終了した活動

2018年大阪北部地震

2018年の大阪北部地震の救援活動を実施しました。
レポートはコチラから。


2018大阪北部

2017年九州北部豪雨災害

2017年の豪雨災害により、大きな被害のあった大分県日田市で活動を実施しました。
レポートはコチラから。


2017九州豪雨

2015年東北関東豪雨災害

2015年の豪雨災害により、大きな被害のあった茨城県常総市で活動を実施しました。
レポートはコチラから。


2014豪雨

2014年7月8月豪雨災害

2014年の豪雨災害により、大きな被害のあった広島市で活動を実施しました。
レポートはコチラから。


2014豪雨

東日本大震災(終了したもの)

東日本大震災の支援は継続しています。こちらのプロジェクトは終了したもののみです。
野菜サポーター
東日本大震災への支援として「宮崎から東北へ、たすけあいの輪~野菜サポーター~」プロジェクトを行いました。2011年1月の噴火被害を受けた宮崎の農家さんから野菜を買わせていただき、それを東北での炊き出しに使っていただくものです。被災地から被災地へと、「応援していますよ!」のメッセージを野菜に乗せて運びました。 レポートはコチラ





野菜

アレルギー対応粉ミルクプロジェクト
避難所にいるお母さんや子どもたちのためのアレルギー対応粉ミルクを募集し、お届けしました。レポートはコチラ
粉ミルク

九州北部豪雨・京都南部豪雨

2012年の大雨災害により、大きな被害のあった九州北部・大分県竹田市と京都南部・宇治市へスタッフを派遣しました。
レポートはコチラから。


九州北部豪雨

霧島連山・新燃岳噴火災害

2011年1月26日、宮崎県新燃岳の噴火が始まりました。被災地NGO恊働センターでは、2月にスタッフと大学生ボランティアを派遣。震災がつなぐ全国ネットワークの一員として支援活動を行いました。東日本大震災発生後は、野菜サポーター事業を展開しています。(現在は終了)
詳しいレポートは、こちらをご覧ください。


新燃岳

兵庫県佐用町水害

2009年8月の水害直後からスタッフやKOBE足湯隊を派遣し、災害ボランティアセンターのサポート等の活動を行いました。KOBE足湯隊の活動は現在も継続しています。
その後、浸水した家屋の床下に「調湿」のための炭入れ活動を行いました。また、作用特産の竹炭に着目し炭作りや竹炭祭りなどのイベント活動も行いました。
水害は山が荒廃しているという原因にも着目し、間伐作業等のお手伝いも行っています。(不定期に継続中)
“すみタン”が綴る「水害被災地に“炭”を送ろう」プロジェクト
佐用町からの現地レポート
「佐用竹炭まつりブログ」


佐用町炭焼き

その他のプロジェクト

過去のプロジェクトはコチラのブログをご覧ください
これまでの活動


被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
「2021年8月豪雨(仮称)支援レポートー25」(武雄からの現地レポートです。) おもやいボランティアセンターでは、被災直後から毎日ずっと続けてきたお昼の配食のサービスが先週で終了しました。今後は、週2回になります。また、夜の配食サービスも残念ながら終了となりました。地元のレストランやボランティアのみなさんが力を合わせて、お弁当を届けてきました。 食というのは本当にとても大切なものです。災害後はなにかと、カップラーメンやおにぎり、菓子パンなど炭水化物中心の食事になりがちで体調を崩したり、気持ちも落ち込んでいきます。 今回は約2ヶ月に渡り、お食事を届けることで、体調面、自宅の進捗状況、困り事の相談、お話相手など、いくつもの交流が生まれました。その中で、被災者のニーズを汲み取り、支援に繋がるケースもいくつもあります。看護師や建築士などの専門家につないだり、お風呂にお連れしたり、買い物支援や物資の配布、家の片付けや修復などたくさんのニーズにお応えしてきました。 被災直後はあまりのショックで、体調不良を訴えていた人も徐々に元気を取り戻していく姿をみると、私たちボランティアも嬉しくなります。 たくさんの人たちの「おもやい」でお弁当をお届けすることができました。 みなさん、ありがとうございました!おもやいボランティアセンターでは、今後も要配慮者のかたには週2階のお弁当をお届けしていきますので、引き続きご支援お願いします。(増島智子)*当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/20218gatugou/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフーネット募金からも寄付できます。(クレジットカード・Tポイントで寄付できます) https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240004・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2021年8月豪雨」と記入して下さい。★マンスリーサポーター募集中congrant.com/project/ngokobe/632-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
「2021年8月豪雨(仮称)支援レポートー25」(武雄からの現地レポートです。) 佐賀県武雄市では、水害から二ヶ月が過ぎました。二度の水害を受けた被災地では、元の家に住み続ける人、迷っている人、また来年も水害がきたらと不安な気持ちで生活を送っている住民さんたちがいます。そんな人たちにボランティアは、迷い、悩みながら活動を続けています。 現地ではまだ、季節外れの真夏のような暑さが続いていますが、週末からは気温がぐっと下がる予報です。被災家屋は、水に濡れた壁や床を剥いでいるので、寒さを感じやすくなっています。そろそろ寒さ対策をはじめる季節です。大工さんの本格的な工事が始まる前に、コンパネで床や壁を仮張りしたり、暖房器具などをお配りしたりしています。 他にも、リサイクルでベットをお届けしたり、テーブルや食器棚、お布団など生活に必要なものをお届けしています。 2年の間に2回の被害を受け、被災者にとっては経済的な負担も大きく、少しでもその負担を減らすためにボランティアも毎日孤軍奮闘しています。  (増島 智子)-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
「2021年8月豪雨(仮称)支援レポートー24」(武雄からの現地レポートです。) 佐賀県武雄市の水害被災地では、間もなく2ヶ月を迎えようとしています。2年という短い間に2回の水害に遭い、まちを離れる決断をした人も少なくありません。 昨日は、旧北方幼稚園をお借りして「おもやいカフェ」を開催しました。物資・手作りグッズの配布、意見交換会、足湯、建築・弁護士相談会、マッサージ、馬や犬との触れ合い、かき氷、子どもの遊び場などカフェは盛り上がりました。また、去年水害に遭った球磨川の「個庫茶屋メンバー」(人吉)からは、人吉の高校生と旅館の女将さんとが一緒に造った「手づくりカンテラ」が送られてきました。カンテラには和紙で書いたいろいろな応援メッセージが貼られており、メンバーの代表園田さんは「人ごととは思えない。被災地を思う人たちがたくさんいることを感じて欲しい」と言葉を添えてくれました。、 夏の暑さのような晴天に恵まれ、子どもたちはたくさんの汗をかきながら、思いっきり園庭を走り回り、動物とも触れあいました。「こんなにたくさん遊べて、とてもよかったです!」とお母さんにも喜んで頂けました! 武雄市長さんにも参加頂いて、意見交換会もありました。参加した若い世代ではまちを離れる決断をした世帯がほとんどでした。今回は2回目の水害ということもあって、引っ越しをされる方が多く、寂しい限りです。 残された人、今後まちを支えていく若い人たちをどう支えていくかも大きな課題です。 また今回、参加してくれたボランティアの方々も出会いや発見がありました。地元で女性の相談などを行っている「ひとひとネット武雄」の庭木代表は「おもやいさんもがんばっているから、私たちも何かしなきゃと思って、物資を集めて、被災された方にお配りしたりしています。」と嬉しい言葉をいただきました。また、いつも配食のお弁当を作ってくれている伊万里の久保田鮮魚さんも「おもやいさんのお陰でお弁当をつくれるしボランティアも続けられます」と話してくれてSNSを通して全国から寄せられた手作りグッズを住民さんに配布してくれました。そして、個人でお手伝いに参加してくれた女性のボランティアさんは、「前回の水害で、地元でも被災した人がいたけど、自分は被災してないから、何かしたいけど、どう声をかけていいかわからずに何もできなかったんです。水害だと力仕事のイメージがあったけれど、お話を聴くだけでもいいと聞いて、今回思いきって参加しました。力がなくてもおしゃべり相手や物資の整理、配布などできることもあってよかったです!」と話してくれてました。「地元だから知ってる人ばかりと思っていたけれど、新たな出会いもあって、今回このイベントに参加できてよかったです!」などとボランティアに参加した人たちからもうれいし感想を頂きました!ほんとにおもやい(一緒に・共同して)の気持ちで開催できた一日になりました。 秋だと言うのに夏の暑さのような中、一瞬水害のことを忘れてたくさんの笑顔に出会えた日となりました。       (増島智子)             *当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/20218gatugou/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフーネット募金からも寄付できます。(クレジットカード・Tポイントで寄付できます)donation.yahoo.co.jp/detail/5240004・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2021年8月豪雨」と記入して下さい。 --★マンスリーサポーター募集中congrant.com/project/ngokobe/632-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
本日も笑顔をいっぱいでお米をお届け頂きました🥰丹波の方から球磨川流域で被災された方たちへ。遠くにいてもできることがあります。コロナ禍でみなさん大変なときに貴重なお米をありがとうございます。早速、ぞうの秤で小分けにして、中旬ごろには現地の方へお届けいたします! ... See MoreSee Less
View on Facebook
佐賀県の武雄市の水害支援に行っている間もまけないぞうのご注文を頂いたり、タオルを届けて頂きました。今日もタオルが届きました。ありがとうございます。各地で真夏日を観測していますが、景色は秋に近づいています。どんぐりとまけないぞう☺️🐘🐘☺️ngo-kyodo.org/makenaizouinfo/ ... See MoreSee Less
View on Facebook
昨年の球磨川流域の水害被災地へのお米も途切れることなく、届いています。八代市の坂本町で頂いてきたぞうの秤で小分けにしました🥰コロナや多発する水害ですが、球磨川流域の人たちも復旧活動が続いています。こちらへのご支援もよろしくお願いします。お米は今月中旬にお届け予定です! ... See MoreSee Less
View on Facebook
「2021年8月豪雨(仮称)支援レポートー23」武雄市で一般社団法人おもやいのサポートに入っています。先日、被災した家の被害認定調査の再調査に立ち会いをさせていただきました。床板を剥がす作業や、カビ取りの作業を進めながらの中での調査でした。家にお住まいのお母さんだけでは、市役所が来ても何を行っているかわからず不安だから立ち会って欲しいということで、お伺いしました。2年前の水害の際には、大規模半壊の判定だったそうですが、今回の水害では中規模半壊の判定になったそうで、判定が変わってしまった理由を聞きたいと市役所に申し出たところ、再調査になったとのことでした。今回の水害では、内水氾濫に近いような形で外圧による被害が少ない家が多く、被害認定調査も点数計算をして算出されています。外観の調査やぱっと見では被害の実態がわかりづらく、家の内部までしっかりと見て調査してもらうことで、お住まいの方も納得されたようです。「2年前に被害を受けた時に、無理を言ってキッチンなんかをきれいにやりかえたんだけど、それも全部ダメになって。だから、今回はなるべく使えるものは使おうと思ってしまったのがいかんやったね。カビがたくさん生えてきてしまったもんね」「いますぐこの家に住まんでも大丈夫ばってん、ご近所に迷惑かけるかもしれんと思ったらほっておけんでしょ。早くおもやいさんに相談ばしよったらよかったけど・・・」「今日はおってもらってよかった。市役所の説明も自分ひとりじゃわからんからね」2年間で二度の被災によって、精神的にも経済的にも被災者に大きな負担がかかっています。制度や仕組みもフル活用して、再建に向かうことが必要なのですが、どうしても複雑な仕組みでわかりづらく、使いにくい。あるいは、補助が十分ではなく、それだけでは再建が難しいという被災者が数多くいらっしゃいます。それぞれの災害と地域の実情に合わせて、制度や仕組みも柔軟に組み替えていく必要があるということを、被災された方のお話を聞くと強く感じます。 (頼政良太)*当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/20218gatugou/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフーネット募金からも寄付できます。(クレジットカード・Tポイントで寄付できます) donation.yahoo.co.jp/detail/5240004・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2021年8月豪雨」と記入して下さい。★マンスリーサポーター募集中congrant.com/project/ngokobe/632-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
「2021年8月豪雨(仮称)支援レポートー22」 昨日は、お天気に恵まれ、朝からおもやいの事務所前ではテントの設営に追われました。この日は大分県日田市から天ヶ瀬温泉の旅館組合のみなさんが、足湯に来てくれました。昨年の7月九州豪雨で被災し、立ち上がった一般社団法人あまみら(天ヶ瀬温泉未来創造プロジェクト)は天ヶ瀬温泉の再建に取り組んでいます。また、当センター代表頼政が理事を勤める2017年の九州北部豪雨をきっかけに設立されたNPO法人リエラ代表松永さんが橋渡し役となり、今回の足湯が実現できました。そして、会場は今回の8月豪雨で2年前と同様に被災した地元で有名なチャンポン屋さん「井手ちゃんぽん」さんの駐車場をお借りしました。こちらも前回以上の被害で毎日従業員のみなさんが、お店の片付けに追われています。 お互い被災した地域だからこそ、痛みの共有ができ、おもやいの精神が自然に生まれ支え合っています。途中、武雄の小松市長も飛び入り参加して足湯に浸りながら、住民さんの声に耳を傾けてくれました。住民さんも心も身体もほぐれて、笑顔がたくさんこぼれました。「あー気持ちいい」「これで午後からの仕事も頑張れるわ!」 中には、「おもやいとか、ボランティアってなんだかよくわからなかったけど、今回こんなにいろいろしてもらって、よーくわかった!ほんとに感謝してる!」と話してくれる人もいました。これだけ各地で災害が発生し、ボランティアの認知度も上がっているはずですが、まだまだ知らない人、ボランティアに遠慮している方もいるのですね。これからもおもやいメンバーと地元の人と繋がりを育みながら活動していきたいと思います。 最後に残った温泉をあまみらのみなさんのご厚意で住民さんのお風呂に直接いれて頂きました!嬉しいハプニングに住民さんも「わぁー、うれしか!今日足湯だったの忘れててー、最高です。」「2日も3日もこのお湯で入ろうかしら(笑)」とこれまで疲れが吹き飛んでいました。 あまみらのみなさんも「喜んでもらえて光栄です!」「私たちも被災したときに住民さんにも温泉をお届けしたんです!」とほんとにおもやいでした。天ケ瀬の被災地でも河川工事での立ち退き、中には再建の灯りが灯った旅館もあるそうですが、まちの再建にはまだまだ課題があるそうです。そんな中これからも被災地の交流を通して、お互いに支え合ってまちの未来を創造できたら素晴らしいですね。 最後に天ケ瀬温泉のみなさんは武雄温泉に入って一日の汗を流し帰路に着きました! みなさん本当にありがとうございました。         (増島智子)*当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/20218gatugou/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフーネット募金からも寄付できます。(クレジットカード・Tポイントで寄付できます) donation.yahoo.co.jp/detail/5240004・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2021年8月豪雨」と記入して下さい。★マンスリーサポーター募集中congrant.com/project/ngokobe/632-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
「2021年8月豪雨(仮称)支援レポートー21」 ここ数日朝晩はめっきり涼しくなりましたが、昼間は立秋だというのに夏のような暑さが続いています。住民さんも「ぬくかぁー」と汗をぬぐいながら、片付け作業を進めています。 継続中のお宅で、壁を剥がしてカビ取りと消毒です。コミサポひろしま、災害NGO結、OKBASE、日本財団などのボランティアメンバーで、トイレや台所など生活に欠かせない場所を一気に仕上げました。壁剥がしはあまりしたことがないメンバーも見様見真似で作業を進めていきます。メンバーの中にははじめての被災地での活動する人もいて「いろいろな作業があるんですね。道具もたくさん必要だし、助成金の申請用紙を見ているだけではわからないことも現場にくるととても勉強になります」と話してくれました。 そして、昨日9月24日は避難所が閉鎖され、避難していた住民さんはそれぞれみなし仮設や工事中の自宅に戻りました。自宅では2階生活やとりあえず寝食ができるスペースを確保していますが、床下や壁などの乾燥を待ちながらの生活です。 水害で荷物を2階に押し込んだり、1階のモノも片付けをする度に動かしたりまとめたりしているので、モノがどこへいったかわからないような状態で、住民さんも頭がパニックになり体も心もヘトヘトです。このような大変な思いをたった2年前にしたばかりで、被災住民の心はとても傷つき、再建に向け気力がわかない人もいます。「2年前よりも力がなくなったよ。前のように体がうごかんよ。」「また、お金をかけても、来年も水害がきたらと思うと…」と諦めに似た言葉をたくさん耳にします。かける言葉がみつかりません。家の修復だけでも現行制度の生活再建支援法だではとうてい賄えません。それに加えて心のケア、体調管理など必要な支援はまだあります。どうぞ、長い目でご支援よろしくお願いします。          (増島智子)*当センターの活動内容はブログで写真もぜひご覧ください。ngo-kyodo.org/20218gatugou/■活動支援金のご協力をお願い致します。・クレジットカードでも寄付ができます。 https://congrant.com/project/ngokobe/605・ヤフーネット募金からも寄付できます。(クレジットカード・Tポイントで寄付できます) donation.yahoo.co.jp/detail/5240004・郵便振替 口座番号:01180-6-68556/加入者名:被災地NGO恊働センター・銀行振込 ゆうちょ銀行 一一九支店 当座番号 NO.0068556 名義:ヒサイチNGOキョウドウセンター*お手数ですが、備考欄に「2021年8月豪雨」と記入して下さい。★マンスリーサポーター募集中congrant.com/project/ngokobe/632-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook