ボランティアで関わる

事務局ボランティアも募集しています

 私たちと一緒に活動をしてくださるボランティアさんを随時募集しています。
 主な活動内容は事務局のサポートや情報発信、まけないぞうの発送作業などを行ってもらいます。災害が発生した時には足湯ボランティアなど、災害ボランティアとして活動してくださる方も大歓迎です。
 ボランティアでの活動を通して、NGOや市民社会、防災・減災のことも学ぶことが出来ます。初心者の方も大歓迎!ぜひお越しください。

★「NGOって何?ん、NPOとは違うの?」
★「何か手伝うことある?」
★「このまえ災害があった場所って、いまどうなってるの?」
★「初めてボランティアに行くけど、注意事項ってある?」

  ―――こんな質問があってもなくても、是非お越しください。

現在募集中のボランティア

現在は事務局ボランティアを募集しています。イベントなどがある場合はお知らせいたします。
 


被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン

ちょっと一息。今週は群馬県の方からタオルが届き、水害の被害が酷い熊本県からまけないぞうの注文を頂きました!みなさんコロナにも水害にもまけないぞう!全国全世界から被災地のみなさんに心を寄せています☺️🐘 ... See MoreSee Less

View on Facebook

熊本豪雨による水害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。水害に遭われて、早速、家屋を片付けなきゃと思ってらっしゃるかと存じますが、以下をご確認ください!

先ずは被害を受けた家屋の写真を撮影してから片づけてください!

行政の罹災(りさい)証明を受けるにあたって必ず写真が必要になります。

最悪の場合、そうした罹災(りさい)判定に影響が出ることも考えられますので、先ずはスマホでもいいので記録を残しておいてください。

(※画像は『震災がつなぐ全国ネットワーク』制作の「水害にあったときに ~浸水被害からの生活再建の手引き~チラシ版より(日本財団2016年度助成事業)」より抜粋させていただきました。)
blog.canpan.info/shintsuna/img/E6B0B4E5AEB3E381ABE38182E381A3E3819FE381A8E3818DE381AB_E38381E383A...

被災地ではまだまだ雨が降り続いています。二次災害の危険もありますのでどうか充分にお気をつけください!
... See MoreSee Less

View on Facebook