団体概要

団体名称

日本語表記
被災地NGO恊働センター
英語表記
The NGO Collaboration Center for HANSHIN QUAKE Rehabilitation

事業内容(PDFファイルです)

2011年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2012年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2013年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2014年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2015年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2016年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2017年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2018年度 事業計画 予算 事業報告

決算

2019年度 事業計画 予算 事業報告

決算

2020年度 事業計画 予算 事業報告

決算

2021年度 事業計画 予算 事業報告

決算

運営体制

顧問 村井 雅清
代表 頼政 良太
総務部長  細川 裕子 
監事 橋口 文博(じゅうしん須磨寺)
河崎 紀子(阪神友愛食品(株))
運営委員 池田 啓一(都市生活コミュニティーセンター)
福永 年久(拓人こうべ)
岡本 千明

会則

コチラからダウンロードできます。(PDF)

事業ごと

災害救援事業
阪神・淡路大震災の際にKOBEは国内だけでなく海外からも多くの支援をいただきました。その時の「ありがとう」「困ったときはお互い様」の思いから災害救援活動がはじまりました。ボランティアは「なんでもありや」「最後の一人まで」をモットーに、様々な被災地の復興に携わりながら地域の自立を支える支援活動を行っています。
 海外の災害時には、「CODE海外災害援助市民センター」と連携し、活動を行っています。
寺子屋セミナー事業
災害救援やNGO、市民社会に関わる勉強会の「寺子屋」を年に数回開いています。講師を招き和やかな雰囲気のセミナーです!
 詳しい日程はMLなどで広報しています。
まけないぞう事業
 KOBEの「生きがい・仕事づくり」として1997年に仮設住宅の住民のアイディアから生まれました。全国から寄せられた新品タオルでぞうさんをかたどった手拭タオルを制作販売し、作り手の収入と生きがいづくりにつなげ、「手仕事を通して心の復興」を支援しています。
提言(アドボカシー)・ネットワーク事業
 活動から見えてきた課題を抽出し、行政や関係機関との協議の場を活用して、市民の立場からの提言をしています。
 また、ネットワークに関わり、情報交換を行ったり、協力して活動を行っています!
提言(アドボカシー)・ネットワーク事業
通信「じゃりみち」の発行
ホームページの充実
メーリングリストの活用
被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
「2021年8月豪雨(仮称)支援レポートー27」(武雄からの現地レポートです)佐賀へ出発する日、いつも被災地で活躍してくれるNGO号の洗車をして武雄市の被災地に向かいました。こちらはこの一週間日中は小春日和のような温かさですが、朝晩はぐっと冷え込みこちらも冬支度を迎えています。被災家屋はまだ修理中だったり、大工さんの順番を待っている状況です。中には、前回の水害の時からほぼ手付かずで今回もやっと家の中を片付けたから、再建のお手伝いをしてほしいと言う依頼がありました。おもやいの建築士が訪問してみると、床も壁もカビだらけ、床下の基礎も崩れ落ちるような状態で、3ヶ月にしてやっとボランティアが入るようなお宅もあります。水害家屋は外見からはなんの被害もなかったかのように見えるのですが、一歩家の中に入ると、壁や床がなく、家財道具一式被害を受けて何にもない状態の家が数多くあります。ウッドショックと言われるこの昨今材料も高騰し、手に入りにくく、工事は遅れる一方です。先日、訪問したお宅は、兄弟のお兄さんの自宅が被災し、大工の弟さんやおもやいの建築士も応急修理制度のサポートをしながら再建を進めています。2年前も被災し、前回新調した壁や床が今回も被害を受け、私も前回貼った壁材を剥がし、消毒を行いました。まだ真新しいい壁材を剥がすのはとても残念で複雑な気持ちです。お兄さんも傍らで作業を見守りながら剥がした壁材を運んでくれます。兄弟ともに「2年前とは違って体も思うようにいかなくなり、きついよ」と話しながら、体調に合わせて作業を進めています。各家庭で再建の進み具合は違います。一部屋一部屋順番に進められ、工事が終わると掃除をして、家具を新調したり、荷物を移動したり、細々とライフスタイルに合わせて生活環境を整えて行きます。買い物もままならない人たちには買い物の付き添いをします。支援物資の家財道具を届けたり、寒さ対策のための炬燵などの暖房器具、毛布や冬服など個人個人のニーズに合った配布などきめ細かい対応をしています。今年も残すところあとわずかで、気持ちも何となく気ぜわしくなっていますが、ここ佐賀の被災地ではまだまだ支援が必要な方たちがいます。みなさんのご協力お待ちしています。 (増島 智子)*当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/20218gatugou/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフーネット募金からも寄付できます。(クレジットカード・Tポイントで寄付できます) https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240004・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2021年8月豪雨」と記入して下さい。★マンスリーサポーター募集中congrant.com/project/ngokobe/632-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
今日でトライやるウィークが終了しました。海外の活動の話を聞いた日の感想をご紹介します。「海外での災害の復興内容では地震だけでなくハリケーンやサイクロンなど全部で、阪神淡路大震災で学んだ事を生かして耐震に関して多くとりくんでいる事がわかった。アフガニスタンの現状がすごく悪く、タリバンの考えは十人十色ではなく自分たちが正しくて自分たちに従う人たちは命の安全を与えられる。今の日本はあいまいな安全で昔より安全になったが、上に文句などを言ったところで聞き入れないところがあるので、あいまいな安全になっているのかなと思う。」アフガニスタンの現状から日本を「あいまいな安全」と表現しているところがすごいです!こちらがたくさんの教えをもらいました。お疲れさまでした! ... See MoreSee Less
View on Facebook
4日目のトライやるウィークは「まけないぞう」でした😊🐘まけないぞうが生まれた経緯と東日本大震災(今日は10年8ヶ月の月命日)での活動についての講義でした。実際にまけないぞうを作って、作り手さんの気持ちを感じてもらいました!出来上がりはやっぱ作り手さんに似てるなぁ😊💕 ... See MoreSee Less
View on Facebook
トライやるウィーク3日目。今日は海外の支援活動についてでした。質問形式の講義が面白いそうです😊 ... See MoreSee Less
View on Facebook
今日からトライやるウィークがスタート。中学2年生が「NGO」に関心を持ってくれています。今日のお題は「NGOとは?」です。「NGOで働いています!」ということが当たり前になるといいな🥰🐘 ... See MoreSee Less
View on Facebook
京都で「風の布パピオン 10th東北の手わざ展at風工房」にまけないぞうが参加します。新しいお家にお引越しできるといいな。3・11から10年8ヶ月の月命日11月11日から開催されます。「わすれてへんよ」の思いを持ち寄り集い、被災地に届けてくれます。お近くの方はぜひ、お寄りください! ... See MoreSee Less
View on Facebook