団体概要

団体名称

日本語表記
被災地NGO恊働センター
英語表記
The NGO Collaboration Center for HANSHIN QUAKE Rehabilitation

事業内容(PDFファイルです)

2011年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2012年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2013年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2014年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2015年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2016年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2017年度 事業計画 予算 事業報告 決算
2018年度 事業計画 予算 事業報告

決算

2019年度 事業計画 予算 事業報告

決算

2020年度 事業計画 予算 事業報告

決算

2021年度 事業計画 予算 事業報告

決算

2022年度 事業計画 予算 事業報告

決算

運営体制

顧問 村井 雅清
代表 頼政 良太
総務部長  細川 裕子 
監事 橋口 文博(じゅうしん須磨寺)
河崎 紀子
運営委員 池田 啓一(都市生活コミュニティーセンター)
福永 年久(拓人こうべ)
岡本 千明

会則

コチラからダウンロードできます。(PDF)

プライバシーポリシー

コチラからダウンロードできます。(PDF)

事業ごと

災害救援事業
阪神・淡路大震災の際にKOBEは国内だけでなく海外からも多くの支援をいただきました。その時の「ありがとう」「困ったときはお互い様」の思いから災害救援活動がはじまりました。ボランティアは「なんでもありや」「最後の一人まで」をモットーに、様々な被災地の復興に携わりながら地域の自立を支える支援活動を行っています。
 海外の災害時には、「CODE海外災害援助市民センター」と連携し、活動を行っています。
寺子屋セミナー事業
災害救援やNGO、市民社会に関わる勉強会の「寺子屋」を年に数回開いています。講師を招き和やかな雰囲気のセミナーです!
 詳しい日程はMLなどで広報しています。
まけないぞう事業
 KOBEの「生きがい・仕事づくり」として1997年に仮設住宅の住民のアイディアから生まれました。全国から寄せられた新品タオルでぞうさんをかたどった手拭タオルを制作販売し、作り手の収入と生きがいづくりにつなげ、「手仕事を通して心の復興」を支援しています。
提言(アドボカシー)・ネットワーク事業
 活動から見えてきた課題を抽出し、行政や関係機関との協議の場を活用して、市民の立場からの提言をしています。
 また、ネットワークに関わり、情報交換を行ったり、協力して活動を行っています!
提言(アドボカシー)・ネットワーク事業
通信「じゃりみち」の発行
ホームページの充実
メーリングリストの活用
被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
続々、物資をいただいています。本日は地元の西岸郵便局からも物資をいただきました。被災されながら地域の方のために活動しておられます!ありがとうございます!そのほか、Amazon欲しいものリストから購入いただいた物資や災害NGO結さんの広域ベースからもたくさんの物資をいただいています。昨日は穴水町で活動しているレスキューストックヤードさんからも缶詰等をいただきました。今日も在宅避難の方を中心にたくさんの方が来られ、みなさまからいただいた物資が喜ばれています。引き続き、ご協力をよろしくお願いします。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
Amazon欲しいものリストの物資が届いています!みなさま、ご協力ありがとうございます。引き続き、物資の募集しておりますので、ご協力よろしくお願いします!www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/148BJ39MYKC6S?ref_=wl_share ... See MoreSee Less
View on Facebook
「令和6年(2024年)能登半島地震救援ニュース」No.32毎日たくさんの人たちに支えられています。佐賀県からは(一社)おもいやいのメンバーがいつも拠点で活動を一緒にこなしてくれています。先日は谷永さんが毎日避難所の炊き出しをしてくれました。他にも阪神・淡路大震災のメンバーが親子で来て、家屋の片付けを手伝ってくれたり、障害者支援をしていた仲間が駆けつけてくれました。神奈川県からいつもマッサージに駆けつけてくれるMさん、ソフトな語りかけで被災者、ボランティアのみなさんの心と体を解きほぐしてくれます。西日本豪雨の被災地からは坂町の社会福祉協議会から軽トラックの貸し出しを受け、12時間も運転してきてくれたKさん、熊本地震をきっかけにつながったYさんは西原村から名産のシルクスィートとお米と焼き芋の機械を持ってくれました。 先日は、壮年団の人たちが、お正月にお雑煮を食べられなかったので、みなさんにお餅をふるまおうと、お餅つきをしてくれました。あっつあっつのつきたてのお餅にほっぺたが落ちそうになりました(笑) 他にも京都のパエリアレストラン「バラッカ」さんがパエリアの炊き出しを、香川県からは讃岐うどんを届けてくれました。被災者のみなさん心のこもった美味しい料理に舌鼓をうちました。みなさんありがとうございます。そんないま、被災地では避難所の統廃合が進みつつあります。せっかく仲良くなり、気心知れた頃に環境が変わることは、とてもストレスになります。避難所にも「暮らし」があるのです。「暮らしに仮はない」と阪神・淡路大震災で学んだ言葉。住み慣れた避難所閉鎖の話を聞いて、壊れかけた家に帰ることを決めた人もいます。余震があるたびに不安で、毎日眠れずに過ごしている人たち、家族関係にも微妙な影を落としはじめています。また当センターの拠点では、在宅避難者の方に物資をお配りしています。お隣の地域で活動している災害NGO結や、先日は福岡からグリーンコープさんが食料品などの物資をトラックいっぱいに届けてくれました。物資を並べるのが早いか、あっという間に在庫がなくなります。昨日は、片手に包帯を巻いた高齢の女性が物資をとりに来ました。話を聞くと地震で火傷して料理が作れないのでレトルト食品は助かりますとのことでした。40日近く包帯で固定していて、指が曲がらなくなり、リハビリもしないといけないそうです。物資を取りに来た方の声です。「半壊なのか???酷いけど。少しでも修理代が欲しい」「片付けにはやはり多くの方のお力が必要です。前に進むために助けてください。お願いいたします。」「片付け方がわからない」「アイラップ、生野菜うれしいです」「年金暮らしは老人は再建するお金もない」「一部損壊だがなんとか家にいます。ただ職場が和倉なのでいつ再開するか目途がなく不安です」「水が使用できるのを待っています。洗濯は他へ行ってしているので、早く水がほしいです」「断水が続いており、食生活を整えるのことが難しくなっています。」「家が傾いていて、隙間風で寒い。」こんな声を聞きながら、支援活動につなげて行きます。まだまだ支援が必要です。ボランティアも足りません!みなさんご支援よろしくお願いします。 (増島智子)*私たちの活動は、日本財団「災害発生前後の初動期に関する支援活動」助成を頂き活動しています。*私たちの活動は、CivicForceのパートナー協働事業に支えられ活動しています。  www.civic-force.org/info/activities/earthquake202401/20240130.html引き続き現地からの情報を発信していきます。ブログはこちら→http://ngo-kyodo.org/2024noto/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフー募金でもご寄付いただけます。 https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240008・郵便振替口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2024年能登半島地震」と記入して下さい。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
「令和6年(2024年)能登半島地震救援ニュース」No.31被災地では、少しずつ水道も復旧が進んでいます。当センターが拠点を置く七尾市中島町でも通水したという話を聞きます。けれど、水が通っても配水管が地震の影響で割れているなどの損傷を受けていて、「トイレやお風呂が水浸しになった」、「膝まで水に浸かってしまった」というお宅もあります。また、下水管も同じような状況で水が流れても排水ができない状況です。当センターの拠点も同じで、急きょ小牧壮年団の中の北豊弥さんが駆けつけて配水管を直してくれました。やはりこちらも、下水管が割れていたため、応急処置をして改めて重機を入れて掘り起こす作業が必要になりました。また、先日は能登島のひょっこり温泉に物資をお届けに行ってきました。一緒に行ったのはこの地震で現地スタッフとして一緒に活動することになった元地域おこし協力隊の石坂智子さんです。石坂さんについては、後ほど詳しくご紹介します。 こちらの温泉もやはり水はでません。しかし、地震直後も島内に残された観光客のために避難所を開設し、現在は毎日500人の方に無料でお風呂を開放し、洗濯機も設置して、被災者の方が洗濯できるようにしています。その施設のお休み処に物資を置くスペースを設けてもらい、被災者の方に配って頂いてます。みなさん水が出ないので、紙皿や紙コップ、レトルト食品も人気です。1ヶ月も避難生活が続き、仕事や家の片付けなどでくたくたの被災者のみなさんは食事を作ることをままならず、「食事を作る気になれず、炊き出しは助かる。レトルトのものも簡単でいいわ」などの声をよく耳にします。 そして、昨日は東日本大震災の被災地宮城県から夜中車を走らせ、炊き出しに来てくれたスマイル商店の川名さんたちがナポリタンとパンケーキを提供してくれました。麺の太さ2.1ミリに焦がしたケチャップがまとわりつき、口の周りをケチャップで真っ赤にしながら笑顔がはじけました!パンケーキのお店もあまりないということで、大好評でした。 みなさん応援ありがとうございます!引き続きよろしくお願いします。(増島)*私たちの活動は、日本財団「災害発生前後の初動期に関する支援活動」助成を頂き活動しています。*私たちの活動は、CivicForceのパートナー協働事業に支えられ活動しています。 https://www.civic-force.org/info/activities/earthquake202401/20240130.html引き続き現地からの情報を発信していきます。ブログはこちら→http://ngo-kyodo.org/2024noto/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフー募金でもご寄付いただけます。 https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240008・郵便振替口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2024年能登半島地震」と記入して下さい。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
令和6年(2024年)能登半島地震救援ニュース」No.30 当センターの拠点では、七尾市中島町小牧を中心に家屋の片付けを始めています。土日は小牧壮年団の有志の人たちが、お手伝いしてくれています。平日は仕事、土日は地域のために休みなく動いています。当センターも能登半島地震からのお付き合いですが、十分過ぎるくらいのサポートを頂いています。  2月6日現在、家屋被害は七尾市だけでも12,083戸で、石川県全体では52,337戸に及んでいます。 片付けは、屋内では剥がれ落ちた壁の片付けや、散乱した家財道具の撤去・整理、家財道具の搬出、掃除などです。割れたガラスや食器などを片付けています。地震により一変した家屋を前に、不安しかないまま1ヶ月が過ぎ、ボランティアの手によって、少しずつ片付けが進むと「不安でどうしようもなかったけれど、みんなに助けてもらってよかった」と思わず、涙ぐむ被災者の方もいます。 散乱した台所を片付けた後には、「昨日はお父さんの93歳のお誕生日だったから、きれいになったキッチンでお魚を焼いてお祝いしよう!」と喜んでくれました。 不安の中にも少しずつ光が差し込んでいます。 各家庭から出た不要になった家財道具は、七尾市の集積場まで運ばなければなりませんが、とても遠く時間がかかります。小牧地区では地域の方が提供してくれた仮置き場に一旦各家庭から出た不要なものを仮置きし、土日に小牧壮年団の人たちが大型トラック数台で集積場まで運んでいます。 一度の搬出に3時間ほどかかります。みなさん休みを返上しての対応に頭が下がります。 メンバーの中には、自らも被災しながら、ガソリンスタンドを経営し、被災地のために日々エネルギーを供給している人もいます。それは249号線の中島駅付近にある「今村石油」です。そのスタンドには、この地域で有名なお熊甲祭(おくまかぶとまつり)をモチーフにした絵が飾ってあります。このお祭りは、石川県七尾市中島町宮前に鎮座する久麻加夫都阿良加志比古神社(くまかぶとあらかしひこじんじゃ)の例祭です。この絵は、2度の震災でも壊れなかったそうです! ぜひ、お近くを通った際には、この貴重な絵を見ながら給油してくださいね!  また、当センターの拠点では、(一社)おもやい、SEMA(緊急災害対応アライアンス)、災害NGO結など多くのみなさんからから頂いた物資を被災者のみなさんにお配りしています。「自宅は不安だけど、避難所には物資を取りに行きにくい」「寝るところだけ確保して、生活しています。こんなに物資をもらえて助かります」「まだ、水がでないので、簡易トイレや飲料水、使い捨て容器は助かります」「レトルトの親子丼はうれしい」など、週末になると一日約30人ほどの方が来てくれています。取り揃えている物資もだいぶなくなり、補充しないと追いつかない状況です。 物資をお渡しながら、被害状況などを把握し、ニーズにつなげていきたいと思います。 引き続き、ご支援よろしくお願いします。 *私たちの活動は、日本財団「災害発生前後の初動期に関する支援活動」助成を頂き活動しています。*私たちの活動は、CivicForceのパートナー協働事業に支えられ活動しています。  www.civic-force.org/info/activities/earthquake202401/20240130.html引き続き現地からの情報を発信していきます。ブログはこちら→http://ngo-kyodo.org/2024noto/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフー募金でもご寄付いただけます。 https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240008・郵便振替口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2024年能登半島地震」と記入して下さい。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
「令和6年(2024年)能登半島地震救援ニュース」No.29学生ボランティアからの、活動レポートです。1/27(土)は在宅避難をされている方のご自宅の片付けを、おもやいさん、災害NGO結さん、チームこのへんさんと一緒に手伝いました。崩れた壁や家具を取り出し、部屋を掃き雑巾がけをしました。お母さんは最後に片付いた部屋を見て、「前よりも綺麗になった~!」と嬉しそうに抱きしめてくださいました。倒れた棚の中には使うことのできる物などもあり、最初は多くの物を見て「捨てよう」と仰っていましたが、やっぱりもう少し考えられるそうです。「近くのコミュニティセンターでどんな活動をしているの?」と聞かれたので、足湯ボランティアのお話をすると、寝たきりの旦那さんと自分自身もお風呂に入れていないからぜひ家でも足湯をしてほしいとのこと。在宅の方への出張足湯隊をすることになりました。避難所での足湯だけでなく、このようにその場に来ることのできない方々に向けて、それぞれ個別のお宅での足湯の活動も今後もっとしていけたらな、と思いました。(島村)*私たちの活動は、日本財団「災害発生前後の初動期に関する支援活動」助成を頂き活動しています。*私たちの活動は、CivicForceのパートナー協働事業に支えられ活動しています。  www.civic-force.org/info/activities/earthquake202401/20240130.html引き続き現地からの情報を発信していきます。ブログはこちら→http://ngo-kyodo.org/2024noto/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフー募金でもご寄付いただけます。 https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240008・郵便振替口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2024年能登半島地震」と記入して下さい。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
「令和6年(2024年)能登半島地震救援ニュース」No.28 地震から1ヶ月が経ちました。いまだ、被災地では、断水が続き、災害救助法によるお弁当は届いていません。避難住民やボランティアによる炊き出しにも疲労の色が濃くなり、カップラーメンやレトルト食品ですませている避難所もあります。中には下水が壊れているために、カップラーメンの汁を飲み干したり、お湯を少なめにして食べるなどしている避難者もいるそうです。  そんな中、先日静岡県に本拠地を置く「はままつna net」のみなさんがラーメンの炊き出しにきてくれました。一昨年、静岡で発生した台風15号の水害でもお世話になりました。 ラーメンを提供してくれたのは、その地元のラーメン店の2店舗がコラボした、スペシャルラーメンでした。その提供してくださった方も被災経験があり、被災したときに炊き出しで食べたラーメンの味が忘れられなかったそうです。そしてまた、こうして被災地にわざわざ足を運んで、被災者に記憶に残る味を届けてくれています。 柚子を聞かせたメンマや”浜松コーチン”の鳥チャーシューなど、能登半島のみなさんもお代わりをするほど美味しいと舌鼓を打っていました。 また当センターの拠点整備も少しずつ進んでいます。ローテーションを組んで佐賀県からサポートを続けてくれている(一社)おもいやのメンバーが物資配布の場所を整備してくれました。 被災者の人たちも、少しずつですが、物資を取りにきてくれています。特に在宅避難者の方には、物資が届きにくく、きた人たちは、「こんなにもらっていいんですか?いろんなものがあるし、避難所には取りに行きにくいので、助かります!」と好評です! お子さん連れのお母さんも来てくれました。急遽子どもたちのためにベビー用品を扱う「ピジョン」様から物資を提供して頂きました。子どもたちはたくさんの笑顔を私たちに届けてくれました! そして、奥能登で活動する金沢市や小松市など地元の団体のみなさんが物資を取りにきてくれました!  たくさんの支え合いから 生まれたこのラーメンや物資がここ能登半島の被災地に届けられています。みなさん本当にありがとうございます!引き続きご支援よろしくお願いします。*私たちの活動は、日本財団「災害発生前後の初動期に関する支援活動」助成を頂き活動しています。*私たちの活動は、CivicForceのパートナー協働事業に支えられ活動しています。  www.civic-force.org/info/activities/earthquake202401/20240130.html引き続き現地からの情報を発信していきます。ブログはこちら→http://ngo-kyodo.org/2024noto/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフー募金でもご寄付いただけます。 https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240008・郵便振替口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2024年能登半島地震」と記入して下さい。-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
「令和6年(2024年)能登半島地震救援ニュース」No.27 間もなく、一ヶ月近くなる被災地では、まだ断水が続きお風呂に入れない人も多くいます。洗濯はもちろん、食事も簡単なものやレトルト食品などに片寄っているようです。 避難所では、災害救助法に基づく食事や布団などの配給もほとんどありません。自衛隊による炊き出しもほぼありません。避難住民やボランティアによる炊き出しがほとんどで、避難住民は疲労困憊で、ボランティアはなかなか来てはくれないので、避難所で、炊き出しがない時は、支援物資のレトルト食品に頼るしかありません。高齢者の中には、「カップ麺はあまり好きではないんだけれど・・・」という人もいます。 それでも、少しでも避難所の環境をよくするために、ダンボールベッド、ウレタンマット、空気清浄機などの導入を行っています。 阪神・淡路大震災で学んだ「暮らしに仮りはない!」ということを少しでも被災地で実践できればと、みなさんにご協力頂きながら活動しています。 体育館に避難所では、鉄の大きな扉があり、お年寄りではなかなか開閉が難しく、ビニールカーテンを設置しました。みなさん「これなら、出入りが楽になる」と好評です。 先日は、風組関東の小林さんが灯油ボイラーによる温水循環式足元暖房システムを設置して頂きました。また、ご提供頂いたプチルームは更衣室や授乳室として設置しました。 空気清浄機は、小さなお子さんがいる避難者の方には、喜ばれました。それでも避難しているお子さんが胃腸炎になり、他の子どもにうつさないようにと地震で被害を受けた自宅戻り、眠れぬ夜を過ごしている人もいます。 まだまだ不自由な避難生活は続いてます。(増島智子)*私たちの活動は、日本財団「災害発生前後の初動期に関する支援活動」助成のご協力を頂き活動しています。引き続き現地からの情報を発信していきます。ブログはこちら→http://ngo-kyodo.org/2024noto/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフー募金でもご寄付いただけます。 https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240008・郵便振替口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2024年能登半島地震」と記入して下さい。 ... See MoreSee Less
View on Facebook