ボランティアで関わる

事務局ボランティアも募集しています

 私たちと一緒に活動をしてくださるボランティアさんを随時募集しています。
 主な活動内容は事務局のサポートや情報発信、まけないぞうの発送作業などを行ってもらいます。災害が発生した時には足湯ボランティアなど、災害ボランティアとして活動してくださる方も大歓迎です。
 ボランティアでの活動を通して、NGOや市民社会、防災・減災のことも学ぶことが出来ます。初心者の方も大歓迎!ぜひお越しください。

★「NGOって何?ん、NPOとは違うの?」
★「何か手伝うことある?」
★「このまえ災害があった場所って、いまどうなってるの?」
★「初めてボランティアに行くけど、注意事項ってある?」

  ―――こんな質問があってもなくても、是非お越しください。

現在募集中のボランティア

現在は事務局ボランティアを募集しています。イベントなどがある場合はお知らせいたします。
 


被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
被災地NGO恊働センターです!七尾市を応援するステッカーが完成しました〜地元のデザイナーさんに作成していただき、地元の印刷所でプリントしていただきました。ぜひ七尾に足を運んでステッカーも広げてください!! ... See MoreSee Less
View on Facebook
被災地NGO恊働センター「令和6年(2024年)能登半島地震救援ニュース」No.60「やさしや足湯隊ニュース」No.4 私たちは能登半島地震の支援活動に携わりたい若者を中心として、足湯ボランティアを行う「やさしや足湯隊」結成しました。全国から集まる学生、若者と共に足湯ボランティアの活動を通して、被災地でほっと安らげる一時を提供し、被災した方々から発せられる一つ一つの「つぶやき」に向き合っています。参加した学生の感想です。----------------------------------------------今振り返ると、ここ最近で一番感情が忙しかったなと思いました。嬉しさ、虚しさ、楽しさ、驚きが一気に降り注いで冷静を保ちながらボランティアをすることに必死だったなと、感想レポートを書いていてふと感じました。 一日目、小牧への移動中の電車で外を見ながら感じたのは、思っているよりも被害が少ないということでした。もちろん、ブルーシートを被っていたり、ブロック塀が傾いていたり、一部倒壊しているのを見ると心が痛かったですがそれでもまだここら辺は大丈夫なんだと思っていました。 二日目、午前中は家のお片付けをしました。ごみを運び、割れたガラスや家具の片づけをしました。私はとにかく衝撃が大きかったです。外はブルーシートをかぶっているのみで綺麗に片付いているのに、中はぐちゃぐちゃで、とても住めるような状況じゃなく、地味に酷いという地域の方の言葉がぴったりでした。それでもともに片付けていた家の方はパワフルで優しくて、私はどんどん片付けてられて行くのが楽しくて、滞ることなく進めることが出来ました。どこからその元気が出てくるのだろうと考えたとき、元気にしないと保てないのかな、、?とふと思いました。悲観していたらやっていけないみたいな。実際にその方たちに聞いたわけではないので憶測ですが、そう感じました。 二日目の午後と三日目は足湯をしました。足湯をしてくださったおばあちゃん、おじいちゃんは、とても気持ちよさそうにしていてこちらもうれしい気持ちになりました。印象に残っているのは、小牧集会所近くのコミュニティーセンターと輪島高校では空気の重さが違うことでした。被災が大きい輪島高校はかなり空気が重く、殺伐としている印象でした。 共にボランティアをした仲間は自分の考えを持っている人たちで話していて得ることが多く、本当に来てよかったと思いました。日常生活からは得られない体験をすることが出来て嬉しく思います。また参加したいです。最後にこのボランティアを主催してくださった山村さん、CODE 海外災害援助市民センターのスタッフの皆様、このような機会を頂きありがとうございました。(埼玉大学 阿部さくら)----------------------------------------------クラウドファンディングも実施中です。詳細はこちらから見れます。https://congrant.com/project/ngokobe/10525よろしくお願いします!!*私たちの活動は、日本財団「災害発生前後の初動期に関する支援活動」助成を頂き活動しています。*私たちの活動は、CivicForceのパートナー協働事業に支えられ活動しています。www.civic-force.org/info/activities/earthquake202401/20240130.html引き続き現地からの情報を発信していきます。ブログはこちら→http://ngo-kyodo.org/2024noto/ ... See MoreSee Less
View on Facebook
「令和6年(2024年)能登半島地震救援ニュース」No.58能登半島地震から4ヶ月が経ちました。いまだ避難者は4,600人ほどいます。避難所以外にも親戚の家や大規模半壊のなどの認定を受けた家に留まっている人たちもいます。 当センターでは現在も七尾市中島町小牧(おまき)に拠点をおきながら、物資の配布、家屋の片付け、仮設の見守り、在宅支援、避難所運営のサポートなどを行っています。4月に入ってからは、ボランティアも少なめですが、できる範囲で活動しています。発災直後から、炊き出しを行ってきたボランティア団体もいまでは少なくなり、最近地元の方を中心に炊き出しをしてくれるようになっています。 少し前に炊き出しをしてくれたカキ小屋の山田水産の方は地元を応援しようと募金箱を設置し、募金を集めていました。その募金の使い道についてこう考えていたそうです。「もともとは、いつもお世話になっているじんのび広場(小牧拠点の愛称)さんに寄付をしたい気持ちと私も支援される側から支援する側に変わる時期かもと思って設置してみたものねん。もし、じんのび広場が必要ならそのまま渡したいなと。それが無理なら炊き出しをじんのび広場でしたいなと思っとった。みんなじんのび広場ラインを楽しみにしていると思うし、楽しいなとか嬉しいなとかそんな気持ちがまだ続いて欲しい、私も含めてそう思っとるはず!」と心温まるメッセージを頂きました。 そんな想いをぜひ、地元の方に届けたいと貴重な募金を活用して学校給食のようなカレーを作って在宅のみなさんにふるまってくれました。カレーはとても好評で、支援する側、される側がお互いに笑顔になり、一方通行ではなくお互いに支え合える関係になりました。 「自立」とは何か?29年前の阪神・淡路大震災から「自立とは支え合えい」だと言ってきました。ここ能登半島で「自立とは支え合い」ということをあらためて実感しました。 今回の能登半島地震では多くの避難所では、災害救助法に基づく食事支援がなかったため、被災者自ら、地元の住民、またNGO・NPO関係者などが炊き出しを行っていました。「自立」とは一人で立って歩くのではなく、お互いに支え合って活動することだと思いました。(増島智子)*私たちの活動は、CivicForceのパートナー協働事業に支えられ活動しています。www.civic-force.org/info/activities/earthquake202401/20240130.html*私たちの活動は日本財団「令和6年能登半島地震(2024年1月発生)に関わる支援活動」の助成を頂き活動しています。*私たちの活動は赤い羽根共同募金会「ボラサポ・令和6年能登半島地震」の助成を頂き活動しています。引き続き現地からの情報を発信していきます。ブログはこちら→http://ngo-kyodo.org/2024noto/#日本財団#CivicForce#赤い羽根共同募金#sema緊急災害支援#一般社団法人おもやい#一般社団法人みんなの居場所はちはち#災害ngo結#四番隊■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフー募金でもご寄付いただけます。 https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240008・郵便振替口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2024年能登半島地震」と記入して下さい。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
「令和6年(2024年)能登半島地震救援ニュース」No.54—自主避難所から、自立避難所へⅧ(輪島市西保地区上大沢編) 先日21日、地震直後に集団避難された西保地区7集落(上山、西二又、上大沢、大沢、赤崎、下山、小池)の一つ、大沢町に向かった。旧知の記者から教えて貰った輪島―門前を結ぶ249号線からの山越えのルートだ。実は、以前輪島市石浦から外浦の海岸沿いに走り、鵜入(この集落も一時孤立し全村避難した。)を過ぎて、大沢町まで行こうとチャレンジしたのだが、途中道路の陥没で残念した集落だった。 さて、教えて貰った山越えのルートでそのとおり林道を走り、249号線から30分ほどで辿り着いた。でも、そこは上大沢町だった。キーパーソンになる住民や地理などを出会った住民に尋ねていると、どうも同記者から聞いていた集落とは違うと気づいた。ここは大沢町ではなく、上大沢町で輪島からは整備された林道を通って、わずか1~2本のルートしかない。今回の地震で輪島―珠洲をつなぐ外浦の海岸線は、ことごとく大崩落で通行止めになっているため、このように山越えで行くしかないという集落は少なくない。ここ上大沢町も同じだ。海岸は隆起し、また大規模な山崩れもあり、あらためて今回の地震の大きさを痛感する。電気は通ったばかりだが水は断水。山の湧き水を活用しているがこの地震の影響か、水量が減ったと。上大沢町は地震時20世帯が暮らしていて、現在5~6件が戻っているとのこと。丁度Y区長さんと農家さんがお一人おられた。この農家さんは、稲の苗を育てている。今のうちに処理しないと稲は腐って使い物にならない。つまり来年の米の収穫がないということ。また“田起こし”も始めたと。「これが仕事なので輪島からバイクで通っている」と。グリーンコープさんから提供されたヨーグルトを差し上げたら、「こんなの地震以来飲んだことがないよ。救援物資では入ってこない」と凄く喜んでくれた。「救援物資は何も来ないのですか?」と聞いたら、「自立しろということかも知れないが、正直きついよ!」食料は何も来ないから‥・・・。亡くなられた精神科医の中井久夫さん(神戸大学名誉教授)がよく言っていた「ボランティアの第一歩は、黙って被災者の傍に寄ることだよ!」とおっしゃっていたことを思いだす。 区長さんは、みなし仮設に入っているのだが、集落の今後を懸念してこうして戻ってきている。集会所で寝泊まりしているとのこと。「私たちは、避難所や自主避難所の集会所などで足湯をして廻っています。ここの集会所でもできますか?」と尋ねたところ、「昼間は3~4人しかいないかも知れないよ!それでよければ是非」と了解して下さった。 一度は孤立し、二次避難所に‥‥。その後こうして“仕事があるから”と一時的に戻って、村を守る。仕事と表現されたが、田越しや稲の苗の育成という、生きていくための糧だ。これを自立と言わなければ、自立とは何だ? 行政が軽率に自立ということがあるが、あらためて現実の生き様と向き合ってほしいものだ。(被災地NGO恊働センター 顧問 村井雅清)*私たちの活動は、CivicForceのパートナー協働事業に支えられ活動しています。www.civic-force.org/info/activities/earthquake202401/20240130.html*私たちの活動は日本財団「令和6年能登半島地震(2024年1月発生)に関わる支援活動」の助成を頂き活動しています。*私たちの活動は赤い羽根共同募金会「ボラサポ・令和6年能登半島地震」の助成を頂き活動しています。引き続き現地からの情報を発信していきます。ブログはこちら→http://ngo-kyodo.org/2024noto/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。  https://congrant.com/project/ngokobe/605 ・ヤフー募金でもご寄付いただけます。  https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240008・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556  名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2024年能登半島地震」と記入して下さい。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
「令和6年(2024年)能登半島地震救援ニュース」No.53 今年の元日に能登半島地震が発生し、まもなく4ヶ月が過ぎようとしています。みなさまにおかれましては、この間、貴重なご寄付をはじめ物心両面で多大なるご支援を下さいましたことに、衷心より感謝を申し上げます。ほんとうにありがとうございました。 その上で、以下のようなご寄付のお願いをさせて頂くのは、ほんとうに心苦しいのですが、2007年の能登半島地震以来のお付き合いをさせて頂いてきた曹洞宗興禅寺住職(輪島市門前町走出)市堀玉宗師よりの能登再建の並々ならぬ決意を受けて、みなさまに重ね重ねご支援を賜りたいとお願いする次第であります。末尾に記している永福寺(輪島市鳳至町石浦)は、市堀玉宗師のご長男が住職を務めているお寺であります。この度の地震で準半壊という認定を受けた被害ですが、本来の寺の役割かつ仏弟子としての市堀玉宗師の能登再建をふまえての覚悟を込めて、解体後に小さいながらも『お堂』を建造することでの再出発することになりました。何卒、ご支援を賜りたくよろしくお願いするとともに、下記のお願いをできる限りの拡散して下さることを望みます。被災地NGO恊働センター 顧問 村井雅清                                (2024年4月23日) 『永福寺被災、その後』 永福寺復興支援をして頂いた方々へのご報告を兼ねて、寺の現状をお伝えします。復興再生の基本的なところは弟子に委ねていることは変わりません。これはあくまで永福寺前住職である私の願望です。動画で吐露した朝市観音の構想は支援先として期待していた台湾の慈善団体が、自国の震災ということで恐らく当然のことながら自国優先で能登の支援は絶ち消えになるでしょう。永福寺住職である弟子の孝宗は大乗寺にお勤めしながら、彼なりに知人の知恵や縁故の力を頼りに永福寺の再生を模索しているようですが、未だ形にはできていないようです。私的には解体撤去して縮小再出発をしたいのですが、「準半壊」と査定され「半壊」になって公費解体を願い出たく申立てをして、今はその再審査待ちです。いずれにしても、寺の年間行持は以前のようにできるまでには数年かかりましょう。伽藍がなくてもできる行持もなくはありません。寒行托鉢やお盆の棚経も来年からはできるでしょう。葬式は以前から年間を通じて頼まれることはほとんどありません。震災以前からの風潮である家族葬流行で教区寺院の葬儀に随喜する機会も激減しました。こんな状況下、檀家のない永福寺ですが、これまで少ないながら地域の人たちの心のよりどころとなっていたと自負しています。そのような篤い信者のためにもお堂レベルの伽藍でも構わないので建立したいのです。輪島の被災状況、宗教意識、家族意識などを考慮すれば、弟子の言うように永福寺には大伽藍など意味がありません。義母が亡くなった後、興禅寺には私と妻が、義姉はみなし仮設住宅から永福寺にある自分の持ち物を整理すべく、興禅寺に泊まったりして金沢を行き来しています。興禅寺は今回の地震に耐えてくれて、寺族の避難場所としても機能していますが、興禅寺檀家の現況を考慮すれば永福寺と同様の事情を抱えています。そのために次の代に引き渡すべく、できる範囲で力を尽くしていこうと思っています。お陰様で国民年金も少しばかり当たるので喰うには困らないでしょう。非日常を越えたこころの安らぎをわがものとして終活にいそしみたいものです。支援していただいている方々には末永く永福寺の行く末を見守って戴けたら、仏弟子としての本懐これに過ぎるものはありません。皆様の、ご清寧なる日々を能登の地より祈念して、ご報告と致します。合掌。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・※ 永福寺令和6年能登半島地震被災復興支援勧進〒928-0074石川県輪島市鳳至町石浦町1鳳来山永福寺・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・郵便振替口座加入者名  永福寺00750 5 101412  十方有縁の施主皆様の仏心に縋ります。  永福寺住職 市堀孝宗  合掌  興禅寺住職 市堀玉宗  合掌 ... See MoreSee Less
View on Facebook