被災地NGO恊働センター

まけないぞう

まけないぞうを購入する
まけないぞうを購入したい方はオンラインショップから、または事務局までお問い合わせください。
メルマガ【まけないぞう"ちょっと"ニュース】
配信希望の方はこちらからお申し込みください。

まけないぞうって何?

 「まけないぞう」は、阪神・淡路大震災後KOBE発「生きがい恊働事業」として、1997年にスタートしました。「一本のタオル運動」で集められたタオルを被災者がぞうの形をした壁掛けタオルに変えて販売をしています。新潟県中越地震や東日本大震災の被災地にも広がっています。
 被災者手作りのまけないぞうを購入することによって、被災地のコミュニティ支援、生きがいづくり、仕事づくりの支援になります。

まけないぞう20年ありがとうキャラバン

KOBE発生きがい支援恊働事業「まけないぞう」を長期に渡りご支援頂きありがとうございます。阪神・淡路大震災をきっかけとして2年後の1997年7月に生まれた「まけないぞう」が20歳になります。ずっと「まけないぞう」は多くの被災者の心の支えになってきました。
今年はこれまでご支援して頂いた方々にお礼とご報告をするために、みなさまのお住いの町へお伺いし、「まけないぞう」を通して頂いた、たくさんの幸せをみなさんと共有したいと思います。ご協力お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。
まけないぞう20年のあゆみ
まけないぞうまけないぞうありがとうキャラバン

~キャラバン受け入れのためにお願いしたい、具体的な内容とは?~

1、 キャラバン隊(1~2名)を受け入れして下さる地域や団体を求めています。
2、 まけないぞうの販売ブースのご提供。(長机2本とパイプ椅子2脚程度)を求めています。
3、 「まけないぞう」「被災地の現状」「防災・減災」「災害救援」「ボランティア」などについての講演会の開催。(テーマは何でもご相談に応じます。講師料無料)
4、 「一本のタオル運動」へのご協力をお願いします。
5、 その他(要相談)

上記のような形で「まけないぞう20年ありがとうキャラバン」にご協力をして下さる方は、誠に恐縮ですが、下記の2点が受け入れの条件となります。ご理解の程よろしくお願いします。
*神戸からの交通費のご負担をお願いします。
*「まけないぞう」販売の機会を設けて頂きます。

まけないぞうの仕組み

  まけないぞうの仕組みまけないぞうの内訳
 定価400円のうち、100円が製作者の直接収入となります。東日本大震災から「まけないぞう基金」をスタートさせ、50円を基金として積み立てて、被災地に還元していきます。その残りの250円から材料費、輸送費、通信費などを引いた額が恊働センターの収入になり、被災地支援のために行われているさまざまな活動に使わせて頂きます。
 このまけないぞうの存在によって、被災者や支援者にとってはお金以上にかけがえのない心の支えになっています。

一本のタオル運動

「一本のタオル運動」とは、「まけないぞう」の材料となる新品のタオルを全国の方々からお寄せいただいている運動です
 この運動を通して、大人から子どもまでたった一本のタオルでボランティアができます。「現地には行けないけど、これで被災地の応援ができる」、「タオル集めを通して地域で人の輪が広がった」などの声をいただいています。
全国の被災地へも届ける
 タオルは神戸の被災地だけでなく、全国各地で発生している被災地でもお役立ていただいてきました。
 阪神・淡路大震災の時、全国・全世界の方々から助けられ、支えられてきたことに恩返しがしたい、他の被災地の方々に対して少しでも何かできたらという気持ちを込めて、この運動で集まったタオルの一部を届けています。みなさんの温かな心と一緒に・・・。
東日本のまけないぞうを支えるために
 2011年3月末より、私たちは東日本大震災の被災地でもまけないぞうづくりをすすめてきました。どなたでもタオル1本で東日本の支援ができます。
 
まけないぞうと子どもまけないぞうの作り手さん

◆タオルを送りたい方は・・・
 ・ 新品の清潔なものに限ります。
 ・ 色や柄は何でも結構です。
 ・ 広告はどちらか片端であれば大丈夫です。
 ・ 大きさは一般的な浴用のフェイスタオルです。
 ・ 輸送費のため、タオル1枚に10円のカンパにご協力をお願いします。
タオルの宛先については、お手数ですが、被災地NGO恊働センターまでお問い合わせ下さい。

※2012年3月23日以降、これまで表示しておりました神戸市西区の宛先は変更となりましたので、お送りいただきませんようお願い致します。お手数をおかけして恐縮ですが、必ず事前に被災地NGO恊働センターにお問い合わせいただきますようお願い致します。

 被災地NGO恊働センター まけないぞう事業部 
 〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10
 TEL:078-574-0701 FAX:078-574-0702   
 E-mail:info@ngo-kyodo.org
 ★郵便振替 00930-5-80666 加入者名:まけないぞう
 ★ゆうちょ銀行 店名:〇九九(ゼロキユウキユウ) 店番:099
         口座番号:当座0080666 名義:まけないぞう

まけないぞうがつなぐ遠野物語

東日本大震災の被災地で現在もまけないぞうづくりが続いています。東北からの支援レポートを配信しています。

資料ダウンロードはコチラ

チラシ(日本語) サンプル表示  DL
チラシ(英語) サンプル表示  DL
チラシ(スペイン語) サンプル表示  DL
チラシ(中国語) サンプル表示  DL
リーフレット (説明用) サンプル表示  DL
リーフレット (販促用) サンプル表示  DL
一括ダウンロード.exe


被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン

1 week ago

被災地NGO恊働センター

「再度ご案内!【8/10(金)実施】平成30年7月豪雨水害ボランティアバスを運行します」

まだ7~8席程空きがございます。返信からでもご質問など受付しております。ぜひお気軽にお問合せ、お申込みください。

交通費はいりません!!「平成30年7月豪雨水害」の被災地の方々の為、神戸からボランティアバスで応援にかけつけましょう!!
-被災地応援のボラバスを以下のように運行します―
「ボランティアをしたいけど、初めてなので一人でどうしたらいいのか?」
「1日でも何か役に立たないだろうか?」と思っている人は、是非参加しませんか?

日時:8月10日(金)JR神戸駅南口集合
午前7時出発(集合6時40分)JR神戸駅前午後6時半頃着(運行:名鉄観光)
活動場所:倉敷市真備町
定員 15名(先着順)

西日本や中部地方の一部を襲った「平成30年7月豪雨」災害は、平成時代最悪の甚大な被害をもたらしました。被災地では連日の猛暑にもかかわらず、全国各地からボランティアが駆けつけ、泥出しや家具の片付け、清掃などの作業を行っています。
しかし、ボランティアの数は全く不足しております。被災地ではまだ断水が続いていたり、渋滞があったりと不便な状態ですが、一人でも多くのボランティアさんを被災地まで届けるために、標記のようなスケジュールで運行します。参加希望者は、下記の被災地NGO恊働センターまでご連絡下さい。

●総合問い合わせ
 【事務局】被災地NGO恊働センター
   E-mail info@ngo-kyodo.org
   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702
   〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10
全体責任者 村井雅清 090-3160-3816
当日担当者 上野智彦 090-5857-6794

ボランティアバス事業は公益社団法人Civic Forceからご支援をいただき、パートナー協働事業として行います。

本ボランティアバス運行の詳細は添付書面をご覧ください。

★災害救援金を募集しています。
 ゆうちょ銀行一一九(イチイチキュウ)店 当座0068556、郵便振替:01180-6-68556
 口座名義:被災地NGO恊働センター
 *「201807豪雨」と明記下さい
★クレジット寄付のページ
 https://www2.donation.fm/kobe117ngo/form.php
★マンスリーサポーターの仕組みができました!
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html
--------------------------
被災地NGO恊働センター
〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL:078-574-0701 FAX:078-574-0702
E-mail:info@ngo-kyodo.org
... See MoreSee Less

View on Facebook

2 weeks ago

被災地NGO恊働センター

「【8/10(金)実施】平成30年7月豪雨水害ボランティアバスを運行します」

交通費はいりません!!「平成30年7月豪雨水害」の被災地の方々の為、神戸からボランティアバスで応援にかけつけましょう!!
-被災地応援のボラバスを以下のように運行します―
「ボランティアをしたいけど、初めてなので一人でどうしたらいいのか?」
「1日でも何か役に立たないだろうか?」と思っている人は、是非参加しませんか?

日時:8月10日(金)JR神戸駅南口集合
午前7時出発(集合6時40分)JR神戸駅前午後6時半頃着(運行:名鉄観光)
活動場所:倉敷市真備町
定員 15名(先着順)

西日本や中部地方の一部を襲った「平成30年7月豪雨」災害は、平成時代最悪の甚大な被害をもたらしました。被災地では連日の猛暑にもかかわらず、全国各地からボランティアが駆けつけ、泥出しや家具の片付け、清掃などの作業を行っています。
しかし、ボランティアの数は全く不足しております。被災地ではまだ断水が続いていたり、渋滞があったりと不便な状態ですが、一人でも多くのボランティアさんを被災地まで届けるために、標記のようなスケジュールで運行します。参加希望者は、下記の被災地NGO恊働センターまでご連絡下さい。

●総合問い合わせ
 【事務局】被災地NGO恊働センター
   E-mail info@ngo-kyodo.org
   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702
   〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10
全体責任者 村井雅清 090-3160-3816
当日担当者 上野智彦 090-5857-6794

ボランティアバス事業は公益社団法人Civic Forceからご支援をいただき、パートナー協働事業として行います。

本ボランティアバス運行の詳細は添付書面をご覧ください。

★災害救援金を募集しています。
 ゆうちょ銀行一一九(イチイチキュウ)店 当座0068556、郵便振替:01180-6-68556
 口座名義:被災地NGO恊働センター
 *「201807豪雨」と明記下さい
★クレジット寄付のページ
 https://www2.donation.fm/kobe117ngo/form.php
★マンスリーサポーターの仕組みができました!
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html
--------------------------
被災地NGO恊働センター
〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL:078-574-0701 FAX:078-574-0702
E-mail:info@ngo-kyodo.org
... See MoreSee Less

View on Facebook

3 weeks ago

被災地NGO恊働センター

「被災地周辺からの応援を支援する“ボランティア・バス プロジェクト”に全国のみなさまのお力を貸してくださいませんか!!」

被災地NGO恊働センターでは、夏休みという機会を活かし、西日本の被災地を周辺地域からボランティアを募り、その地域の主要駅からボランティア・バスを出し、みなさまと共に少しでも被災地の力になりたいと考えています。(バスチャーター費用は当方が負担します。)ボランティアバスを連れて被災地へ支援に向かいたい、ボランティアバスに参加したいという方はぜひご一読ください!
... See MoreSee Less

View on Facebook