防災・減災プログラム

講演・防災・減災プログラムのご案内

ご依頼頂ける講演の内容例

只今このページは準備中です




被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
被災地NGO協働センターです。岩手を訪問した増島のレポートです。→ブログでぜひ写真もご覧下さい。miyagijishin.seesaa.net/article/490112180.html━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━「まけないぞう」がつなぐ遠野ものがたり  ……………………………………………………………今朝も快晴の遠野です。昨日で、岩手発手しごと絆フェアも終了しました。初日2日ほど雨に悩まされましたが、後半は暑いくらいの快晴でした!「毎年楽しみにしているのよ」「いつも何かひとつ買ってるわ」「ぞうが大好きだから、一目惚れしたこのぞうを連れて帰ります」「ぞうさん、かわいいから孫のプレゼントにするわ」などなどうれしいたくさんの声を聞くことができました!参加団体さんも「このカワトクさんの販売会が唯一の機会だからやめないでほしい。」やできてクラフトをお互いに眺めながらアドバイスや評価をしながら切磋琢磨しています。このイベントを企画してくれたのも、阪神・淡路大震災から応援してくれている東京大学の似田貝香門名誉教授、清水亮教授(東京大学大学院新領域創成科学研究科)が被災地支援の手作り品を集めて販売先を確保するために盛岡にある老舗デパートカワトクさんに声をかけてくれたのです。同時に会期中の応援スタッフとしてこちらも盛岡市内にある盛岡情報ビジネス専門学校の学生さんにもご協力いただきながら開催してきました。あれから、もう18回目の開催です。被災地の自立支援として各団体さんが手作り品や海産物の加工販売などをしていますが、11年齢経ったいまも自立するにはなかなか厳しい現実があります。被災地の人工も激減し、食堂などの店舗も経営が大変です。交流人口や滞留人口を増やして、少しでも被災地が活性化するような取り組みが今後も必要です。その一つとして「手しごと絆フェア」は一人でも多くの人に被災地の現状を発信できるツールです。これからもぜひ応援よろしくお願いします。-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
22日からスタートした第18回手しごと絆フェしア。晴天に恵まれ本日最終日です。最終日のみ17時までです。みなさんのお越しをお待ちしています。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
大槌町の作り手さんを訪ねました。みなさん元気で、タオルを預けると、「何もしないでぽーっとしているとボケッから、ぞうさんするといいねー」と。「ぞうさんが津波から一番長いお付き合いさせてもらってるね」と。makenaizoneの田中幸子さんが作って下さったお手紙と大阪の自敬寺さんからのマスクと一緒にお渡ししています。手紙をみながら「こうして、ずっとつながってくれていてうれしいね」と話してくれます。大槌町にある浪板海岸は今月の22日に津波から11年かけてやっと海開きができたそうです。一歩一歩着実に!まけないぞう😊🐘 ... See MoreSee Less
View on Facebook
今日からスタートした第18回手しごと絆フェしア。今日は生憎の雨でお客さんがまばらでしたが、テレビ岩手の取材が入り、まけないぞうのウクライナ、ロシア支援のことの取材してくれました。販売会の様子が明日のお昼前のニュースと夕方のニュースで流れるようです。岩手の方はぜひご覧ください!期間は7月22日(金)~26日(火)10時~19時(最終日のみ17時まで)みなさんのお越しをお待ちしています。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
明日からいよいよ第18回手しごと絆フェアが岩手県盛岡市のパルクアベニュー・カワトクで開催されます。期間は7月22日(金)~26日(火)10時~19時(最終日のみ17時まで)みなさんのお越しをお待ちしています。素敵な三陸の手作り品があります。まけないぞうももちろんありますよ🥰🐘今日はその準備をしていました!CODE海外災害援助市民センターのMOTTAINAIやさい便に売り上げの一部を寄付します! ... See MoreSee Less
View on Facebook
先週、日本財団主催の「災害に備えるワークショップ ㏌ 神戸市」に参加しました。基調講演は津久井進弁護士で「被災社ひとりひとりに寄り添う災害ケースマネージメント」についてのお話。「がまんしないで、”文句”を言って制度改善ができると、未来の人たちへの支援になる」という言葉が印象的でした。パネルディスカッションは頼政代表がファシリテーターで多言語センターFACIL山口さん、み・らいず2桝谷さん、津久井さんで「災害時、地域のNPOが果たす役割とは」について議論しました。それぞれが普段している活動が災害時にとても役に立つということとそれらが重層的につながることで一人一人がコーディーネーターで柔軟な対応・発想が大事だと!それがきっと最後の一人につながるんだな・・・。コロナ禍でも「ボランティアはとっても大事」と!! ... See MoreSee Less
View on Facebook
第18回手しごと絆フェアが岩手県盛岡市のパルクアベニュー・カワトクで開催されます。期間は7月22日(金)~26日(火)10時~19時(最終日のみ17時まで)みなさんのお越しをお待ちしています。素敵な三陸の手作り品があります。まけないぞうももちろんありますよ🥰🐘 ... See MoreSee Less
View on Facebook
CODE海外災害援助市民センターの2022年度寺子屋勉強会のご案内です。 ... See MoreSee Less
View on Facebook