寺子屋勉強会

2021年度の寺子屋のテーマ

「最後の一人まで」を模索する

昨年度から引き続き、「最後の一人まで」を実現するための方 策について検討を深める。CODE 海外災害援助市民センターの 実施する「阪神・淡路大震災 26 年企画」と連動し、国内外の 災害ボランティアのあり方を通じて議論をしていきたい。

 

2021年度 災害ボランティアについて知ろう講座を開催します。

■趣旨
災害からの復興の過程では、単に泥出しや瓦礫撤去をするだけでなく、水害時の適切な家屋処理や、快適な避難所運営方法が求めらます。こうした一連の流れを網羅的に学んでおくことで、スムーズな復興を進めていくための一助となります。全6回の連続講座によって、細やかな技術、知識、考え方を学ぶとともに、災害直後から復興に至るまでのプロセスを学ぶことを目的としています。

対 象:災害ボランティアに興味がある方(兵庫県内、近畿の方を優先します)
参加費:各回2000円/学生1000円
全6回お申し込みいただくと、10,000円(2000円お安くなります)
*お申し込み後、お支払い方法をメールでお送りします。
場 所:オンライン(Zoom)
(実技の場合は、会場での参加も可能です。*人数制限あり)

第1回 社協の災害ボランティア対応について
8月21日(土)14:00〜15:30
講師:長谷部治さん(兵庫区社協)
番外編:災害ボランティアセンターの歴史(15:45〜16:30)
講師:頼政良太(被災地NGO恊働センター)
第2回 避難行動と避難所運営
9月25日(土)14:00〜16:00
講師:頼政良太(被災地NGO恊働センター)
第3回 水害対応の心得
10月9日(土)14:00〜16:00
講師:吉田信昭さん(縁の下のもぐら)
第4回 被災者に寄り添うボランティア
11月13日(土)14:00〜15:30
講師:増島智子(被災地NGO恊働センター)
番外編:足湯ボランティア実習(15:45〜16:30)
講師:吉椿雅道さん(CODE海外災害援助市民センター)
第5回 屋根のブルーシート張り対応
12月18日(土)14:00〜16:00
講師:中村伸一郎さん(ユアロキィコンサルティング株式会社)
第6回 住民の内発的な力を引き出す復興ボランティア
1月29日(土)14:00〜15:30
講師:宮本匠さん(兵庫県立大学減災復興政策研究科)
申込:メールもしくは、下記フォームでお申し込みください。
https://forms.gle/r3fkF4Qs5eDhhTVm8
問合:被災地NGO恊働センター(担当:頼政)
info@ngo-kyodo.org /078-574-0701
*本事業は、真如苑の助成を受けて実施しています。

過去の寺子屋セミナー

2020年度の寺子屋

第1回「「最後の一人まで」を考える」

2019年度の寺子屋

第1回「災害時の違和感を考える」
第2回「違和感の元の課題解決を考える」
第3回「違和感を感じたり感じなかったりするのはなぜ?」
第4回「最後の一人までは実現できるのか?「災害ケースマネジメント」の事例から」
白鳥孝太さん(とっとり県民活動活性化センター)
第5回「障害者と災害〜障害者を取り巻く環境と災害時の障害者」
山田たけしさん(えんぴつの家)
第6回「不条理な「災害関連死」を止めるために」
久井 進さん(弁護士)
第7回「『自立支援の実践知』とその検証」
清水亮 (東京大学)
第8回「阪神・淡路大震災 25 年朝まで語る会」

2018年度の寺子屋

第1回「災害ボランティアセンターの変遷とその役割」
福島真司さん(兵庫県社会福祉協議会)
第2回「災害時の中間支援組織の役割」
飛田敦子さん(認定NPO法人コミュニティ・サポートセンター神戸)
第3回「被災者に向き合う法・制度とは?」
津久井進さん(一人ひとりが大事にされる災害復興をつくる会)
第4回「災害時の障害者支援の現場から」
八幡隆司さん(NPO法人ゆめ風基金)
第5回「ボランティア2年目とは?」
池内麻菜実さん(神戸学院大学学生)
宮本匠さん(兵庫県立大学減災復興政策研究科講師)
村井雅清(被災地NGO恊働センター顧問)

2017年度の寺子屋

第1回寺子屋
地域おこし協力隊から農業支援へ
河井昌猛さん(西原村百笑応援団)
第2回寺子屋
まちづくりにこだわって被災地に関わり続ける
宮定章さん(認定NPO法人まち・コミュニケーション)
第3回寺子屋
これからのソーシャルセクターを担う若者たちへ
大福聡平さん(NPO法人しゃらく)
第4回寺子屋
教育にこだわり活動を展開する
中山迅一さん(NPO法人まなびと)
第5回寺子屋
被災地に飛び込み仕事として復興に貢献する
斉藤誠太郎さん(一般社団法人ISHINOMAKI2.0)
第6回寺子屋
僧侶として、住民として被災地に関わるとは?
鈴木隆太さん(東禅寺副住職)
第7回寺子屋
新たな地産地消エネルギーに挑戦する
井上保子さん(株式会社宝塚すみれ発電所)
第8回寺子屋
もう一つの生き方・働き方を生み出す社会とは?
山口一史さん(ひょうご・ひと・まち研究所)

2016年度の寺子屋

農業について学ぼう〜時にはアホになってみよう〜
講師:尾澤良平さん
「NGOで働くとは」~もう一つの生き方・もう一つの働き方~
講師:今中 麻里愛さん
番外寺子屋 熊本地震の「今」を語り合う
~阪神・淡路大震災から22年のKOBEから続ける支援~

講師:鈴木隆太/寺本わかば/丸山真実

2015年度 アクションプランの実現に向けて

第1回「5年目の福島と向き合い、水俣から学ぶ」
講師:谷洋一(アジアと水俣を結ぶ会事務局長)
第2回「阪神・淡路大震災から20年 災害ボランティアのその後」
講師:林大造(神戸大学学生ボランティア支援室)/岡本芳子(たつの女性が担う地域防災塾)/頼政良太(被災地NGO恊働センター)
第3回「障がい者について学ぼう」
講師:凪裕之・井奧裕之(Beすけっと)
第4回「阪神淡路大震災の取り組みを契機に見えたこと、NPO、NGOに関わって」
講師:市川斉(シャンティ国際ボランティア会常務理事)
番外寺子屋「大阪W選から見て、神戸市政を考える」
講師:林大造(しみんマニフェスト大阪UP)

寺子屋セミナーって??

「寺子屋」は江戸時代の初等教育を担っており、お寺は学びの場であるとともに、駆け込み寺や生活相談所でもありました。
今後の災害ボランティア、そして社会のためには、「寺子屋」的な機能を持つことが大切ではないかと考えました。
被災地NGO恊働センターは、震災前までは居酒屋だった民家を事務所にしています。この空間で、アットホームで気軽に参加でき、講師とも交流を深められる学びの場をつくっていきたい……そんな想いで、手作りのセミナーを開催し始めました。どなたでも参加できますのでお気軽にお申し込み下さい。

被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
「2021年8月豪雨(仮称)支援レポートー27」(武雄からの現地レポートです)佐賀へ出発する日、いつも被災地で活躍してくれるNGO号の洗車をして武雄市の被災地に向かいました。こちらはこの一週間日中は小春日和のような温かさですが、朝晩はぐっと冷え込みこちらも冬支度を迎えています。被災家屋はまだ修理中だったり、大工さんの順番を待っている状況です。中には、前回の水害の時からほぼ手付かずで今回もやっと家の中を片付けたから、再建のお手伝いをしてほしいと言う依頼がありました。おもやいの建築士が訪問してみると、床も壁もカビだらけ、床下の基礎も崩れ落ちるような状態で、3ヶ月にしてやっとボランティアが入るようなお宅もあります。水害家屋は外見からはなんの被害もなかったかのように見えるのですが、一歩家の中に入ると、壁や床がなく、家財道具一式被害を受けて何にもない状態の家が数多くあります。ウッドショックと言われるこの昨今材料も高騰し、手に入りにくく、工事は遅れる一方です。先日、訪問したお宅は、兄弟のお兄さんの自宅が被災し、大工の弟さんやおもやいの建築士も応急修理制度のサポートをしながら再建を進めています。2年前も被災し、前回新調した壁や床が今回も被害を受け、私も前回貼った壁材を剥がし、消毒を行いました。まだ真新しいい壁材を剥がすのはとても残念で複雑な気持ちです。お兄さんも傍らで作業を見守りながら剥がした壁材を運んでくれます。兄弟ともに「2年前とは違って体も思うようにいかなくなり、きついよ」と話しながら、体調に合わせて作業を進めています。各家庭で再建の進み具合は違います。一部屋一部屋順番に進められ、工事が終わると掃除をして、家具を新調したり、荷物を移動したり、細々とライフスタイルに合わせて生活環境を整えて行きます。買い物もままならない人たちには買い物の付き添いをします。支援物資の家財道具を届けたり、寒さ対策のための炬燵などの暖房器具、毛布や冬服など個人個人のニーズに合った配布などきめ細かい対応をしています。今年も残すところあとわずかで、気持ちも何となく気ぜわしくなっていますが、ここ佐賀の被災地ではまだまだ支援が必要な方たちがいます。みなさんのご協力お待ちしています。 (増島 智子)*当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/20218gatugou/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフーネット募金からも寄付できます。(クレジットカード・Tポイントで寄付できます) https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240004・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2021年8月豪雨」と記入して下さい。★マンスリーサポーター募集中congrant.com/project/ngokobe/632-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
今日でトライやるウィークが終了しました。海外の活動の話を聞いた日の感想をご紹介します。「海外での災害の復興内容では地震だけでなくハリケーンやサイクロンなど全部で、阪神淡路大震災で学んだ事を生かして耐震に関して多くとりくんでいる事がわかった。アフガニスタンの現状がすごく悪く、タリバンの考えは十人十色ではなく自分たちが正しくて自分たちに従う人たちは命の安全を与えられる。今の日本はあいまいな安全で昔より安全になったが、上に文句などを言ったところで聞き入れないところがあるので、あいまいな安全になっているのかなと思う。」アフガニスタンの現状から日本を「あいまいな安全」と表現しているところがすごいです!こちらがたくさんの教えをもらいました。お疲れさまでした! ... See MoreSee Less
View on Facebook
4日目のトライやるウィークは「まけないぞう」でした😊🐘まけないぞうが生まれた経緯と東日本大震災(今日は10年8ヶ月の月命日)での活動についての講義でした。実際にまけないぞうを作って、作り手さんの気持ちを感じてもらいました!出来上がりはやっぱ作り手さんに似てるなぁ😊💕 ... See MoreSee Less
View on Facebook
トライやるウィーク3日目。今日は海外の支援活動についてでした。質問形式の講義が面白いそうです😊 ... See MoreSee Less
View on Facebook
今日からトライやるウィークがスタート。中学2年生が「NGO」に関心を持ってくれています。今日のお題は「NGOとは?」です。「NGOで働いています!」ということが当たり前になるといいな🥰🐘 ... See MoreSee Less
View on Facebook
京都で「風の布パピオン 10th東北の手わざ展at風工房」にまけないぞうが参加します。新しいお家にお引越しできるといいな。3・11から10年8ヶ月の月命日11月11日から開催されます。「わすれてへんよ」の思いを持ち寄り集い、被災地に届けてくれます。お近くの方はぜひ、お寄りください! ... See MoreSee Less
View on Facebook