寺子屋勉強会

2019年度の寺子屋のテーマ

阪神・淡路大震災25年、「いま」を担う世代と振り返る
〜ボランティアは社会を変えることができるのか〜
阪神・淡路大震災から2020年1月17日で25年を迎えます。この25年を振り返れば、大きな災害から小さな災害まで、数多くの災害が起きた25年であったように思う。こうした災害のたびに、増え続ける災害関連死、避難所に行くことができず自宅にとどまるしかない障害者の課題、災害時要援護者の救助、子どもたちへの心のケア、言葉がわからず制度による支援が受けられない外国人への対応、避難所の中に更衣室や授乳室がないなど女性に関わる問題、被災したことにより居場所がなくなるLGBTの方々…など様々な課題が繰り返し問題となり、どれも十分に解決されないままに現在を迎えているのではないだろうか?25年という節目に改めて、将来を担う「将来世代」とともに、どのようにこうした課題に向き合っていけば良いのか以下の3つの切り口で議論しながら、少しでも課題が解決し、より良い社会を将来に残せるように取り組んでいきたいと思います。

▼阪神・淡路大震災25年の検証

阪神・淡路大震災を経験していない世代を中心に、そのほかの災害や日常生活の中での気づきや感じることなどを出し合いながら、ボランティアの視点で、阪神・淡路大震災から学ぶべきものは何か、将来に残して行くべきものは何かを議論する。

▼個別の課題についてのテーマ討論

阪神・淡路大震災25年の検証の中で出てきた個別のテーマ(例:災害関連死、障害者が避難しやすい避難所…など)について、ゲストをお呼びして討論を行う。ここでの討論をふまえて阪神・淡路大震災25年の検証へとつなげる。

4月22日の会を受けて、各回のテーマを設定。5月から月1回程度で実施。

▼海外での経験と国内の経験の共通点とは?

CODE未来基金のフィールドワークを経験した若者たちとともに、海外の被災地で学んだ大切なことは、どういったものなのか?それは国内の経験とどのように違うのか?共通点はあるのか?を議論する。CODEが行なってきた支援の中で大切にしてきた、「痛みの共有」「学び合い」について議論を深め、その意味について将来世代とともに、どのように未来へつないでいくのかを話し合う。

次回の寺子屋セミナー

◆「最後の一人まで」は実現できるのか?鳥取県災害ケースマネジメントの事例から
8月8日(木)18:30〜20:30
場所:起業プラザひょうご セミナールーム(http://www.kigyoplaza-hyogo.jp/#map)

講師:白鳥孝太氏(鳥取県県民活動活性化センター)

参加費:1000円

お申し込みはコチラ
*終了後、希望者のみで懇親会を行います。

昨年度の寺子屋セミナー

第1回「災害ボランティアセンターの変遷とその役割」
福島真司さん(兵庫県社会福祉協議会)

第2回「災害時の中間支援組織の役割」
飛田敦子さん(認定NPO法人コミュニティ・サポートセンター神戸)

第3回「被災者に向き合う法・制度とは?」
津久井進さん(一人ひとりが大事にされる災害復興をつくる会)

第4回「災害時の障害者支援の現場から」
八幡隆司さん(NPO法人ゆめ風基金)

第5回「ボランティア2年目とは?」
池内麻菜実さん(神戸学院大学学生)
宮本匠さん(兵庫県立大学減災復興政策研究科講師)
村井雅清(被災地NGO恊働センター顧問)

過去の寺子屋セミナー

2017年度の寺子屋

第1回寺子屋 6月21日(水)
地域おこし協力隊から農業支援へ
河井昌猛さん(西原村百笑応援団)
第2回寺子屋 7月24日(月)
まちづくりにこだわって被災地に関わり続ける
宮定章さん(認定NPO法人まち・コミュニケーション)
第3回寺子屋 8月18日(金)
これからのソーシャルセクターを担う若者たちへ
大福聡平さん(NPO法人しゃらく)
第4回寺子屋 9月27日(水)
教育にこだわり活動を展開する
中山迅一さん(NPO法人まなびと)
第5回寺子屋 10月27日(金)
被災地に飛び込み仕事として復興に貢献する
斉藤誠太郎さん(一般社団法人ISHINOMAKI2.0)
第6回寺子屋 11月27日(月)
僧侶として、住民として被災地に関わるとは?
鈴木隆太さん(東禅寺副住職)
第7回寺子屋 12月8日(金)
新たな地産地消エネルギーに挑戦する
井上保子さん(株式会社宝塚すみれ発電所)
第8回寺子屋 1月31日(水)
もう一つの生き方・働き方を生み出す社会とは?
山口一史さん(ひょうご・ひと・まち研究所)

2016年度の寺子屋

農業について学ぼう〜時にはアホになってみよう〜
講師:尾澤良平さん
「NGOで働くとは」~もう一つの生き方・もう一つの働き方~
講師:今中 麻里愛さん
番外寺子屋 熊本地震の「今」を語り合う
~阪神・淡路大震災から22年のKOBEから続ける支援~

講師:鈴木隆太/寺本わかば/丸山真実

2015年度 アクションプランの実現に向けて

第1回「5年目の福島と向き合い、水俣から学ぶ」
講師:谷洋一(アジアと水俣を結ぶ会事務局長)
第2回「阪神・淡路大震災から20年 災害ボランティアのその後」
講師:林大造(神戸大学学生ボランティア支援室)/岡本芳子(たつの女性が担う地域防災塾)/頼政良太(被災地NGO恊働センター)
第3回「障がい者について学ぼう」
講師:凪裕之・井奧裕之(Beすけっと)
第4回「阪神淡路大震災の取り組みを契機に見えたこと、NPO、NGOに関わって」
講師:市川斉(シャンティ国際ボランティア会常務理事)
番外寺子屋「大阪W選から見て、神戸市政を考える」
講師:林大造(しみんマニフェスト大阪UP)

寺子屋セミナーって??

「寺子屋」は江戸時代の初等教育を担っており、お寺は学びの場であるとともに、駆け込み寺や生活相談所でもありました。
今後の災害ボランティア、そして社会のためには、「寺子屋」的な機能を持つことが大切ではないかと考えました。
被災地NGO恊働センターは、震災前までは居酒屋だった民家を事務所にしています。この空間で、アットホームで気軽に参加でき、講師とも交流を深められる学びの場をつくっていきたい……そんな想いで、手作りのセミナーを開催し始めました。どなたでも参加できますのでお気軽にお申し込み下さい。

被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン

当センターの機関誌「じゃりみち」の号外です。
連続した豪雨災害に対してご支援を頂きまして、誠にありがとうございます。引き続きご支援をよろしくお願い致します。
... See MoreSee Less

View on Facebook

検証寺子屋12月18日を前に、第4回メッセージ
 さて前回に続いて次のキーワードである「十人十色」について解説したい。『自立支援の実践知』(2008、東信堂)によると、私が災害直後の多彩なボランティアの様相から、「ボランティアってほんとうに十人十色ですよ!」と言ったことから、似田貝香門はこの言葉にこだわったと知った。
 そもそも阪神・淡路大震災までの2年と11か月、私は神戸市の長田区でオーダー靴の製作に没頭していた。オーダー靴にはまったのは、近藤四郎さんの『足の話』(岩波新書)を読み、なんと人の足は神秘的で、魅力的なのかと思ったからである。何度も人の足に履かせる靴と向き合っているときに、「なんと人の足は、十人十色なのか?」と気づかされたことから始まる。
 特に阪神・淡路大震災後、私がスタートしたボランティアグループには、偶然不登校の中・高生や大学を中退した学生、そして会社人を止めてKOBEに来た人、年齢も下は小学生から、上は80歳を超える強者のおばあちゃんと、ほんとに十人十色だった。その十人十色の織り成す人間模様と言うのは実に面白いし、ワクワクする。それとなく、誰もがお互いをさりげなく気遣い、また支え合う。似田貝香門は、支援の現場から次のように解説する。
 
 -多くの場合、手に負えないとか、無理だと思ったら、その〈声〉に応答できず、あるいは応答せず、その人との関係を無視するか、切ってしまう。最悪の場合、排除し、差別してしまうことがある。しかし、同じボランティア仲間の人がその〈声〉に対応できる。ということを知ったならば、その人はその被災者との関係を切らなくてすむ。私は出来ないけれど、他の仲間なら出来る。これは支援活動にとって非常に重要なことだ。「個としての限界があるから発信できるし、自分と向き合う」と村井さんはいう(2008・8・21)」と。-(同著、286p)

こうした支援者相互の支え合いによって、被災者に寄り添うこともできた。故大賀重太郎が遺した大切な言葉である。「大事なことは関系を切らない」ということは似田貝香門の実践からも教えられたが、正直実践し続けるのは難しい。しかし、人間誰もがこの「弱さ」を秘めているように思う。金子郁容は、「ボランティアは、ボランティアとして相手や事態にかかわることで自らをバルネラブルにする」(バルネラブル=傷つきやすさ)という。(続く)   (村井雅清)
... See MoreSee Less

View on Facebook

検証寺子屋12月18日を前に・・・。(第3回メッセージ)
  『自立支援の実践知』(2008、東信堂)で、結果的に研究の対象になった私の発言の一つはは「何でもありや!」であったことは前号でお伝えした。もう一つの「十人十色」「バラバラで、(なお)一緒」そして追加した「最後の一人まで救う」は、すべてが支援の実践知として地下茎でつながっている。
ヒアリングにおいて当NGOを担当した西山志保(現・立教大学教授)は、前述の『自立支援の実践知』において、「何でもありや!」について次のように解説している。
  ―全国から集まった多様なボランティアは、行政の指示や規範・ルールに縛られることなく自らの意思やモラルに基づいて判断し、多様な行動を展開した。そしてこのことが、一括りにできない被災者の多様なニーズを排除することなく、対応することができた状況を生み出したという。こうした状況を、村井さんは、「なんでもありや!」と表現する。―と。

被災者の多様なニーズとは、「十人十色」につながる。そもそも人間は一人ひとり顔が違うし、考え方も、感性も違う。被災者を一括りにしてはいけない。一方支援の側のボランティアも十人十色だ。お互いが十人十色であるから、被災者支援にモレ、ヌケ、オチが生じないということだ。しかし、私の言う「何でもありや!」は例外がなく、ほんとうに何でもありなのかという難問は未だに解決していない。似田貝香門は同著「8章 (一人の人として)をめざす支援の実践知」において、以下のように解説されている。
   - 被災者の「自分らしく生きたい」と望む<生の個別性>は、多様に存在する。人の生は多様である。生の多様性として受け取る支援者側もまた多様であることが不可欠となる。しかしいろいろな要望が目の前に現れたときに、それを全部受け入れることは不可能である。どこかで<限界>がある。こうした限界は、<個の有限性>と呼ぶ事態である。一人では自分をいくら変え、自己複数化しても単独者としては限界がある。 つまり有限性という、個の人間としての限界である。自己の限界を受け入れることが他者のふるまいを認めることになり、それが「多様性」を認識することになる。-と。
 「何でもありや!」と「十人十色」の関係性を解くヒントはここにあるだろう。(続く)                                            (村井雅清)
... See MoreSee Less

View on Facebook

検証寺子屋12月18日を前に、(第2回メッセージ)
 検証寺子屋「『自立支援の実践知』とその検証」は12月18日(水)午後6時半より当センターで行いますが、このタイトルの由来の一つは、似田貝一門が当センターを含む3団体をヒアリングした途中2008年2月に『自立支援の実践知-阪神・淡路大震災と共同・市民社会』(東信堂)という本を上梓されたことからつながっています。この本の第8章(ひとりの人として)を目指す支援の実践知の中で「7、村井雅清さんの実践的な言葉」として、「わずらわしさ」「何でもありや!」「十人十色」「バラバラで、(なお)一緒!」「耐える」という言葉をとり上げています。中でも、この24年間特にブレずに言い続けている言葉が、「何でもありや!」「十人十色」「バラバラで、(なお)一緒」です。加えて、25年を前にして私が最近特によく発する言葉は、「最後の一人まで救う」「補完性の原理」の二つです。まず「何でもありや!」というのは、災害時においてボランティアに対して、「あれダメ!」「これダメ!」というダメ出しをするのではなく、何でもありや!でいいじゃないかということから発したものです。阪神・淡路大震災では、1年間で約138万人のボランティアが全国からかけつけ、そのうちの7割はそれまでボランティアなんかしたことがないという、いわゆる”若葉マーク“の
初心者ボランティアだったのです。そのうちの6割ほどは20代の若者だという現象でした。
 この7割の初心者ボランティアは、誰かに指示される訳でもなく、自分で考え、行動したのです。このことは後に神戸新聞の社説でも書かれました。実に多彩な活動を展開し、行政ならばできない、一人ひとりの被災者に寄り添って支援活動を展開したと言えます。例えば、仮設住宅で出会ったたった一人の糖尿病患者さんのために、管理栄養士さんにレシピを作成してもらい、週2回ほど糖尿病食を届けています。行政ならば、たった一人のために支援の手を差し伸べることはできません。また、洗濯ボランティアというのもありました。今でも災害ボランティアセンターからのニーズで、ゼロではないでしょうが「洗濯ボランティア」なんて聞いたことがありません。簡単なことで、電気も、水も使えないために洗濯ができない。じゃあ2~3日預かって洗濯をさせて貰って、また届けるというボランティアって出来るんじゃない!という単純な発想からのアイデアなのです。このように、自由な発想で、創造力を活かして被災地を歩けば、何でもできるなぁ!と思うようになるようです。こうした初心者の活動を見ていて「何でもありや!」でいいじゃないかと思ったのが、発話のきっかけです。(続く)村井雅清
... See MoreSee Less

View on Facebook

「おたがいさまバス」が今日の毎日新聞に紹介されました。被災地近隣でボランティアをお考えの方ぜひご利用ください。同時に募金も募集中です!よろしくお願いします。 ... See MoreSee Less

View on Facebook

「2019・10 台風19号に関する災害支援救援ニュース No.14」

 台風15号、19号、21号と続き、特に千葉には想像以上の豪雨となり、甚大な被害となってしまいました。すでに本レポートNO.9において触れていますが、公式に台風19号が「非常災害」に指定されました。しかし、その後の台風21号でさらに悲惨な事態になっている地域もあり、他方台風15号、19号の被害の上に覆い被さるように災害が襲い掛かってきた被災地もあります。これほどの大規模災害になっている以上、3つの被害を合わせて一括して、「常災害」指定をするべきではないのかと強調したいですね。さらに、建物被害の9割が一部損壊にとどまるのではないかという報道もあり、この機会に特別措置ではなく、生活再建支援法の見直しをして頂きたいものです。
 ところで、今朝早朝のテレビのニュース番組で、「とにかくボランティアが不足している」と関係者が訴えていました。福島県いわき市の被災地に入っているピースボートのスタッフは、支援対象が600世帯にもかかわらず、昨日のボランティアは130人しかいないという厳しい状態だと訴えています。
 何度も何度も繰り返し呼びかけるのも恐縮ですが、是非可能な限り、一人でも多くの人たちがボランティアに行きましょう!当センターは、数日前から被災地までのボランティアの「足」を確保するために、「おたがいさまバス」を走らせています。すでに長野市北部の被災地に、おたがいさまバスが走ります。
 初期の頃から長野市豊野地区に支援に入っているRSY(本部:名古屋)の現場からレポートを拝見すると、被災者の声が紹介されていますが、やはりボランティアが被災者に寄り添うことで被災者が元気になることが見てとれます。一方で1階の天井まで浸水し、リンゴ園も全滅、納屋に入っていた農機具やトラックも被害を受け、途方に暮れている被災者もおられます。
 
 大した支援にならないかも知れませんが、被災者に寄り添うことで元気になって下さることを期待しましょう!是非、ボランティアに行ってください。(事務局 村井雅清)
(なお「おたがいさまバス」で検索すると詳細を見ることができます。)

●Yahooネット募金
donation.yahoo.co.jp/detail/5240001/
*クレジットカード・Tポイントでも寄付していただけます。

●「おたがいさま・バス」に対するご寄付について、クレジットでの寄付ができるようにしましたのでご利用下さい。(「おたがいさま・バス」担当村井)
congrant.com/project/ngokobe/605

ブログはこちら
ngo-kyodo.org/taifu19/

■活動支援金のご協力をお願い致します。
・郵便振替
口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター
・銀行振込
ゆうちょ銀行 一一九支店 当座 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター
*お手数ですが、備考欄に「2019年台風19号」と記載ください。

■クレジットカードでもご寄付いただけます。
congrant.com/credit/form?project_id=605
... See MoreSee Less

View on Facebook

すでに被災地NGO恊働センターのHPやFBなどでお知らせしていますが、12月18日(水)
同センターで寺子屋勉強会を開催します。今回のテーマは、「『自立支援の実践知』とその検証」です。講師は、東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授の清水 亮さんです。
 周知のことでありますが、来年1月17日で阪神・淡路大震災から四半世紀=25年を迎えます。
阪神淡路大震災後、清水さんは師事されている似田貝香門さん(東京大学名誉教授)の門下生として、同名誉教授について被災地に入り、支援のあり方についての調査を始めました。被災地を広範囲に歩き、やがて最終的には調査対象を3団体(被災地障害者センター・故大賀重太郎、阪神高齢者障害者支援ネットワーク・故黒田裕子、被災地NGO恊働センター・村井雅清)に絞り、現在までヒアリングを続けて来られました。(現在生存中?は私だけになりました。)
 こうして似田貝一門は、なんと25年間にわたりヒアリングを続けて来られました。25年も続けられると、調査の中で気づいたこと、学んだことを相互に現場にフィードバックしながら、実践していくというスタイルが定着するようになりました。相互にと言うのは、似田貝一門は主に東日本大震災の被災地で、当センターは国内外の被災地でということです。フィードバックする中で、「支援の実践知」が蓄積され、時には相互に衝突も生じます。特に、ネットワークの在り様については少しお互いの手法が異なることもありました。考えて見れば、NGOやボランティアが築くネットワークと言うのは、決して垂直型のトップダウンスタイルではなく、水平であり、多彩であり、縦横無尽にネットすることが特徴なので、良い意味での衝突は自然の成り行きかも知れません。
時には、当センターから同一門に注文をつけたりもしてきました。いわゆる研究者と現場の実践者との共同研究の体をなしてきたと理解しています。
12月18日の寺子屋では、その25年間における支援の実践知について語って頂き、議論を深めたいと思います。(このFBでの「12・18寺子屋関連」のレポートは不定期に発信していきます。
当日会場のキャパは15名限定ですので早目に申し込みをしてください。)文責 村井雅清
... See MoreSee Less

View on Facebook