終了した活動

2018年大阪北部地震

2018年の大阪北部地震の救援活動を実施しました。
レポートはコチラから。


2018大阪北部

2017年九州北部豪雨災害

2017年の豪雨災害により、大きな被害のあった大分県日田市で活動を実施しました。
レポートはコチラから。


2017九州豪雨

2015年東北関東豪雨災害

2015年の豪雨災害により、大きな被害のあった茨城県常総市で活動を実施しました。
レポートはコチラから。


2014豪雨

2014年7月8月豪雨災害

2014年の豪雨災害により、大きな被害のあった広島市で活動を実施しました。
レポートはコチラから。


2014豪雨

東日本大震災(終了したもの)

東日本大震災の支援は継続しています。こちらのプロジェクトは終了したもののみです。
野菜サポーター
東日本大震災への支援として「宮崎から東北へ、たすけあいの輪~野菜サポーター~」プロジェクトを行いました。2011年1月の噴火被害を受けた宮崎の農家さんから野菜を買わせていただき、それを東北での炊き出しに使っていただくものです。被災地から被災地へと、「応援していますよ!」のメッセージを野菜に乗せて運びました。 レポートはコチラ





野菜

アレルギー対応粉ミルクプロジェクト
避難所にいるお母さんや子どもたちのためのアレルギー対応粉ミルクを募集し、お届けしました。レポートはコチラ
粉ミルク

九州北部豪雨・京都南部豪雨

2012年の大雨災害により、大きな被害のあった九州北部・大分県竹田市と京都南部・宇治市へスタッフを派遣しました。
レポートはコチラから。


九州北部豪雨

霧島連山・新燃岳噴火災害

2011年1月26日、宮崎県新燃岳の噴火が始まりました。被災地NGO恊働センターでは、2月にスタッフと大学生ボランティアを派遣。震災がつなぐ全国ネットワークの一員として支援活動を行いました。東日本大震災発生後は、野菜サポーター事業を展開しています。(現在は終了)
詳しいレポートは、こちらをご覧ください。


新燃岳

兵庫県佐用町水害

2009年8月の水害直後からスタッフやKOBE足湯隊を派遣し、災害ボランティアセンターのサポート等の活動を行いました。KOBE足湯隊の活動は現在も継続しています。
その後、浸水した家屋の床下に「調湿」のための炭入れ活動を行いました。また、作用特産の竹炭に着目し炭作りや竹炭祭りなどのイベント活動も行いました。
水害は山が荒廃しているという原因にも着目し、間伐作業等のお手伝いも行っています。(不定期に継続中)
“すみタン”が綴る「水害被災地に“炭”を送ろう」プロジェクト
佐用町からの現地レポート
「佐用竹炭まつりブログ」


佐用町炭焼き

その他のプロジェクト

過去のプロジェクトはコチラのブログをご覧ください
これまでの活動


被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
能登半島の被災地。最近炊き出しがあまりないのですが、こちら七尾市中島町の小牧拠点「じんのび広場」では久しぶりにこの週末は、京都から「Team 癒しing」のみなさんのハヤシライス、宮城県からは3度目のナポリタン、本日11日は湘南から「DxD‗COFFEE」のコーヒーとカットボランティアさんが来てくれました。地元の方からの差し入れのクッキーやミルクもお持ちいただきました!今日はいいお天気で、みなさんに大好評です。住民さんにお話を聞くと、まだお風呂が壊れていて業者が忙しく、修理にきてくれない。お水も宅内の配管に影響があるのか、少しずつしか出ていないということです。近所の人はまだ数軒お水も出ない人もいるみたいで、親戚のところにお水をもらいに行っている状況だそうです。これから暑さに向かう中、お水もお風呂も一日も早く復旧することを願うばかりです。(能登半島支援担当:増島) ... See MoreSee Less
View on Facebook
能登半島地震から半年が過ぎました。活動拠点のある七尾市中島町小牧で昨日の朝、定例ミーティングをしている最中、突如として住宅街にけたたましい音が鳴り響いた。住民さんが走り出し、後を追いかけていくと、傾いていた納屋が倒壊していた。たまたま応援に来ていた技術系ボランティアのDRT栃木、山本町おてら災害ボランティアセンター、ちーむこのへんのメンバーと道路啓開に急きょ活動内容を変更。ボランティアさんもたくさんいたお陰で、作業もスムーズに進みました。被災地にはまだまだ危険な家屋や倒れかけのブロックなどが多くあります。公費解体ははじまりつつあるようですが、かなり遅れています。今回はたまたまケガ人がありませんでしたが、被災地では6ヶ月経ったいまも危険と隣り合わせにいます。行政には迅速に公費解体を進めて欲しいです。「6ヶ月経っても何も変わっとらん」という被災者の言葉が胸に悲しく響きます。(能登支援担当:増島) ... See MoreSee Less
View on Facebook
CODE海外災害援助市民センターさんの投稿の写真 ... See MoreSee Less
View on Facebook