まけないぞう

まけないぞうを購入する
まけないぞうを購入したい方はオンラインショップから、または事務局までお問い合わせください。
メルマガ【まけないぞう"ちょっと"ニュース】
配信希望の方はこちらからお申し込みください。

まけないぞうって何?

 「まけないぞう」は、阪神・淡路大震災後KOBE発「生きがい恊働事業」として、1997年にスタートしました。「一本のタオル運動」で集められたタオルを被災者がぞうの形をした壁掛けタオルに変えて販売をしています。新潟県中越地震や東日本大震災の被災地にも広がっています。
 被災者手作りのまけないぞうを購入することによって、被災地のコミュニティ支援、生きがいづくり、仕事づくりの支援になります。

まけないぞうの仕組み

  まけないぞうの仕組みまけないぞうの内訳
 定価400円のうち、100円が製作者の直接収入となります。東日本大震災から「まけないぞう基金」をスタートさせ、50円を基金として積み立てて、被災地に還元していきます。その残りの250円から材料費、輸送費、通信費などを引いた額が恊働センターの収入になり、被災地支援のために行われているさまざまな活動に使わせて頂きます。
 このまけないぞうの存在によって、被災者や支援者にとってはお金以上にかけがえのない心の支えになっています。

一本のタオル運動

「一本のタオル運動」とは、「まけないぞう」の材料となる新品のタオルを全国の方々からお寄せいただいている運動です
 この運動を通して、大人から子どもまでたった一本のタオルでボランティアができます。「現地には行けないけど、これで被災地の応援ができる」、「タオル集めを通して地域で人の輪が広がった」などの声をいただいています。
全国の被災地へも届ける
 タオルは神戸の被災地だけでなく、全国各地で発生している被災地でもお役立ていただいてきました。
 阪神・淡路大震災の時、全国・全世界の方々から助けられ、支えられてきたことに恩返しがしたい、他の被災地の方々に対して少しでも何かできたらという気持ちを込めて、この運動で集まったタオルの一部を届けています。みなさんの温かな心と一緒に・・・。
東日本のまけないぞうを支えるために
 2011年3月末より、私たちは東日本大震災の被災地でもまけないぞうづくりをすすめてきました。どなたでもタオル1本で東日本の支援ができます。
 
まけないぞうと子どもまけないぞうの作り手さん

◆タオルを送りたい方は・・・
 ・ 新品の清潔なものに限ります。
 ・ 色や柄は何でも結構です。
 ・ 広告はどちらか片端であれば大丈夫です。
 ・ 大きさは一般的な浴用のフェイスタオルです。
 ・ 輸送費のため、タオル1枚に10円のカンパにご協力をお願いします。
タオルの宛先については、お手数ですが、被災地NGO恊働センターまでお問い合わせ下さい。

※2012年3月23日以降、これまで表示しておりました神戸市西区の宛先は変更となりましたので、お送りいただきませんようお願い致します。お手数をおかけして恐縮ですが、必ず事前に被災地NGO恊働センターにお問い合わせいただきますようお願い致します。

 被災地NGO恊働センター まけないぞう事業部 
 〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10
 TEL:078-574-0701 FAX:078-574-0702   
 E-mail:info@ngo-kyodo.org
 ★郵便振替 00930-5-80666 加入者名:まけないぞう
 ★ゆうちょ銀行 店名:〇九九(ゼロキユウキユウ) 店番:099
         口座番号:当座0080666 名義:まけないぞう

まけないぞうがつなぐ遠野物語

東日本大震災の被災地で現在もまけないぞうづくりが続いています。東北からの支援レポートを配信しています。

資料ダウンロードはコチラ

チラシ(日本語) サンプル表示  DL
チラシ(英語) サンプル表示  DL
チラシ(スペイン語) サンプル表示  DL
チラシ(中国語) サンプル表示  DL
リーフレット (説明用) サンプル表示  DL
リーフレット (販促用) サンプル表示  DL
一括ダウンロード.exe



被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
CODE海外災害援助市民センターさんの投稿の写真 ... See MoreSee Less
View on Facebook
被災地NGO恊働センターです!七尾市を応援するステッカーが完成しました〜地元のデザイナーさんに作成していただき、地元の印刷所でプリントしていただきました。ぜひ七尾に足を運んでステッカーも広げてください!! ... See MoreSee Less
View on Facebook
被災地NGO恊働センター「令和6年(2024年)能登半島地震救援ニュース」No.60「やさしや足湯隊ニュース」No.4 私たちは能登半島地震の支援活動に携わりたい若者を中心として、足湯ボランティアを行う「やさしや足湯隊」結成しました。全国から集まる学生、若者と共に足湯ボランティアの活動を通して、被災地でほっと安らげる一時を提供し、被災した方々から発せられる一つ一つの「つぶやき」に向き合っています。参加した学生の感想です。----------------------------------------------今振り返ると、ここ最近で一番感情が忙しかったなと思いました。嬉しさ、虚しさ、楽しさ、驚きが一気に降り注いで冷静を保ちながらボランティアをすることに必死だったなと、感想レポートを書いていてふと感じました。 一日目、小牧への移動中の電車で外を見ながら感じたのは、思っているよりも被害が少ないということでした。もちろん、ブルーシートを被っていたり、ブロック塀が傾いていたり、一部倒壊しているのを見ると心が痛かったですがそれでもまだここら辺は大丈夫なんだと思っていました。 二日目、午前中は家のお片付けをしました。ごみを運び、割れたガラスや家具の片づけをしました。私はとにかく衝撃が大きかったです。外はブルーシートをかぶっているのみで綺麗に片付いているのに、中はぐちゃぐちゃで、とても住めるような状況じゃなく、地味に酷いという地域の方の言葉がぴったりでした。それでもともに片付けていた家の方はパワフルで優しくて、私はどんどん片付けてられて行くのが楽しくて、滞ることなく進めることが出来ました。どこからその元気が出てくるのだろうと考えたとき、元気にしないと保てないのかな、、?とふと思いました。悲観していたらやっていけないみたいな。実際にその方たちに聞いたわけではないので憶測ですが、そう感じました。 二日目の午後と三日目は足湯をしました。足湯をしてくださったおばあちゃん、おじいちゃんは、とても気持ちよさそうにしていてこちらもうれしい気持ちになりました。印象に残っているのは、小牧集会所近くのコミュニティーセンターと輪島高校では空気の重さが違うことでした。被災が大きい輪島高校はかなり空気が重く、殺伐としている印象でした。 共にボランティアをした仲間は自分の考えを持っている人たちで話していて得ることが多く、本当に来てよかったと思いました。日常生活からは得られない体験をすることが出来て嬉しく思います。また参加したいです。最後にこのボランティアを主催してくださった山村さん、CODE 海外災害援助市民センターのスタッフの皆様、このような機会を頂きありがとうございました。(埼玉大学 阿部さくら)----------------------------------------------クラウドファンディングも実施中です。詳細はこちらから見れます。https://congrant.com/project/ngokobe/10525よろしくお願いします!!*私たちの活動は、日本財団「災害発生前後の初動期に関する支援活動」助成を頂き活動しています。*私たちの活動は、CivicForceのパートナー協働事業に支えられ活動しています。www.civic-force.org/info/activities/earthquake202401/20240130.html引き続き現地からの情報を発信していきます。ブログはこちら→http://ngo-kyodo.org/2024noto/ ... See MoreSee Less
View on Facebook