寺子屋勉強会

2021年度の寺子屋のテーマ

「最後の一人まで」を模索する

昨年度から引き続き、「最後の一人まで」を実現するための方 策について検討を深める。CODE 海外災害援助市民センターの 実施する「阪神・淡路大震災 26 年企画」と連動し、国内外の 災害ボランティアのあり方を通じて議論をしていきたい。

 

[php_everywhere]
2021年度 災害ボランティアについて知ろう講座を開催します。

■趣旨
災害からの復興の過程では、単に泥出しや瓦礫撤去をするだけでなく、水害時の適切な家屋処理や、快適な避難所運営方法が求めらます。こうした一連の流れを網羅的に学んでおくことで、スムーズな復興を進めていくための一助となります。全6回の連続講座によって、細やかな技術、知識、考え方を学ぶとともに、災害直後から復興に至るまでのプロセスを学ぶことを目的としています。

対 象:災害ボランティアに興味がある方(兵庫県内、近畿の方を優先します)
参加費:各回2000円/学生1000円
全6回お申し込みいただくと、10,000円(2000円お安くなります)
*お申し込み後、お支払い方法をメールでお送りします。
場 所:オンライン(Zoom)
(実技の場合は、会場での参加も可能です。*人数制限あり)

第1回 社協の災害ボランティア対応について
8月21日(土)14:00〜15:30
講師:長谷部治さん(兵庫区社協)
番外編:災害ボランティアセンターの歴史(15:45〜16:30)
講師:頼政良太(被災地NGO恊働センター)
第2回 避難行動と避難所運営
9月25日(土)14:00〜16:00
講師:頼政良太(被災地NGO恊働センター)
第3回 水害対応の心得
10月9日(土)14:00〜16:00
講師:吉田信昭さん(縁の下のもぐら)
第4回 被災者に寄り添うボランティア
11月13日(土)14:00〜15:30
講師:増島智子(被災地NGO恊働センター)
番外編:足湯ボランティア実習(15:45〜16:30)
講師:吉椿雅道さん(CODE海外災害援助市民センター)
第5回 屋根のブルーシート張り対応
12月18日(土)14:00〜16:00
講師:中村伸一郎さん(ユアロキィコンサルティング株式会社)
第6回 住民の内発的な力を引き出す復興ボランティア
1月29日(土)14:00〜15:30
講師:宮本匠さん(兵庫県立大学減災復興政策研究科)
申込:メールもしくは、下記フォームでお申し込みください。
https://forms.gle/r3fkF4Qs5eDhhTVm8
問合:被災地NGO恊働センター(担当:頼政)
info@ngo-kyodo.org /078-574-0701
*本事業は、真如苑の助成を受けて実施しています。

[php_everywhere]
過去の寺子屋セミナー

2020年度の寺子屋

第1回「「最後の一人まで」を考える」

2019年度の寺子屋

第1回「災害時の違和感を考える」
第2回「違和感の元の課題解決を考える」
第3回「違和感を感じたり感じなかったりするのはなぜ?」
第4回「最後の一人までは実現できるのか?「災害ケースマネジメント」の事例から」
白鳥孝太さん(とっとり県民活動活性化センター)
第5回「障害者と災害〜障害者を取り巻く環境と災害時の障害者」
山田たけしさん(えんぴつの家)
第6回「不条理な「災害関連死」を止めるために」
久井 進さん(弁護士)
第7回「『自立支援の実践知』とその検証」
清水亮 (東京大学)
第8回「阪神・淡路大震災 25 年朝まで語る会」

2018年度の寺子屋

第1回「災害ボランティアセンターの変遷とその役割」
福島真司さん(兵庫県社会福祉協議会)
第2回「災害時の中間支援組織の役割」
飛田敦子さん(認定NPO法人コミュニティ・サポートセンター神戸)
第3回「被災者に向き合う法・制度とは?」
津久井進さん(一人ひとりが大事にされる災害復興をつくる会)
第4回「災害時の障害者支援の現場から」
八幡隆司さん(NPO法人ゆめ風基金)
第5回「ボランティア2年目とは?」
池内麻菜実さん(神戸学院大学学生)
宮本匠さん(兵庫県立大学減災復興政策研究科講師)
村井雅清(被災地NGO恊働センター顧問)

2017年度の寺子屋

第1回寺子屋
地域おこし協力隊から農業支援へ
河井昌猛さん(西原村百笑応援団)
第2回寺子屋
まちづくりにこだわって被災地に関わり続ける
宮定章さん(認定NPO法人まち・コミュニケーション)
第3回寺子屋
これからのソーシャルセクターを担う若者たちへ
大福聡平さん(NPO法人しゃらく)
第4回寺子屋
教育にこだわり活動を展開する
中山迅一さん(NPO法人まなびと)
第5回寺子屋
被災地に飛び込み仕事として復興に貢献する
斉藤誠太郎さん(一般社団法人ISHINOMAKI2.0)
第6回寺子屋
僧侶として、住民として被災地に関わるとは?
鈴木隆太さん(東禅寺副住職)
第7回寺子屋
新たな地産地消エネルギーに挑戦する
井上保子さん(株式会社宝塚すみれ発電所)
第8回寺子屋
もう一つの生き方・働き方を生み出す社会とは?
山口一史さん(ひょうご・ひと・まち研究所)

2016年度の寺子屋

農業について学ぼう〜時にはアホになってみよう〜
講師:尾澤良平さん
「NGOで働くとは」~もう一つの生き方・もう一つの働き方~
講師:今中 麻里愛さん
番外寺子屋 熊本地震の「今」を語り合う
~阪神・淡路大震災から22年のKOBEから続ける支援~

講師:鈴木隆太/寺本わかば/丸山真実

2015年度 アクションプランの実現に向けて

第1回「5年目の福島と向き合い、水俣から学ぶ」
講師:谷洋一(アジアと水俣を結ぶ会事務局長)
第2回「阪神・淡路大震災から20年 災害ボランティアのその後」
講師:林大造(神戸大学学生ボランティア支援室)/岡本芳子(たつの女性が担う地域防災塾)/頼政良太(被災地NGO恊働センター)
第3回「障がい者について学ぼう」
講師:凪裕之・井奧裕之(Beすけっと)
第4回「阪神淡路大震災の取り組みを契機に見えたこと、NPO、NGOに関わって」
講師:市川斉(シャンティ国際ボランティア会常務理事)
番外寺子屋「大阪W選から見て、神戸市政を考える」
講師:林大造(しみんマニフェスト大阪UP)

[php_everywhere]
寺子屋セミナーって??

「寺子屋」は江戸時代の初等教育を担っており、お寺は学びの場であるとともに、駆け込み寺や生活相談所でもありました。
今後の災害ボランティア、そして社会のためには、「寺子屋」的な機能を持つことが大切ではないかと考えました。
被災地NGO恊働センターは、震災前までは居酒屋だった民家を事務所にしています。この空間で、アットホームで気軽に参加でき、講師とも交流を深められる学びの場をつくっていきたい……そんな想いで、手作りのセミナーを開催し始めました。どなたでも参加できますのでお気軽にお申し込み下さい。

[php_everywhere]
被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
当センターの姉妹団体CODE海外援助市民センターの支援活動をご紹介します。よかったらご協力ください。「MOTTAINAIやさい便ニュースNo.1  ウクライナ編①」 CODEは、昨年6月より「MOTTAINAIやさい便」と称して、形が悪いなどの規格外の野菜をコロナ禍で困窮している神戸市内の子ども食堂やベトナム人留学生や技能実習生の集まる寺院、留学生の暮らすシェアハウス、アフガニスタンから退避された方などへ約50回提供してきました。丹波、丹波篠山、たつのなどの農家さんに、商品にならなけど新鮮でおいしい野菜を安価で提供していただき、CODEの賛助会員のYさんが運び、CODE未来基金の学生さんたちと届けてきました。 今般のウクライナ侵攻で日本に避難してきた方にも「MOTTAINAIやさい」を届けました。 2月24日のロシア軍によるウクライナ侵攻によって、戦火を逃れてきた19世帯33名(5/9時点)が神戸市内で暮らしています。 先日、「MOTTAINAIやさい」をお届けしたMさん(27歳)は、ウクライナのリビウ出身で3年に来日し、神戸市内で働いています。ウクライナ侵攻後、4月11日弟夫妻(25歳、23歳)は姉のMさんを頼って来日し、神戸市内で暮らしています。 母と弟さんの妻は、隣国ポーランドに避難し、侵攻前にポーランドに出て働いていた弟さんは徴兵を免れ、日本に来ることができました。でも、弟さんは戦うためにウクライナに戻ろうとしたそうですが、Mさんの必死の説得で思いとどまり、日本に来たそうです。 弟さんに神戸での暮らしで困っていることを聴くと、「言葉だ!」と即答します。日本語はもちろん、英語もほとんどできない弟さん夫妻は、「スーパーでシャンプーを買うことさえできない」と言います。これから少しずつ日本語を勉強するそうですが、時間もかかります。 また、弟さん夫妻の暮らすアパートからMさんに住む家まで徒歩40分かかかるそうで、自転車があると行動範囲が広がります。そこで以下を急募します!!!ご協力、ご支援のほどよろしくお願いいたします。(吉椿) *急募!!!・通訳ボランティア ウクライナ語または、ロシア語の通訳ボランティアさんを探しています!対面または、オンラインでの言語のサポートや日本語の学習指導、話し相手などが考えられます。・自転車 ウクライナから避難されてきた方、ベトナム人の生活困窮者に提供します!自転車は登録証付きのものでお願いします。神戸市内または近郊であればこちらから取りに行きます。遠方からのものはこちらから取りに行けませんのでご容赦ください。************************************************CODE海外災害援助市民センター 〒652-0801 神戸市兵庫区中道通 2-1-10 tel +81(0)78-578-7744  fax +81(0)78-574-0702 e-mail:info@code-jp.org☆救援募金にご協力下さい郵便振替:00930-0-330579 加入者名:CODE*通信欄に支援先を明記してください。(例:「ウクライナ・ロシア」)*募金全体の25%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。*クレジットカードをご利用の方は下記ページからご寄付いただけます。code-jp.org/donation/ ... See MoreSee Less
View on Facebook
今日の神戸は肌寒い一日でした。いつもタオルを送ってくれる京都の方から色とりどりタオルが届きました。ありがとうございます。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
いろんな顔のぞうさんがいます。その顔を見ると作り手さんの顔が目に浮かびます。一針一針心を込めて。          詳細はこちらまでhttp://ngo-kyodo.org/makenaizouinfo/ ... See MoreSee Less
View on Facebook
雨が心配な週末。天気予報とにらめっこ。早めの避難を!まけないぞうのメッセージです。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
昨日、お茶を飲んだら茶柱が!「何かいいことあるかなぁ♪」と思っていたら、朝からまけないぞうの注文を頂きました。いつもお世話になっているmakenaizoneのメンバーの版画家の岩崎さんから、その主催の青木先生のクリニックに置いてくれています。いつもありがとうございます。新緑のような色のぞうさんたちをお送りします☺️🐘🐘。その後、大阪市の方からたくさんのカラータオルが届きました!いつも定期的に送って頂いてます。午後からは近くの作業のシティライトに廃品回収に行ったらSくんから大切に育てたアマリリスを頂きました。茶柱のお陰で何かいいこと尽くしの一日です。みなさんありがとうございます🥰 ... See MoreSee Less
View on Facebook
大型連休も終わり、事務所に来ると北海道の宝皇寺さんからまけないぞう用にタオルが届いていました。いつもありがとうございます。事務所の庭には蘭がきれいに咲いています。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
3年ぶりの護憲集会。ロシア軍のウクライナへの侵略行為により、日本政府は憲法改正に前のめりですが、権力を縛る憲法を守ることが平和につながります。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
毎日伝わるウクライナのニュースに心が痛いです。これ以上、大切ないのちを奪わないで!まけないぞうも戦争反対です!! ... See MoreSee Less
View on Facebook
「3月16日東北の地震について 第1報」人々が眠りについた16日夜半に、東北を中心に最大震度6強の地震が襲いました。東日本大震災から11年の3月に、住民の人たちは東日本大震災より揺れを強く感じたと話しています。 この地震によって残念ながら4名の方がお亡くなり、100人以上のけが人が出ています。関東では福島県の火力発電所が停止したため、広範囲で停電が発生しました。また。福島第一原発では2号機と5号機で冷却用のプールの電源が一時停止し、現在は復旧したそうです。東北新幹線や東北道、常磐道などでも通行止めが続き、解除の見通しは立っていません。政府は福島県と宮城県の両県に災害救助法を適用しました。 明るくなってきて被害の全貌が少しずつわかってきましたが、今回の揺れは2011年の東日本大震災の揺れよりも大きかったという人が多くいて、物的被害以上に精神的ケアが必要だと思われます。3月11日から11年を経た直後で、多くの人があの日のことを思い出し、今回の揺れでフラッシュバックを起こし不安に感じている人も多いと思います。 福島県、宮城県、岩手県の住民さんにも連絡しましたが、昨年の2月の地震もあってみなさん不安な夜を過ごしたようです。コロナは第7波が予測される中で、もちろん心配ですが、感染対策を十分に行い、危険な場合は躊躇なく避難所に避難してください。 引き続き、情報取集を行い支援が必要であれば対応していきます。情報があればお寄せ下さい。                      (増島 智子)-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook