に油絵を習い始め、静岡県芸術祭、モダンアート展などで入選。定期的に地元で個展も開いていたのですが、二次障害の影響で絵筆を持てなくなり、最近はコンピューターを絵筆に変えて創作活動をおこなっておられます。今回の絵は無償で提供されたそうです。こうして、災害をきっかけにいろいろな人が繋がっていくということが、まだ「災害バネ」というエネルギーになるのでしょう。                       (村井雅清)                  〈〈相変わらずお米を集めています!〉〉 昨年7月4日に豪雨災害が発生し、9カ月が過ぎました。有難いことに、今でも被災地にお米をと送って下さる方が途絶えません。ほんとうに心から感謝致します。お米はほんとうに喜ばれます。仮設住宅を訪問していても、お独り暮らしの方々も「お米は自分で焚きます」という方ほとんどです。今後ともよろしくお願いします。【送り先】〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10 TEL078-574-0701被災地NGO恊働センター」まで(注)現金でもお受けしていますので、下記の方法でお申し込みください。その場合通信欄に「お米代」とご記入ください。*当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/2020kyusyunanbu/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 congrant.com/project/ngokobe/605・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「7月豪雨」もしくは「POSKO 」と記入して下さい。-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
「2020年7月豪雨水害に関する支援ニュース 第132報」 これまでも「POSKO個庫茶屋メンバー」(人吉市下薩摩瀬)の活動は何度も紹介してきました。今日は、その中の一つ被災家屋をボランティアで泥だしから再建まで成し遂げ、リフォームした「再生の家」に住むSさんをあらためて紹介します。この支援レポートで何度か触れましたように、昨年末からSさんはこの「再生の家」の2階に住むようになりました。豪雨水害で家が浸水し、家財道具はもちろん、長年大事にしてきたレコードのLP盤などもすべて流されたSさんです。しばらくその浸水した家の風呂場のタイルの上に布団を敷いて寝ていたのです。ここに住みだしてから、Sさんは仕事に行くようになり、夕方近くからはこの家の庭の花壇の手入れをしています。お家は再生されたのですが、庭は誰も手をつけず放置したままだったのですが、なんとSさんは“玄人はだし”というか、庭師のように見事に花壇を作り上げているのです。しかも、盆栽のように数種類もあるコケの栽培で、すき間がないほどぎっしりと敷き詰めています。災害後、何度かお会いし、ほんの少しだけ会話をする程度だったのですが、この庭についていろいろ聞くと、照れくさそうに、でも饒舌に解説してくれます。仕事が終わって、毎日庭の手入れをされることが日課になったようで、充実した日々を送っておられます。水害に遭った直後には歩道に座り込んで茫然自失となっていたとのことですが、全く想像ができないほどの豹変ぶりに、私も嬉しく思っています。これで、また同メンバーを訪問する楽しみが一つ増えました。        (村井雅清)                  〈〈相変わらずお米を集めています!〉〉 昨年7月4日に豪雨災害が発生し、9カ月が過ぎました。有難いことに、今でも被災地にお米をと送って下さる方が途絶えません。ほんとうに心から感謝致します。お米はほんとうに喜ばれます。仮設住宅を訪問していても、お独り暮らしの方々も「お米は自分で焚きます」という方ほとんどです。今後ともよろしくお願いします。【送り先】〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10 TEL078-574-0701被災地NGO恊働センター」まで(注)現金でもお受けしていますので、下記の方法でお申し込みください。その場合通信欄に「お米代」とご記入ください。*当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/2020kyusyunanbu/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 congrant.com/project/ngokobe/605・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「7月豪雨」もしくは「POSKO 」と記入して下さい。-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
「2020年7月豪雨水害に関する支援ニュース 第130報」 人吉市内には明治三十五年(1902年)創業、人吉球磨で最も古い味噌醤油醸造元「緑屋本店」があります。その店舗が今回の水害でおよそ4mの浸水により壊滅的な被害を受けました。「一騎しょうゆ・いつきみそ 緑屋」という屋号で、人吉市紺屋町にあるのです。この緑屋本店は、昭和40年の水害にも遭い、昨年の豪雨水害と同じ7月初めだったようです。(本社工場は再び水害に遭わないようにと別地に移転しています。) この紺屋町には、現在は使われていなかったのですが、同社の味噌蔵として稼働していた“石蔵”がありました。この石蔵が今回の水害で浸水したのです。明治の創業から約120年味噌を造り続けて来た石蔵、水害後の人吉の町おこしに役立てようといろいろな工夫を凝らしています。その一つが、この支援レポートで何度も紹介している「POSKO個庫茶屋メンバー」のリヤカーマルシェとの連携です。週一回石蔵の前の駐車場を使ってパンや野菜、陶器、花などを販売しています。石蔵のオーナーは、入り口でコーヒーやお茶を振る舞うという空間を、お洒落にアレンジして楽しんでおられます。そして何といっても最大の仕掛けは、この貴重な石蔵の空間を利用した「ミニ・コンサートホール」です。ここで音楽を聴きながらお茶を嗜むというひと刻は、実に至福の刻を満喫させてくれるでしょう!詳細は次号で。                              (村井雅清)〈〈相変わらずお米を集めています!〉〉 昨年7月4日に豪雨災害が発生し、9カ月が過ぎました。有難いことに、今でも被災地にお米をと送って下さる方が途絶えません。ほんとうに心から感謝致します。お米はほんとうに喜ばれます。仮設住宅を訪問していても、お独り暮らしの方々も「お米は自分で焚きます」という方ほとんどです。今後ともよろしくお願いします。【送り先】〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10 TEL078-574-0701被災地NGO恊働センター」まで(注)現金でもお受けしていますので、下記の方法でお申し込みください。その場合通信欄に「お米代」とご記入ください。*当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/2020kyusyunanbu/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 congrant.com/project/ngokobe/605・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO 0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「7月豪雨」もしくは「POSKO 」と記入して下さい。-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
「2020年7月豪雨水害に関する支援ニュース 第129報」 この支援ニュースで幾度なく報告しましたが、「POSKO球磨村復興協力隊」(代表:大谷知広)が、球磨村神瀬地区の村営住宅の壁に子どもたちが自由に絵を描くという「アートプロジェクト」を行いました。村営住宅はやがて解体されるのですが、その解体された跡地に第二弾のアートプロジェクトを企画しています。実は、まだ解体される前なのですが。すでに村営住宅のエリアにある道路の壁にすでにアーティストの方々が素晴らしい絵を描いています。 しかも、すでに豪雨水害後にこの神瀬に戻って暮らしている世帯が数件ありますが、そのお家の方が、少し高い位置にある擁壁をキャンバスとして提供して下さり、上から暖かく見守るようにその擁壁の絵の一つ一つが村営住宅を包み込んでいるように見えます。 発災から9カ月が過ぎ、当時のような惨状が神瀬地区全体に広がっているという事態は、山間部のじゃりが撤去され、まだまだわずかですが泥だしからリフォームへと向かっている被災家屋もありますが、少しずつ解消しているように思います。そうした神瀬地区の中心地に位置していた村営住宅に描かれている絵は、被災者の心を和ませていることでしょう。。(当NGOの機関誌「じゃりみち第120号~POSKO支援第2弾~」を参照) やがて村営住宅が解体されますが、その跡地にはどのようなアートが展開されるのでしょうか、楽しみですね。                      (村井雅清)  〈〈相変わらずお米を集めています!〉〉 昨年7月4日に豪雨災害が発生し、9カ月が過ぎました。有難いことに、今でも被災地にお米をと送って下さる方が途絶えません。ほんとうに心から感謝致します。お米はほんとうに喜ばれます。仮設住宅を訪問していても、お独り暮らしの方々も「お米は自分で焚きます」という方ほとんどです。今後ともよろしくお願いします。【送り先】〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10 TEL078-574-0701被災地NGO恊働センター」まで(注)現金でもお受けしていますので、下記の方法でお申し込みください。その場合通信欄に「お米代」とご記入ください。*当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/2020kyusyunanbu/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 congrant.com/project/ngokobe/605・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO 0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「7月豪雨」もしくは「POSKO 」と記入して下さい。※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
「2020年7月豪雨水害に関する支援ニュース 第128報」 被災地を車で走っていると、あちらこちらで菜の花が群生しています。その場所は今回の水害で浸水した畑や田んぼのようです。「皮肉なことに、水害で田畑に泥が覆い、土が肥えたのでしょうね」と言われます。「なるほど!科学的に証明された訳ではないが東日本大震災の被災地でも海底が津波で攪拌されたために、養殖には格好の栄養のある海底になったのだろう」とベテランの漁師さんが言っていたことを思い出します。 さて、前号で公費解体が進んでいるとお伝えしました。球磨村の神瀬地区のあるお寺は、球磨川沿いに建っているのですが、少し高く嵩上げをして建設したようですが、それでも本堂はぎりぎり床上浸水とならなかったのですが、隣にある庫裡(住まいの方)は少し本堂よりは低くなっているために床上浸水となりました。この庫裡は公費解体ではなく、お独り暮らしのここの住職さんとボランティアで泥だしをし、床板を剥がし、9ヶ月を過ぎてもそのままの状態です。この寺より数キロ下流に瀬戸石ダムがあり、今回の豪雨で大量の流木が貯まりあっけなくダム昨日は失い、「川は高い所から低いところへ流れるものだと思っていたら、低い方から上流のこの神瀬まで逆流してきたのよ!」という神瀬に住む女性の話。瀬戸石ダムがなければ、この寺も浸水しなかったのでは・・・・と思うのです。 幸い?大規模判定を受けたが、庫裡は一間一間がかなり広く、一般の家とは少し違った造りになっています。住職さんのお話では「うちの檀家さんはこの地区の山奥に住んでおられる方もいて、昔は祭事の時には歩いてここまで来られ、1泊してまた家に帰るという形だったので、大家族でも泊まれるように造り込んでいた」そうです。なるほど!と一つ勉強させられました。お寺さんの場合は、一般の被害宅より優先順位が後回しになるのか、庫裡を再建できるめどは今もたっていません。寺も、地域コミュニティの再建には欠かせない施設だと思いますので、早く再建できることを願います。            (村井雅清)〈〈相変わらずお米を集めています!〉〉 昨年7月4日に豪雨災害が発生し、9カ月が過ぎました。有難いことに、今でも被災地にお米をと送って下さる方が途絶えません。ほんとうに心から感謝致します。お米はほんとうに喜ばれます。仮設住宅を訪問していても、お独り暮らしの方々も「お米は自分で焚きます」という方ほとんどです。今後ともよろしくお願いします。【送り先】〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10 TEL078-574-0701被災地NGO恊働センター」まで(注)現金でもお受けしていますので、下記の方法でお申し込みください。その場合通信欄に「お米代」とご記入ください。*当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/2020kyusyunanbu/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 congrant.com/project/ngokobe/605・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「7月豪雨」もしくは「POSKO 」と記入して下さい。-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
「2020年7月豪雨水害に関する支援ニュース 第127報」  2月に被災地を訪問して以来、2ヶ月が過ぎてしまいましたが、先日4月3日より被災地を訪ねて参りました。氾濫した球磨川の流域にある球磨村渡地区、同地下地区は、少しずつですが公費解体が進んでいます。発災から7カ月が経った2月のときは、まだ直後の悲惨な家屋の姿がそのままだったので、正直やっと動きだしたのかなぁ・・・・・と。被災者の方々は、ほとんど仮設住宅に住んでいて、昼間はこうした元の家に戻って片付けをされているお家もわずかばかりおられます。自力でリフォームをされているのでしょう。人吉市内の被災家屋ではボランティアの姿を見ることはあるのですが、ここ渡や地下地区ではボランティアの姿は皆無です。竜巻にあったのかと錯覚をするような甚大な被害にあった茶屋地区は、今回も全くそのままで、将来の話はまったく出ていないようです。 私は、現地にいる間は毎朝球磨川の堤防と先述の集落の中を歩くのですが、冬の間は真っ暗なのです。今回は夜明けが早くなっていることもあり、何故か茶屋地区は歩くのが憚れるような、何とも言えない気持ちになりました。 集落の中を歩いていると、解体したお家に「あれっ?」という変化に気づきました。それは、公費解体した土地で畑を耕していたのです。「仮設にいても、何もすることがないので、一日ボーとしてるのよ」という話をよく聞きますが、こうして畑に出て花や野菜を育てると元気になることでしょう。こうした光景を見ると、新潟地震(2004)では仮設住宅に敢えて畑ができるスペースを設けたのを思い出します。被災自治体はどうして過去の事例から学ばないのか首を傾げます。 人吉市内の大柿地区で全壊被害にあったお家の奥さんは、いつもお邪魔すると元気に、笑顔で対応して下さるのですが、この間ご主人と二人で8ヶ月かけてリフォームし、やっと8割がた再建が終えたところで国交省から遊水池候補の話が出て来たために、先の見通しが立たずがっかりされていました。「もう雨露さえ凌げれば、どんな家でもいい。私はここに住みたいのです。この畑でなんでん、かんでん育てていて、メロンも栽培していたこの地を離れるのが辛いのです。ここにはいっぱい思い出があり、庭もコツコツ綺麗に創ってきたのよ・・・・・」と涙ながらに、訴えるように語ってくれました。 災害に遭うというのは、こうしてその土地で、季節の移り変わりを感じながら畑を耕し、米を栽培しながら暮らしてきたものをすべて喪うということなのだとあらためて気づかされました。 26年前の阪神・淡路大震災のときに、「災害って、これまであったいろいろなつながりが、ズタズタに切られること」と言われてことを思い出さざるを得なかった瞬間でした。                                  (村井雅清)〈〈相変わらずお米を集めています!〉〉 昨年7月4日に豪雨災害が発生し、9カ月が過ぎました。有難いことに、今でも被災地にお米をと送って下さる方が途絶えません。ほんとうに心から感謝致します。お米はほんとうに喜ばれます。仮設住宅を訪問していても、お独り暮らしの方々も「お米は自分で焚きます」という方ほとんどです。今後ともよろしくお願いします。【送り先】〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10 TEL078-574-0701被災地NGO恊働センター」まで(注)現金でもお受けしていますので、下記の方法でお申し込みください。その場合通信欄に「お米代」とご記入ください。*当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/2020kyusyunanbu/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 congrant.com/project/ngokobe/605・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「7月豪雨」もしくは「POSKO 」と記入して下さい。-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook