被災地NGO恊働センター

じゃりみちバックナンバー

TOPICS

じゃりみちバックナンバー
今まで発行した機関誌「じゃりみち」です。PDFファイルになっています。
じゃりみち111号(2018年4月発行)特集:東日本大震災7年
じゃりみち110号(2017年12月発行)特集:市民団体に寄付するとは
じゃりみち109号(2017年6月発行)特集:もう一つの社会と復興
じゃりみち108号(2016年7月発行)特集:熊本地震救援活動
じゃりみち107号(2016年4月発行)特集:東日本大震災5年
じゃりみち106号(2015年12月発行)特集:常総市豪雨水害
じゃりみち105号(2015年7月発行)特集:代表交代
じゃりみち104号(2015年3月発行)特集:2015市民・NGOフォーラム
じゃりみち103号(2014年12月発行)特集:広島土砂災害
じゃりみち102号(2014年6月発行)特集:阪神・淡路大震災20年に向けて
じゃりみち101号(2014年3月発行)特集:東日本大震災から3年
じゃりみち100号(2014年1月発行)特集:100号特別号
じゃりみち99号(2013年11月発行)特集:福島と水俣・山口水害
じゃりみち98号(2013年6月発行)特集:リレーハンストから1年
じゃりみち97号(2013年2月発行)特集:東日本大震災の足湯ボランティア
じゃりみち96号(2012年9月発行)特集:東日本大震災活動報告
じゃりみち95号(2011年8月発行)特集:東日本大震災の支援活動開始
じゃりみち94号(2010年11月発行)特集:佐用の山林整備プロジェクト
じゃりみち93号(2009年12月発行)特集:佐用町の竹炭プロジェクト
じゃりみち92号(2009年10月発行)特集:足湯隊の活動~防府・佐用町~
じゃりみち91号(2008年12月発行)特集:岩手・宮城内陸地震
じゃりみち90号(2008年3月発行)特集:全国初の大規模図上訓練開始
じゃりみち89号(2007年12月発行)特集:中越・KOBE足湯隊大活躍
じゃりみち88号(2007年8月発行)特集:やっぱり最後の一人まで
じゃりみち87号(2007年3月発行)特集:寺子屋パオ復活2
じゃりみち86号(2006年10月発行)特集:寺子屋パオ復活
じゃりみち85号(2006年7月発行)特集:ジャワ島中部地震募金開始
じゃりみち84号(2006年2月発行)特集:12年目の被災地から
じゃりみち83号(2005年11月発行)特集:台風14号宮崎水害報告
じゃりみち82号(2005年8月発行)特集:鈴木隆太の小千谷日記
じゃりみち81号(2005年1月発行)特集:阪神・淡路大震災から10年
じゃりみち80号(2004年11月発行)特集:中越地震
じゃりみち79号(2004年8月発行)特集:住宅再建の行方
じゃりみち78号(2004年2月発行)特集:イラン南東部地震支援
じゃりみち77号(2003年12月発行)特集:生活再建支援法のその後
じゃりみち76号(2003年10月発行)特集:フリースクールの現場から
じゃりみち75号(2003年8月発行)特集:宮城県北部連続地震
じゃりみち74号(2003年2月発行)特集:震災から8年を終えて
じゃりみち73号(2002年10月発行)特集:テロから1年
じゃりみち72号(2002年8月発行)特集:障害者はいま
じゃりみち71号(2002年4月発行)特集:アフガン救援/障害者はいま
じゃりみち70号(2002年2月発行)特集:CODE発足/こどもたちはいま
じゃりみち69号(2001年11月発行)特集:市民社会をつくる刊行
じゃりみち68号(2001年9月発行)特集:CODE構想始動
じゃりみち67号(2001年7月発行)特集:災害救援1コイン運動
じゃりみち66号(2000年12月発行)特集:兵庫人権フェスタ
じゃりみち65号(2000年9月発行)特集:緊急東海水害支援報告
じゃりみち64号(2000年7月発行)特集:まけないぞう
じゃりみち63号(2000年5月発行)特集:2000神戸宣言
じゃりみち62号(2000年1月発行)特集:草地賢一さん逝去
じゃりみち61号(1999年8月発行)特集:しみん基金KOBE設立
じゃりみち60号(1999年5月発行)特集:被災地の市民による仕事づくり
じゃりみち59号(1999年2月発行)特集:復興の”踊り場”から探る5年目の道
じゃりみち58号(1998年12月発行)特集:仮設をグループホームに
じゃりみち57号(1998年11月発行)特集:新しい街でまつりだぞう
じゃりみち56号(1998年10月発行)特集:復興住宅の問題
じゃりみち55号(1998年9月発行)特集:阪神・淡路からの緊急共同声明
じゃりみち54号(1998年8月発行)特集:まけないぞうありがとうキャラバン
じゃりみち53号(1998年7月発行)特集:残る課題:生きがい・仕事づくり
じゃりみち52号(1998年6月発行)特集:復興住宅でも孤独氏
じゃりみち51号(1998年5月発行)特集:仮設で死ぬということ
じゃりみち50号(1998年4月発行)特集:被災者生活再建支援法成立
じゃりみち49号(1998年3月発行)特集:恊働とは?
じゃりみち48号(1998年2月発行)特集:仮設は今
じゃりみち47号(1998年1月発行)特集:河北省大地震緊急救援
じゃりみち46号(1997年12月発行)特集:震つなができました!
じゃりみち45号(1997年11月発行)特集:三度目の転居の先で
じゃりみち44号(1997年10月発行)特集:北朝鮮支援第2次派遣
じゃりみち43号(1997年9月発行)特集:まけないぞう発売開始
じゃりみち42号(1997年8月発行)特集:北朝鮮支援報告
じゃりみち41号(1997年7月発行)特集:県外避難者の今
じゃりみち40号(1997年6月発行)特集:仮設は今~生きて仮設を出よう~
じゃりみち39号(1997年5月発行)特集:孤独な生をなくす
じゃりみち38号(1997年4月発行)特集:どうしたらよいかわからへん
じゃりみち37号(1997年3月発行)特集:阪神・淡路大震災復興3年目
じゃりみち36号(欠番)
じゃりみち35号(1997年2月20日発行)特集:被災者を支えた動物たち
じゃりみち34号(1997年2月6日発行)特集:第2回市民とNGOの「防災」国際フォーラム
じゃりみち33号(1997年1月6日発行)特集:年末年始特集
じゃりみち32号(1996年12月19日発行)特集:仮設住宅の子どもの問題
じゃりみち31号(1996年12月5日発行)特集:衣食住から医職住へ
じゃりみち30号(1996年11月21日発行)特集:孤独死を考える
じゃりみち29号(1996年11月7日発行)特集:3回目の1.17をどう過ごすか?
じゃりみち28号(1996年10月17日発行)特集:孤独死を防ぐ
じゃりみち27号(1996年10月3日発行)特集:人間みんな同じや!
じゃりみち26号(1996年9月19日発行)特集:キャラバン日記
じゃりみち25号(1996年9月5日発行)特集:ハビタットⅡ報告
じゃりみち24号(1996年8月22日発行)特集:キャラバン日記
じゃりみち号外(1996年8月5日発行)特集:訂正のお詫び
じゃりみち23号(1996年7月31日発行)特集:県外避難者の発掘
じゃりみち22号(1996年7月18日発行)特集:仮設は今・・・西区編


被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン

1 week ago

被災地NGO恊働センター

「再度ご案内!【8/10(金)実施】平成30年7月豪雨水害ボランティアバスを運行します」

まだ7~8席程空きがございます。返信からでもご質問など受付しております。ぜひお気軽にお問合せ、お申込みください。

交通費はいりません!!「平成30年7月豪雨水害」の被災地の方々の為、神戸からボランティアバスで応援にかけつけましょう!!
-被災地応援のボラバスを以下のように運行します―
「ボランティアをしたいけど、初めてなので一人でどうしたらいいのか?」
「1日でも何か役に立たないだろうか?」と思っている人は、是非参加しませんか?

日時:8月10日(金)JR神戸駅南口集合
午前7時出発(集合6時40分)JR神戸駅前午後6時半頃着(運行:名鉄観光)
活動場所:倉敷市真備町
定員 15名(先着順)

西日本や中部地方の一部を襲った「平成30年7月豪雨」災害は、平成時代最悪の甚大な被害をもたらしました。被災地では連日の猛暑にもかかわらず、全国各地からボランティアが駆けつけ、泥出しや家具の片付け、清掃などの作業を行っています。
しかし、ボランティアの数は全く不足しております。被災地ではまだ断水が続いていたり、渋滞があったりと不便な状態ですが、一人でも多くのボランティアさんを被災地まで届けるために、標記のようなスケジュールで運行します。参加希望者は、下記の被災地NGO恊働センターまでご連絡下さい。

●総合問い合わせ
 【事務局】被災地NGO恊働センター
   E-mail info@ngo-kyodo.org
   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702
   〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10
全体責任者 村井雅清 090-3160-3816
当日担当者 上野智彦 090-5857-6794

ボランティアバス事業は公益社団法人Civic Forceからご支援をいただき、パートナー協働事業として行います。

本ボランティアバス運行の詳細は添付書面をご覧ください。

★災害救援金を募集しています。
 ゆうちょ銀行一一九(イチイチキュウ)店 当座0068556、郵便振替:01180-6-68556
 口座名義:被災地NGO恊働センター
 *「201807豪雨」と明記下さい
★クレジット寄付のページ
 https://www2.donation.fm/kobe117ngo/form.php
★マンスリーサポーターの仕組みができました!
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html
--------------------------
被災地NGO恊働センター
〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL:078-574-0701 FAX:078-574-0702
E-mail:info@ngo-kyodo.org
... See MoreSee Less

View on Facebook

2 weeks ago

被災地NGO恊働センター

「【8/10(金)実施】平成30年7月豪雨水害ボランティアバスを運行します」

交通費はいりません!!「平成30年7月豪雨水害」の被災地の方々の為、神戸からボランティアバスで応援にかけつけましょう!!
-被災地応援のボラバスを以下のように運行します―
「ボランティアをしたいけど、初めてなので一人でどうしたらいいのか?」
「1日でも何か役に立たないだろうか?」と思っている人は、是非参加しませんか?

日時:8月10日(金)JR神戸駅南口集合
午前7時出発(集合6時40分)JR神戸駅前午後6時半頃着(運行:名鉄観光)
活動場所:倉敷市真備町
定員 15名(先着順)

西日本や中部地方の一部を襲った「平成30年7月豪雨」災害は、平成時代最悪の甚大な被害をもたらしました。被災地では連日の猛暑にもかかわらず、全国各地からボランティアが駆けつけ、泥出しや家具の片付け、清掃などの作業を行っています。
しかし、ボランティアの数は全く不足しております。被災地ではまだ断水が続いていたり、渋滞があったりと不便な状態ですが、一人でも多くのボランティアさんを被災地まで届けるために、標記のようなスケジュールで運行します。参加希望者は、下記の被災地NGO恊働センターまでご連絡下さい。

●総合問い合わせ
 【事務局】被災地NGO恊働センター
   E-mail info@ngo-kyodo.org
   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702
   〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10
全体責任者 村井雅清 090-3160-3816
当日担当者 上野智彦 090-5857-6794

ボランティアバス事業は公益社団法人Civic Forceからご支援をいただき、パートナー協働事業として行います。

本ボランティアバス運行の詳細は添付書面をご覧ください。

★災害救援金を募集しています。
 ゆうちょ銀行一一九(イチイチキュウ)店 当座0068556、郵便振替:01180-6-68556
 口座名義:被災地NGO恊働センター
 *「201807豪雨」と明記下さい
★クレジット寄付のページ
 https://www2.donation.fm/kobe117ngo/form.php
★マンスリーサポーターの仕組みができました!
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html
--------------------------
被災地NGO恊働センター
〒652-0801 兵庫県神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL:078-574-0701 FAX:078-574-0702
E-mail:info@ngo-kyodo.org
... See MoreSee Less

View on Facebook

3 weeks ago

被災地NGO恊働センター

「被災地周辺からの応援を支援する“ボランティア・バス プロジェクト”に全国のみなさまのお力を貸してくださいませんか!!」

被災地NGO恊働センターでは、夏休みという機会を活かし、西日本の被災地を周辺地域からボランティアを募り、その地域の主要駅からボランティア・バスを出し、みなさまと共に少しでも被災地の力になりたいと考えています。(バスチャーター費用は当方が負担します。)ボランティアバスを連れて被災地へ支援に向かいたい、ボランティアバスに参加したいという方はぜひご一読ください!
... See MoreSee Less

View on Facebook