寺子屋勉強会

2019年度の寺子屋のテーマ

阪神・淡路大震災25年、「いま」を担う世代と振り返る
〜ボランティアは社会を変えることができるのか〜
阪神・淡路大震災から2020年1月17日で25年を迎えます。この25年を振り返れば、大きな災害から小さな災害まで、数多くの災害が起きた25年であったように思う。こうした災害のたびに、増え続ける災害関連死、避難所に行くことができず自宅にとどまるしかない障害者の課題、災害時要援護者の救助、子どもたちへの心のケア、言葉がわからず制度による支援が受けられない外国人への対応、避難所の中に更衣室や授乳室がないなど女性に関わる問題、被災したことにより居場所がなくなるLGBTの方々…など様々な課題が繰り返し問題となり、どれも十分に解決されないままに現在を迎えているのではないだろうか?25年という節目に改めて、将来を担う「将来世代」とともに、どのようにこうした課題に向き合っていけば良いのか以下の3つの切り口で議論しながら、少しでも課題が解決し、より良い社会を将来に残せるように取り組んでいきたいと思います。

▼阪神・淡路大震災25年の検証

阪神・淡路大震災を経験していない世代を中心に、そのほかの災害や日常生活の中での気づきや感じることなどを出し合いながら、ボランティアの視点で、阪神・淡路大震災から学ぶべきものは何か、将来に残して行くべきものは何かを議論する。

▼個別の課題についてのテーマ討論

阪神・淡路大震災25年の検証の中で出てきた個別のテーマ(例:災害関連死、障害者が避難しやすい避難所…など)について、ゲストをお呼びして討論を行う。ここでの討論をふまえて阪神・淡路大震災25年の検証へとつなげる。

4月22日の会を受けて、各回のテーマを設定。5月から月1回程度で実施。

▼海外での経験と国内の経験の共通点とは?

CODE未来基金のフィールドワークを経験した若者たちとともに、海外の被災地で学んだ大切なことは、どういったものなのか?それは国内の経験とどのように違うのか?共通点はあるのか?を議論する。CODEが行なってきた支援の中で大切にしてきた、「痛みの共有」「学び合い」について議論を深め、その意味について将来世代とともに、どのように未来へつないでいくのかを話し合う。

次回の寺子屋セミナー

◆「最後の一人まで」は実現できるのか?鳥取県災害ケースマネジメントの事例から
8月8日(木)18:30〜20:30
場所:起業プラザひょうご セミナールーム(http://www.kigyoplaza-hyogo.jp/#map)

講師:白鳥孝太氏(鳥取県県民活動活性化センター)

参加費:1000円

お申し込みはコチラ
*終了後、希望者のみで懇親会を行います。

昨年度の寺子屋セミナー

第1回「災害ボランティアセンターの変遷とその役割」
福島真司さん(兵庫県社会福祉協議会)

第2回「災害時の中間支援組織の役割」
飛田敦子さん(認定NPO法人コミュニティ・サポートセンター神戸)

第3回「被災者に向き合う法・制度とは?」
津久井進さん(一人ひとりが大事にされる災害復興をつくる会)

第4回「災害時の障害者支援の現場から」
八幡隆司さん(NPO法人ゆめ風基金)

第5回「ボランティア2年目とは?」
池内麻菜実さん(神戸学院大学学生)
宮本匠さん(兵庫県立大学減災復興政策研究科講師)
村井雅清(被災地NGO恊働センター顧問)

過去の寺子屋セミナー

2017年度の寺子屋

第1回寺子屋 6月21日(水)
地域おこし協力隊から農業支援へ
河井昌猛さん(西原村百笑応援団)
第2回寺子屋 7月24日(月)
まちづくりにこだわって被災地に関わり続ける
宮定章さん(認定NPO法人まち・コミュニケーション)
第3回寺子屋 8月18日(金)
これからのソーシャルセクターを担う若者たちへ
大福聡平さん(NPO法人しゃらく)
第4回寺子屋 9月27日(水)
教育にこだわり活動を展開する
中山迅一さん(NPO法人まなびと)
第5回寺子屋 10月27日(金)
被災地に飛び込み仕事として復興に貢献する
斉藤誠太郎さん(一般社団法人ISHINOMAKI2.0)
第6回寺子屋 11月27日(月)
僧侶として、住民として被災地に関わるとは?
鈴木隆太さん(東禅寺副住職)
第7回寺子屋 12月8日(金)
新たな地産地消エネルギーに挑戦する
井上保子さん(株式会社宝塚すみれ発電所)
第8回寺子屋 1月31日(水)
もう一つの生き方・働き方を生み出す社会とは?
山口一史さん(ひょうご・ひと・まち研究所)

2016年度の寺子屋

農業について学ぼう〜時にはアホになってみよう〜
講師:尾澤良平さん
「NGOで働くとは」~もう一つの生き方・もう一つの働き方~
講師:今中 麻里愛さん
番外寺子屋 熊本地震の「今」を語り合う
~阪神・淡路大震災から22年のKOBEから続ける支援~

講師:鈴木隆太/寺本わかば/丸山真実

2015年度 アクションプランの実現に向けて

第1回「5年目の福島と向き合い、水俣から学ぶ」
講師:谷洋一(アジアと水俣を結ぶ会事務局長)
第2回「阪神・淡路大震災から20年 災害ボランティアのその後」
講師:林大造(神戸大学学生ボランティア支援室)/岡本芳子(たつの女性が担う地域防災塾)/頼政良太(被災地NGO恊働センター)
第3回「障がい者について学ぼう」
講師:凪裕之・井奧裕之(Beすけっと)
第4回「阪神淡路大震災の取り組みを契機に見えたこと、NPO、NGOに関わって」
講師:市川斉(シャンティ国際ボランティア会常務理事)
番外寺子屋「大阪W選から見て、神戸市政を考える」
講師:林大造(しみんマニフェスト大阪UP)

寺子屋セミナーって??

「寺子屋」は江戸時代の初等教育を担っており、お寺は学びの場であるとともに、駆け込み寺や生活相談所でもありました。
今後の災害ボランティア、そして社会のためには、「寺子屋」的な機能を持つことが大切ではないかと考えました。
被災地NGO恊働センターは、震災前までは居酒屋だった民家を事務所にしています。この空間で、アットホームで気軽に参加でき、講師とも交流を深められる学びの場をつくっていきたい……そんな想いで、手作りのセミナーを開催し始めました。どなたでも参加できますのでお気軽にお申し込み下さい。

被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン

今日19日から岩手県盛岡市の「パルクアベニュー・カワトク」で第12回岩手発手しごと絆フェア~がんばっています、わたしたち~が開催されています。お近くの方はぜひ、お越しください。まけないぞうも出品中です。 ... See MoreSee Less

View on Facebook

まけないぞうが各地へお引越しです。東京のマリア隊の方のもとへ、毎年ご注文いただいている広島の安田女子大学付属幼稚園のみなさん、神奈川県の総持院さんなどたくさん羽ばたいていきました。まだまだご注文お待ちしておりますので、よろしくお願いします。 ... See MoreSee Less

View on Facebook

*複数のMLに配信していますので、重複はご容赦下さい。

☆ブログはこちら ~ http://blog.canpan.info/stopnps/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
~子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために~
………………………………………………………………………
VOL854(2019年6月21日)

 先日、「ドイツ人はなぜ、年290万円でも生活が『豊か』なのか」(熊谷徹著・青春出版社)という本を紹介しました。
 その本の最終章では、「『求めすぎない』ことから始めよう」というテーマで締めくくっています。ドイツでは日本社会のように、残業や過重労働などに追われることもなく、「労働者の都合」に配慮されている社会ということが「豊かな国」を作っていると著者は言っています。そして、人々の意識として、自分でできることは自分で行い、他人に頼らないそうです。確かに前号で紹介したように、宅配便のこと、電気の使い方のことなど、過剰なサービスの影響が日本では自分で動かず他力本願なところが多いと感じます。コンビニや自動販売機など、こんなにもあふれている国は珍しいのではないでしょうか?自分でお弁当を作ったり、飲み物も水筒に入れて持っていくという自分でできることを、外食産業などに頼っています。そこに大きなエネルギーがかかっていることをついつい忘れてしまいますね。

 同著書の中でも「日本では企業、他人に対する依存心や過度な期待感が、知らず知らずのうちに社会の中で過剰なサービスを増やし、労働者の負担を重くしているのではないだろうか。」と指摘しています。小欲知足の精神で、ちょっとずつ行き過ぎる、やり過ぎるなどの無駄な部分を削っていくことで省エネにもつながることでしょう。
 ペットボトルから水筒に変えたり、たまにはコンビニ弁当から手作り弁当にしたり、エコバッグを持ってみたり、使わない電気は消したりとできることは身近にたくさんあるとお思います。みなさんも身近でしていることをぜひご紹介下さい。
 「世界で一番貧しいい大統領」と呼ばれたホセ・ムヒカ(ウルグアイ前大統領)は12年にブラジルで開かれた国際会議で「貧乏な人とは、少ししか物を持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」と演説した言葉を思い出しました。

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
新潟・山形地震、東電が「原発異常あり」と誤送信
www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201906/CK2019061202000152.html
(2019年6月19日 読売新聞)

東海第二 日立市住民アンケート 要支援者28%「避難困難」
www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201906/CK2019062102000175.html
(2019年6月21日 東京新聞)

放射性セシウム長く地表に 森林内に深く浸透せず
www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201906/CK2019062102000147.html
(2019年6月21日 東京新報)

6月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
6月14日(金)は村井(NGO)、15日(土)は鈴木(神戸)、16日(日)は細川(NGO)、17日(月)は東條(神戸)、18日(火)は石塚(神戸)、19日(水)は大石(静岡)、20日(木)は宇田川(神奈川)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日6月21日(金)は、増島(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日 6月22日(土)は、鈴木(神戸)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
6月23日(日)募集中!!
  24日(月)東條(神戸)
  25日(火)石塚(神戸)
  26日(水)大石(静岡)
  27日(木)募集中!!
  28日(金)募集中!!
  29日(土)鈴木(神戸)
  30日(日)募集中!!
7月 1日(月)東條(神戸)
   2日(火)石塚(神戸)
   3日(水)大石(静岡)
***************************

--
※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 被災地NGO恊働センター
   E-mail info@ngo-kyodo.org
   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702
   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10
 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/
【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO
 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/
 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
... See MoreSee Less

View on Facebook