まけないぞう

まけないぞうを購入する
まけないぞうを購入したい方はオンラインショップから、または事務局までお問い合わせください。
メルマガ【まけないぞう"ちょっと"ニュース】
配信希望の方はこちらからお申し込みください。

まけないぞうって何?

 「まけないぞう」は、阪神・淡路大震災後KOBE発「生きがい恊働事業」として、1997年にスタートしました。「一本のタオル運動」で集められたタオルを被災者がぞうの形をした壁掛けタオルに変えて販売をしています。新潟県中越地震や東日本大震災の被災地にも広がっています。
 被災者手作りのまけないぞうを購入することによって、被災地のコミュニティ支援、生きがいづくり、仕事づくりの支援になります。

まけないぞうの仕組み

  まけないぞうの仕組みまけないぞうの内訳
 定価400円のうち、100円が製作者の直接収入となります。東日本大震災から「まけないぞう基金」をスタートさせ、50円を基金として積み立てて、被災地に還元していきます。その残りの250円から材料費、輸送費、通信費などを引いた額が恊働センターの収入になり、被災地支援のために行われているさまざまな活動に使わせて頂きます。
 このまけないぞうの存在によって、被災者や支援者にとってはお金以上にかけがえのない心の支えになっています。

一本のタオル運動

「一本のタオル運動」とは、「まけないぞう」の材料となる新品のタオルを全国の方々からお寄せいただいている運動です
 この運動を通して、大人から子どもまでたった一本のタオルでボランティアができます。「現地には行けないけど、これで被災地の応援ができる」、「タオル集めを通して地域で人の輪が広がった」などの声をいただいています。
全国の被災地へも届ける
 タオルは神戸の被災地だけでなく、全国各地で発生している被災地でもお役立ていただいてきました。
 阪神・淡路大震災の時、全国・全世界の方々から助けられ、支えられてきたことに恩返しがしたい、他の被災地の方々に対して少しでも何かできたらという気持ちを込めて、この運動で集まったタオルの一部を届けています。みなさんの温かな心と一緒に・・・。
東日本のまけないぞうを支えるために
 2011年3月末より、私たちは東日本大震災の被災地でもまけないぞうづくりをすすめてきました。どなたでもタオル1本で東日本の支援ができます。
 
まけないぞうと子どもまけないぞうの作り手さん

◆タオルを送りたい方は・・・
 ・ 新品の清潔なものに限ります。
 ・ 色や柄は何でも結構です。
 ・ 広告はどちらか片端であれば大丈夫です。
 ・ 大きさは一般的な浴用のフェイスタオルです。
 ・ 輸送費のため、タオル1枚に10円のカンパにご協力をお願いします。
タオルの宛先については、お手数ですが、被災地NGO恊働センターまでお問い合わせ下さい。

※2012年3月23日以降、これまで表示しておりました神戸市西区の宛先は変更となりましたので、お送りいただきませんようお願い致します。お手数をおかけして恐縮ですが、必ず事前に被災地NGO恊働センターにお問い合わせいただきますようお願い致します。

 被災地NGO恊働センター まけないぞう事業部 
 〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10
 TEL:078-574-0701 FAX:078-574-0702   
 E-mail:info@ngo-kyodo.org
 ★郵便振替 00930-5-80666 加入者名:まけないぞう
 ★ゆうちょ銀行 店名:〇九九(ゼロキユウキユウ) 店番:099
         口座番号:当座0080666 名義:まけないぞう

まけないぞうがつなぐ遠野物語

東日本大震災の被災地で現在もまけないぞうづくりが続いています。東北からの支援レポートを配信しています。

資料ダウンロードはコチラ

チラシ(日本語) サンプル表示  DL
チラシ(英語) サンプル表示  DL
チラシ(スペイン語) サンプル表示  DL
チラシ(中国語) サンプル表示  DL
リーフレット (説明用) サンプル表示  DL
リーフレット (販促用) サンプル表示  DL
一括ダウンロード.exe



被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
第18回手しごと絆フェアが岩手県盛岡市のパルクアベニュー・カワトクで開催されます。期間は7月22日(金)~26日(火)10時~19時(最終日のみ17時まで)みなさんのお越しをお待ちしています。素敵な三陸の手作り品があります。まけないぞうももちろんありますよ🥰🐘 ... See MoreSee Less
View on Facebook
CODE海外災害援助市民センターの2022年度寺子屋勉強会のご案内です。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
京都や北海道からタオルが届きました。そして、淡路島からはウクライナ・ロシア支援のまけないぞうのご注文を頂きました。400円のうち100円が東日本大震災の被災者の方へ、100円が姉妹団体のCODE海外災害援助市民センターの「MOTTAINAIやさい便」に寄付されます。神戸に避難してきている避難民の方に新鮮野菜はとても好評です。まけないぞうを買って頂いて、東日本大震災やウクライナ・ロシアの人たちを支えてください。よろしくお願いします🐘 ... See MoreSee Less
View on Facebook
「MOTTAINAIやさい便」の報告です。避難民に年金の支払を請求するってどういうことでしょうか??「MOTTAINAIやさい便ニュースNo.11 ウクライナ編⑧」CODE未来基金のメンバーとして、昨日、MOTTAINAIやさい便をウクライナの方に一緒に届けた学生、髙野史織さん(園田学園女子大学3年生)の感想をご紹介します。*************************************** 2022年6月20日(月)に、私はCODEの「MOTTAINAI やさい便」に参加させていただき、子ども食堂とウクライナから日本に避難してきた方に野菜を届け、お話をお伺いする貴重な機会に参加させていただきました。今回はその中でウクライナ人とのお話の感想をお話しさせていただきます。 私は今回の活動に参加する前、あることを感じていました。それは同じ地球に住んでいるため、他人事ではないとニュースを見て感じていました。ニュースでウクライナ情勢のことを毎日報道しているが、正直私自身分からないことが多々ありました。でもウクライナのことをニュースで報道されていることとは違う視点、例えば今何に困っているのか、何を求めているのか、に視点を置いて考えてみることが今の私にできことの一つなのではないだろうかと思ったため参加することに至りました。 テレビで見ると、ウクライナやロシア情勢のことが報道されている一方で、当事者一人ひとりの声が私たちに届いていないのが現状だと思います。一人ひとり抱えている問題は違います。話を丁寧に聞く必要があると感じていたため、今回の活動を通じてそれを意識しながらお話を伺うことができました。 午前中にお会いしたMさん(28歳)に初めてお会いした時、吉椿さんが「こんにちは。元気?」と尋ねたところMさんの一言目は「疲れました。」でした。Mさんのお母様が幸い日本に避難してきたのですが、日本語が全く話せずMさんが通訳をしています。Mさんはずっと笑顔に振る舞っていましたが、話を聞いていくうちに仕事や家族の世話、通訳などによって身体的、社会的、精神的に疲れが溜まっているのではないだろうかと感じました。そこで、吉椿さんが日本人とウクライナ人の交流会(ピクニックやBBQなど)の話を振ったところ、「ピクニックいつしますか?!」と大喜び。私たちは、交流会を通じてMさんをはじめとするウクライナ人とのコミュニティづくりやウクライナ人のちょっとしたストレス発散につながることを望んでいます。 午後に伺ったのは、日本で結婚した神戸に住むNさん宅。そこには、Oさん(40代)、娘のPさん(15歳)、父(74歳)がウクライナ西部テルノーピリから4月に日本に避難してきました。 Nさん宅で印象に残っている会話は、吉椿さん「Oさん(Nさんのお姉さん)、仕事見つかるといいね」Nさん「仕事はどこで見つけたらいいか分からない。仕事を見つけるには、まず日本語がわからないと難しい。市は、子どもの学費は出してくれるが、仕事に対しての支援は出してくれない。やはり日本語が分からないと仕事を見つけるのは難しいです」言っていました。言葉の支援がきちんと整っていると仕事ができる環境が整います。Google翻訳を使用しても言葉のニュアンスが異なり、思うように会話ができないことがあります。Google翻訳は、多くの言語に対応していますが、文化や慣習の違いを認識することはできません。そのため、もし、言語を外国の言語に翻訳する場合は、その国の文化や慣習を私たち自身が意識することは大切であると感じました。今後、交流会を実施することになれば、この問題を意識して日本とウクライナの文化や慣習を知ろうとする姿勢を持つ必要があると考えます。 また、Nさん宅で驚いたことが一つありました。それは、保険手続きのお知らせが届く一方で、年金支払いのお知らせが届いていたということです。避難してきたウクライナ人は、30年40年も日本に住むわけではないのに年金支払いを請求されていて行政との"ズレ"が生じていました。行政は、ウクライナ人が求めていることを何も知らないのではないだろうかと疑問に思いました。これだけニュースでウクライナ情勢のことを報道しているのに行政は本当にウクライナ人に耳を傾けているのか、と。このことから、私が感じたのは、行政もまずウクライナ人が"今なにを求めているのか"をきちんと理解することが必要であると思います。年金請求の知らせを受け取ったウクライナ人が区役所などに「お金を払える余裕はない」と声を上げるだけでなく、私たち日本人もウクライナ人の声をSNSを通じて発信していく必要があると思いました。 今回の活動で、日本に避難してきたウクライナ人が何に困っているのか、何を求めているのか知ることができました。このような活動を1人でも多くの方にも知ろうとする姿勢を持っていただきたいと思います。難しい場合には、ニュースなどで報道されていることに何か疑問を持って自分なりに考え、調べてみたり、このようなウクライナ人の"声"が書かれたFacebookの投稿などを共有・拡散することもウクライナ人のための大きな行動だと私は思います。今この文章を読んでいただいている皆さんの行動がウクライナ人の今後の生活につながっているといっても過言ではないと思うので、どうかウクライナやロシア情勢のことを他人事とは思わずに考えてみてください。宜しくお願いいたします。(園田学園女子大学 人間看護学科3年 髙野史織)*ご協力のお願い「MOTTAINAIやさい便」では、若者たちと一緒にウクライナからの避難者、アフガニスタンからの退避者、在日ベトナム人留学生や技能実習生などに新鮮で美味しい野菜を提供しています。ご協力お願いします。CODE海外災害援助市民センター〒652-0801 神戸市兵庫区中道通 2-1-10tel +81(0)78-578-7744  fax +81(0)78-574-0702e-mail:info@code-jp.org☆救援募金にご協力下さい郵便振替:00930-0-330579 加入者名:CODE*通信欄に支援先を明記してください。(例:「もったいない野菜」)*募金全体の25%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。*クレジットカードをご利用の方は下記ページからご寄付いただけます。code-jp.org/donation/ ... See MoreSee Less
View on Facebook
☆ブログはこちら ~ http://blog.canpan.info/stopnps/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 脱原発ハンガーストライキ ~子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために~ ……………………………………………………………………… VOL942(2022年6月20日) 先週17日に福島第一原発事故について、最高裁で「国の賠償責任を認めない」と判決が下されました。国策として進められてきた原発政策において最終的な責任は曖昧なままです。原告一人は「『お金のため』に加わった裁判ではない。こだわったのは、国の責任をわずかでも認めてもらうことだった」と話しています。2年前の仙台高裁では「生業訴訟」として争われた裁判では「国と東電に責任がある」と断罪しています。この時は津波に関する「予見可能性」事故に関する「回避可能性」も認めていました。今回の最高裁の判決はそれらを覆す結果となってしまい、被害を受けた人たちは怒りと悲しみに震えました。この判決を受けて、「原発を推進してきた自民党内では、原発立地県の議員を中心に「ほっとした」との受け止めが広がった。」(2022年6月18日朝日新聞)と自民党内の声を紹介していましたが、「ほっとした」という言葉を聞いて私は耳を疑いました。そして岸田首相は政府の骨太方針を発表し、原発について、昨年度までの「可能な限り依存度を低減する」との文言が消え、「最大限活用する」と明記されました。みなさんの記憶にも残っていると思いますが、「原発事故がなかったら」と壁に書き残して自らいのちを絶った酪農家の人、福島県産野菜が「摂取制限」を受けた翌日にいのちを絶った有機栽培農家の人、避難先から自宅に一時避難した際に焼身自殺をされた女性など多くの人たちの尊いいのちが犠牲となり、古里を奪われ、人生をめちゃくちゃにされたのです。 それにも関わらず、司法は国の責任をうやむやにし、自民党議員は「ほっとした」と胸をなでおろし、原発を再稼働に前のめりになっています。 想定外は通用しない、安全神話はなかったとあの11年前の3月11日の福島第一原発事故でみんなが理解したはずです。今回の最高裁で唯一反対票を投じた三浦守裁判官は「長年にわたり、重大な危険を看過した。周辺住民の生存に関わる安全規制がないがしろにされた」と非難し、「『想定外』という言葉ですべての想定がなかったことになるものではない。」と強い口調で国の責任を認めています。 私たちもこれまで政府がしてきたことをよく見て考えて行動しなければ、原発もそれに依存する構造的な問題もなくならないでしょう。そしていまや、値上げラッシュ、年金は減らされ、保険料や医療費の負担は増すばかり、コロナで収入も減り続け、市民は負担を強いられるばかりでいいのでしょうか?                   (増島 智子)トピックス原発事故・生業訴訟、光求めた9年 原告最大3850人参加news.yahoo.co.jp/articles/eb6f48790b3a6ce4758d4c8193dd9538a4eca081(2022年6月18日 福島民友)映画「原発をとめた裁判長 そして原発をとめる農家たち」を全国の劇場へ届けたい!motion-gallery.net/projects/saibancho-movie水俣曼荼羅 MINATAMA Mandala 原一男監督 最新作docudocu.jp/minamata/**************************昨日までのリレー仲間5月18日(水)は大石(静岡)、19日(木)は宇田川(神奈川)、20日(金)は細川(NGO)、21日(土)は鈴木(川崎)、22日(日)は村井(NGO)、23日(月)は東條(神戸)、24日(火)は増島(NGO)、25日(水)は大石(静岡)、26日(木)は宇田川(神奈川)、27日(金)は石塚(神戸)、28日(土)は鈴木(川崎)、29日(日)は村井(NGO)、30日(月)は東條(神戸)、31日(火)は細川(NGO)、6月 1日(水)は大石(静岡)、2日(木)は宇田川(神奈川)、3日(金)は増島(NGO)、4日(土)は鈴木(川崎)、5日(日)は村井(NGO)、6日(月)は東條(神戸)、7日(火)は石塚(神戸)、8日(水)は大石(静岡)、9日(木)は宇田川(神奈川)、10日(金)は細川(NGO)、11日(土)は鈴木(川崎)、12日(日)は村井(NGO)、13日(月)は東條(神戸)、14日(火)は増島(NGO)、15日(水)は大石(静岡)、16日(木)は宇田川(神奈川)、17日(金)は細川(NGO)、18日(土)鈴木(神戸)、19日(日)は村井(NGO)がつなぎました。*本日のリレー仲間本日6月20日(月)は、東條(神戸)の1名が行っています。*今後のリレー仲間6月21日(火)石塚(神戸)  22日(水)大石(静岡)  23日(木)宇田川(神奈川)  24日(金)募集中!!  25日(土)鈴木(川崎)  26日(日)募集中!!  27日(月)東條(神戸)  28日(火)募集中!!  29日(水)大石(静岡)  30日(木)宇田川(神奈川)7月 1日(金)募集中!!  2日(土)鈴木(川崎)*************************-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
すぐ近所に子ども食堂がオープンしました。CODE海外災害援助市民センターの「MOTTANIAやさい便」をお届けしたり、まけないぞうをプレゼントさせて頂きました。今週は6月18日(土)オープンです。その後は駄菓子屋さんもオープンするようですよ!お近くの方はぜひお寄り下さい🥰 ... See MoreSee Less
View on Facebook
姉妹団体のCODE海外災害援助市民センターと連携してウクライナ・ロシアからの避難民を支えています。ご協力お願いします。「MOTTAINAIやさい便ニュースNo.7ウクライナ編⑥」「言葉と食」先日、通訳ボランティアのKさんと共に神戸市内に避難してきたOさん(28歳)に「MOTTAINAIやさい便」をお届けしました。これまでにOさんには何度か野菜を届けていましたが、日本語や英語を解さないOさんの事情がほとんど分かりませんでした。今回はKさんの見事な通訳のおかげで、Oさんがどのようにして日本に来たのか、日々どのように暮らしているのかがわかってきました。Oさんは、ウクライナ北西部ドゥブノから義理の姉Nさん(35歳)とその娘D(12歳)ちゃんと共にポーランド経由で日本に避難してきました。「西部の故郷の街は、戦地にはなっていないけど、北のベラルーシから攻めてくるかもしれないから怖いわ」と言います。日本に住む義姉を頼って4月に神戸に来ました。Oさんは、戦争前にも2度日本に来た事があるので、生活には慣れてきたそうですが、姪のDちゃんが「食べものが合わない」と語ります。ロシアやウクライナの食文化に詳しい通訳Kさんは、「ディル(ハーブ)やビーツがあるとボルシチも作れてきっと喜ぶと思うわ」と教えてくれました。食は人の体を作り養いますが、故郷の味は心も潤してくれます。通訳としてご協力いただいたKさん、ありがとうございました!(吉椿)*MOTTAINAIやさい便では、ウクライナの食材であるディルやビーツを作っている方を探しています。または作っている方をご存知の方がいましたら、CODEまでご一報ください。CODE海外災害援助市民センター〒652-0801 神戸市兵庫区中道通 2-1-10tel +81(0)78-578-7744  fax +81(0)78-574-0702e-mail:info@code-jp.org☆救援募金にご協力下さい郵便振替:00930-0-330579 加入者名:CODE*通信欄に支援先を明記してください。(例:「もったいない野菜」)*募金全体の25%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。*クレジットカードをご利用の方は下記ページからご寄付いただけます。code-jp.org/donation/ ... See MoreSee Less
View on Facebook