被災地NGO恊働センターの歴史

はじめに

1995年1月17日、阪神・淡路大震災は多くの犠牲者をもたらし、たくさんの人々の生活を一変させました。社会的に弱い立場の人が大きな被害を受けたことが特徴と言えます。  
 2011年3月11日、東日本大震災が未曽有の被害をもたらし、そして、阪神・淡路大震災でも問題となったことがまだ解決していなかったということを私たちに痛感させました。  
 被災地NGO恊働センターでは生きがい仕事づくりの「まけないぞう」事業やKOBEでの経験を活かした災害救援、足湯ボランティアに取り組んでいます。これらに取り組む中で、「自立とは支え合うこと」「人を救うのは人だ」ということに気づきました。  
 様々な検証・研究会へ参画し、提言・提案活動も行っています。私たちは自立を目指した、被災当事者自身が主体的に関われる形での協働を模索してしていきたいと考えています。市民が主役となり、主体的責任をもって関わる新しい市民社会を形成するために、それぞれの身の丈にあった恊働の働きをしていくと共に実践をする場を作っていきたいと思います。
犠牲者追悼の竹灯籠事務所の様子まけないぞう

被災地NGO恊働センターの歩み

 阪神・淡路大震災発生後の1995年1月19日に結成された、阪神大震災地元NGO救援連絡会議(代表・草地賢一)の分科会の一つとして、同年8月1日「仮設支援連絡会」として発足。
 翌1996年4月1日、「阪神・淡路大震災『仮設』支援連絡会」に改組し、分科会より独立。1998年4月1日より「被災地NGO恊働センター」と改称し、現在に至る。

過去の災害救援(国内)

1995年
1月17日 阪神・淡路大震災
1998年
8月 栃木・福島水害
1999年
6月 神戸・新湊川水害
6月 広島・呉水害
10月 岩手・軽米水害
2000年
3月 北海道・有珠山噴火災害
6月 伊豆諸島・三宅島噴火災害
3月 芸予地震
9月 高知県西部水害
2002年
7月 台風6号(栃木)
2003年
7月 宮城県北部連続地震
7月 九州豪雨
9月 北海道・十勝沖地震
2004年
7月 新潟・福井豪雨
10月 新潟県・中越地震
10月 台風23号水害(淡路島・洲本市)
2005年
3月 福岡県・西方沖地震
9月 宮崎水害
2007年
3月 能登半島地震
7月 中越沖地震
2008年
6月 岩手・宮城内陸地震
8月 金沢水害
9月 愛知・岡崎水害
2009年
7月 山口県・防府市水害
8月 兵庫県・佐用町水害
2010年
7月 山口県・山陽小野田市水害
2011年
1月 宮崎県・新燃岳噴火災害
3月 東日本大震災
8月 紀伊半島水害
2012年
7月 九州北部水害
8月 京都南部豪雨水害
2013年
7月 山口・島根豪雨
9月 福知山水害
2014年
8月 徳島・高知水害
8月 丹波市水害
8月 広島土砂災害
2015年
9月 東北・関東豪雨災害
2016年
4月 熊本地震


楠ヶ丘町長田佐用町 那智勝浦広島広島まけないぞう 丹波茨城県常総市での足湯ボランティア

過去の災害救援(海外)

※2002年までの海外災害救援活動は、逐次救援委員会を立ち上げ複数の団体で支援活動を行ってまいりました。2002年にCODE海外災害援助市民センターの設立により活動が引き継がれました。
1995年
5月 ロシア・サハリン大地震
1996年
2月 中国雲南省大地震
7月 中国南部4省で大洪水
10月 カンボジア大水害
11月 インド南東部ハリケーン被害
1997年
2月・5月 イラン大地震
5月~1998年1月 北朝鮮食糧危機
1998年
1月 中国河北省大地震
4月 アフガニスタン大地震
7月 パプア・ニューギニア地震津波
10月 ホンジュラス・ハリケーン被害
1999年
1月 コロンビア大地震
5月 ペルー水害
6月 メキシコ地震
8月・11月 トルコ大地震
9月 台湾大地震
12月 ベネズエラ水害
2000年
1月中国雲南省地震
2月 モザンビーク大水害
1月~8月 モンゴル大災害
9月メコンデルタ水害
9月 東海豪雨
10月 鳥取県西部地震
2001年
1月 エルサルバドル地震
1月 インド西部大地震
アフガニスタン救援
活動はCODE海外災害援助市民センター


アフガニスタンスマトラホンジュラス トルコイラン



被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン

明日から岩手の盛岡でまけないぞうなど被災地のクラフト販売会です。カワトクさんにはこの間ずっとお世話になっています。お近くの方はぜひお出かけください🥰🐘 ... See MoreSee Less

View on Facebook

今日は仕事納め!そして、恒例の事務所の大掃除😱腰が痛い、手が痛い、ホコリまみれ、ゴミだらけになりながら、1年の汚れをきれい洗い流しました😊今年も大変お世話になりました。来年もどうぞ、よろしくお願いします🐘🐘🐘 ... See MoreSee Less

View on Facebook

”脱原発ハンスト”ニュースVOL.871

*複数のMLに配信していますので、重複はご容赦下さい。

今年も残すところあとわずかとなって来ました。
今年も残念ながら災害が相次ぎました。福島第一原発事故からも9年近くが過ぎようとしていますが、
まだまだ被害を受けられた方たちは大変な状況です。
脱原発24時間リレーハンストも開始から7年の月日が経ちましたが、現在も継続中です。
年末年始みなさんお忙しいとは思いますが、参加者募集中ですので、よろしくお願いします。

☆ブログはこちら ~ http://blog.canpan.info/stopnps/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
~子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために~
………………………………………………………………………
VOL871(2019年12月26日)

 今年も残すところあとわずかになって来ました。残念ながら今年も各地で災害が多くなり、それぞれの被災地では、安心してお正月が迎えられることを心から願っています。福島第一原発事故では、9年近く経った今もなお、心からの笑顔でお正月を迎えられる人がどれだけいるのでしょうか…。
 
 昨日25日付の福島民友では東電復興本社の大倉誠代表のインタビュー記事を見ました。見てびっくりしました。なんと、そこに「最後の一人まで」という言葉を発見!その下りは裁判外紛争解決手続き(ADR)が訴訟に発展する動きがある中、今後の賠償の取り組みはどうなるかという質問に対して大倉代表は「時効を理由に賠償請求を拒否せず、最後の一人まで柔軟に対応する方針に変わりない。」と言っているのです。
 そもそも、裁判外紛争解決手続き(ADR)とは、訴訟手続きによらない紛争解決方法です。しかしながら、この間、東電の対応に不服として全国で1万2000人以上の原告が、訴訟を提起しているのです。この数字が示すものは、被害を受けた多くの方が、東電の対応に納得していないということです。大倉代表が「最後の一人まで」ということを主張するのであれば、こ れだけ多くの人たちに訴訟を提起されることはないでしょう。
 原発の被害を受けた人たち一人ひとりの人生にかけがえのないそれぞれの物語があるのです。私たちは阪神・淡路大震災直後から、「最後の一人まで」をモットーに支援活動をしてきました。最大公約数では最後の一人が切り捨てられるそういうことをしてはいけないということです。
 大倉代表は、この事故によって「原発さえなかったら」という言葉を残して自らいのちを落とした人、「福島の野菜はもうだめだ」と言っていのちを落とした人、焼身自殺した女性など、そんな人たちの気持ちを「最後の一人まで」聞いてほしいです。被害者がいまも避難生活を続け、いつかは生まれ育った故郷に帰りたいなど、「最後の一人まで」が納得できる生活を送れるように、真剣に対応するべきです。
 裁判外紛争解決手続きが訴訟に至らず、解決できた時が「最後の一人まで」対応できたことになるのでしょう。

 *年末年始いろいろ予定があるかと思いますが、リレー参加者を募集していますので、参加してみようという方は、ぜひご連絡ください。
                              (増島 智子)

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
東電復興本社・大倉誠代表に聞く 処理水…「風評は避け難い」
www.minyu-net.com/news/news/FM20191225-445567.php
(2019年10月25日 福島民友)
福島県産海産物「購入控える」2割 処理水放出なら3割に上昇
www.minyu-net.com/news/news/FM20191225-445551.php
(2019年12月25日 福島民友)

泊原発、放射性廃棄物を過少報告 30年越、実際の半分
www.minyu-net.com/newspack/KD2019122401002259.php
(2019年12月24日 福島民友)

12月、1月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************************
*昨日までのリレー仲間
12月19日(木)は宇田川(神奈川)、20日(金)は細川(NGO)、21日(土)は鈴木(川崎)、22日(日)は村井(NGO)、23日(月)は東條(神戸)、24日(火)は石塚(神戸)、25日(水)は大石(静岡)がつなぎました。

*今日のリレー仲間
本日12月26日(木)は、増島(NGO)の1名が行っています。

*明日のリレー仲間
明日12月27日(金)は、上野(NGO)の1名がつなぎます。

今後のリレー仲間
12月28日(土)鈴木(川崎)
  29日(日)募集中!!
  30日(月)東條(神戸)
  31日(火)募集中!!
1月 1日(祝・水)宇田川(神奈川)
   2日(木)鈴木(川崎)
   3日(金)募集中!!
   4日(土)募集中!!
   5日(日)募集中!!
   6日(月)東條(神戸)
   7日(火)募集中!!
   8日(水)大石(静岡)
***************************************

--
※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 被災地NGO恊働センター
   E-mail info@ngo-kyodo.org
   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702
   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10
 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/
【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO
 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/
 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
... See MoreSee Less

View on Facebook

東北から戻って約一週間が経ち報告が遅れましたが、事務所にはクリスマスプレゼント付きのまけないぞう用のタオルや岩手の🍎、友人からはクリスマスプレゼントが届いていたり、うれしい🐘🥰みなさんありがとうございます😘みなさん素敵なクリスマスをお過ごしください🎅 ... See MoreSee Less

View on Facebook

昨日は、ちびくろ救援ぐるうぷの仲間の市野さん(現:有宗さん)が働く日本学校の生徒さんたち(中国・ベトナム・ミャンマー出身)が防災について学びに来てくれました。災害のこと、NGOのこと、ボランティアのことみなさん熱心に話を聞いてくれました。市野さんこといっちーは日本語教師として活躍していますよ。 ... See MoreSee Less

View on Facebook

検証寺子屋を前に(第9回メッセージ)
 前号で芹田の「最後の一人」という思想は、阪神・淡路大震災に遭遇することによって、最後の一人の生存権の根拠を確信したと紹介した。それは「「我々の経験では、最後の一人の生存権の根拠は我々の人間としてのつながりにこそある。」ということであった。筆者はこのことを「似田貝の理論とも異なるものではないと思うが、特に災害被災地において一人ひとりの被災者に寄り添い、孤立させないという、支援者の根本姿勢は共通するものと言えるのではないだろうか?」と解説した。
 『自立支援の実践知』の序(はじめに)で、似田貝は「私たちは、支援者との対話を通じて、<生の固有性>という考え方を背後に持つこうした支援活動の要は、支援活動現場での、支援者と被災者の間の<語る—聴く>という関係行為にこそある、と考えるようになってきた。」と解説している。
 このことは、芹田の言う「人間としてのつながり」を築き、育んでいくのは、被災者に寄り添い孤立させないということであろう。この被災者と支援者との関係は<語る—聴く>という行為から始まるのではないか。もちろん、ボランティアとは「黙って傍にいること」という研究者もいるように、言葉を介してという意味合いだけではないと理解したい。語るは、目で語る、心で語るという表現もあり、聴くは、心の奥底からの叫びを聴くという意味でもある。
 故秦洋一(朝日新聞社の論説委員)は、当NGOの寺子屋で「大事なのは被災者を孤立させない人権運動である。」と語った。 当NGOが事務局を担ってきた「市民とNGOの『防災』国際フォーラム」でも「自立は支え合いから」と発信し、「寄り添いからつながりへ」とメッセージを届けてきた。こうして25年間の中での注目すべきキーワードをパズルを完成させるようにつなげれば、「人権運動として、災害時に被災者を孤立させないために、ボランタリーな支援行為によって、人と人がつながるということが、何をおいても大事なことだ」ということか。
 似田貝は、「支援活動の<生の固有性>という視点こそ、大震災の支援活動の最も特異な視点であった。それは、個々の人間の生存様式としての固有性に「こだわる」支援行為である。そして、この特異的な支援の基本思想は、「自立・自律とは『支え合いである』」という<実践知>に結実する。」
と結んでいる。
 さて、おかげさまで12月18日の検証寺子屋「『支援の実践知』とその検証」は定員オーバー気味なのでこれで申し込みは終了します。本番まで、あと6日となりましたが、この「検証寺子屋を前に」で投げかけてきたメッセージも参考にし、25年間の検証のエキスを抽出したいと思います。みなさま、楽しみにしています。では、12月18日にお会いしましょう。         (村井雅清)
... See MoreSee Less

View on Facebook