被災地NGO恊働センターは「最後の一人まで」をモットーに災害救援に取り組む団体です。

新着ニュース

台風19号支援:Yahooネット募金を開設しました

このたび、新たな寄付方法としてYahoo!ネット募金を開設しましたのでお知らせします。

https://donation.yahoo.co.jp/detail/5240001/

クレジットカードまたはTポイントで寄付が可能です。Yahoo! JAPAN IDをお持ちであれば、所要時間 約1~2分で寄付が完了します。(Yahoo! JAPAN IDは無料で取得できます)。Yahoo!ネット募金では、お持ちのTポイントで1ポイントから寄付ができることが特徴です。

みなさまのご支援をよろしくお願いいたします。


2019年台風19号の救援活動を開始します。

2019年台風19号による豪雨災害の支援活動を開始します。ご支援・ご協力をよろしくお願いします。

★活動支援金を募集しています。                     ゆうちょ銀行 一一九(イチイチキュウ)支店 当座 0068556
郵便振替:01180-6-68556 口座名義:被災地NGO恊働センター

★クレジットカードでもご寄付いただけます。
https://congrant.com/project/ngokobe/605
*備考欄に「2019年台風19号」と記載ください。






こちらがブログの新着記事です。

2019年8月秋雨前線による豪雨災害の救援活動を継続しています。

2019年8月の秋雨前線による豪雨災害の支援活動を開始します。ご支援・ご協力をよろしくお願いします。

★活動支援金を募集しています。                     ゆうちょ銀行 一一九(イチイチキュウ)支店 当座 0068556
郵便振替:01180-6-68556 口座名義:被災地NGO恊働センター

★クレジットカードでもご寄付いただけます。
https://congrant.com/project/ngokobe/605
*備考欄に「2019年8月豪雨」と記載ください。




こちらがブログの新着記事です。

インターンの学生インタビュー

インターンに参加してくれた神戸学院大学の難波さんに、ボランティアへの想い、インターンに参加するにあたっての想いなどを語っていただきました。

インタビュー記事はこちら




防災・減災プログラムのご案内

当センターで行なっている災害ボランティアや防災・減災プログラムについての講演・研修メニューをまとめたパンフレットを作成しました。
ぜひご覧ください。

パンフレットはこちら


平成30年7月豪雨に対する支援活動を継続しています。

7月はじめからの大雨による各地の災害に対して支援活動を継続しています。ご支援・ご協力をよろしくお願いします。

★災害救援金を募集しています。
ゆうちょ銀行一一九(イチイチキュウ)店 当座0068556、郵便振替:01180-6-68556
口座名義:被災地NGO恊働センター
*「201807豪雨」と明記下さい
★クレジット寄付のページ
https://congrant.com/project/ngokobe/605


こちらがブログの新着記事です。

ニュース更新!熊本県西原村で支援活動を展開しています!

熊本県阿蘇郡西原村を拠点に現地団体である西原村rebornネットワークをサポートしつつ支援活動を行っています。活動支援金も募集しています。

活動の特設HPはコチラ↓

2016年熊本地震


西原村の方による新潟の視察の様子
西原村の方による新潟の視察の様子

トピックス

大阪北部地震に関するニュース

2018年6月18日に発生した大阪北部地震について、現地での調査等を開始しています。

詳しくはブログをご覧ください。

http://ngo-kyodo.org/osaka-jishin/


こちらがブログの新着記事です。

物で寄付できる仕組みに登録していただきました。

一般社団法人ウルノスの運営する「Kifu de Mode」に登録していただきました。

こちらのサイトを経由することでご家庭の不要な物などでご寄付いただくことができます。

詳細はコチラからご覧ください。


能登半島地震10年の記録誌が完成しました

2017年3月25日で能登半島地震から10年を迎えました。被災地に通った足湯ボランティアが改めて聞いた10年目の能登の記録です。
Web版はこちら

「震災被災者と足湯ボランティア」発売中

足湯ボランティアの歴史、効用についてまとめられた「震災被災者と足湯ボランティア」好評発売中です。
詳細はこちらから


震災被災者と足湯ボランティア
震災被災者と足湯ボランティア

阪神・淡路大震災から20年KOBE市民とNGOフォーラム2015終了しました

多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。震災21年目の歩みを踏み出す宣言とアクションプランをフォーラムの議論を受けて作成いたしました。下記からダウンロード出来ます。ぜひご覧下さい。
○宣言はコチラ
○アクションプランはコチラ
※詳しくは活動紹介のページ


阪神・淡路大震災から20年KOBE市民とNGOフォーラム2015
阪神・淡路大震災から20年KOBE市民とNGOフォーラム2015

まけないぞう続けています。

2011年5月8日から東日本での「まけないぞう」がスタートしました。タオルを送って支援、まけないぞうを買って支援ができます。今後も継続して「まけないぞう」を通じた「生きがい・仕事づくり」を継続していきます。
ロイター・ビジネス・ウィークリーでまけないぞうが紹介されました!
作り手さんの声
買い手さんの声

最新のニュースはこちらからどうぞ

http://miyagijishin.seesaa.net/article/469954525.html


こちらがブログの新着記事です。

被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン

火事場泥棒と言われている検察庁法改正案がひとまず今国会での成立が断念されました。市民の声が届いたのです。こうして、市民が声があげれば社会が変わることをこのコロナ禍で実感できました。阪神・淡路大震災の後にできた被災者生活再建支援法もその一つです(まだ十分なものではないですが)。震災で自力再建を余儀なくされた被災者の人たちが次の被災地で私たちのようになっては困ると声があげ、私有財産に公費を投じることを可能にした画期的な法律ができたのです。今回のコロナ禍では、現場に近い各自治体がニーズを把握し、よりスピーディに市民を守ろうと必死に努力してくれています。残念ながらすでに倒産した企業や事業主さん、いのちを落とした方もいますが、その人たちのためにも、よりよい社会づくりのためにあきらめずに声をあげていきましょう! ... See MoreSee Less

View on Facebook

☆ブログはこちら ~ http://blog.canpan.info/stopnps/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
~子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために~
………………………………………………………………………
VOL886(2020年5月11日)

新型コロナウィルスが広がる中で、自粛生活の疲れが見え始め、不穏な監視の目を感じたり、差別や偏見が出てきています。そして、また政府はこの新型コロナ禍で、検察庁長官の定年延長を改正しようと検察庁法改正法案の審議入りをしました。また、沖縄の辺野古の埋め立てに関しては軟弱地盤により設計を変更するための申請書に沖縄県に提出しています。他にも種苗法改正や年金受給年齢の引き上げなど、民主主義を無視した法案を次々に改正しようとしています。このように脱原発も本気でやろうとすればできるはずです。

民意が本気で求めていることに対して、耳を傾けずに、「寄り添い」という言葉に嘘を重ねて、平気で国民が「誤解」したと言ってしまうこの政権の体たらくには、なんとも言葉が出てきません。原発の問題では、放射能の影響で仕事ができなくなった農家や酪農家などが自らいのちを絶ちました。今回の新型コロナ禍でも、休業に追い込まれて自らいのちを絶った人、そして、軽症ゆえに病院に行かずに急激に悪化していのちを落とした人など、現政権はこうしてかけがえのないいのちを奪い続けています。

先日、奈良新聞(5月4日)の意見広告に以下のメッセージが掲載されていました。
いま見ていること
いま聴いていること
いま感じていることを忘れずに、
つぎの選挙に行こう。

私たちは選挙を通して、現政権を変えなくては、またかけがえのないいのちが奪われてしまいます。「子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために」もいま私たちがしなくてはならないことは選挙に行くこと、そして同調圧力に屈せずにきちんと意見を言い合える環境を作ることではないでしょうか?
                             (増島 智子)

*ハンスト走者募集中です!!

*トピックス
農水産物の安全発信を 経済界、原発処理水で要望
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200511-00000048-jij-bus_all
(2020年5月11日 時事通信)

福島第一原発処理水 農林水産団体、風評懸念し放出に反対
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200510-00000009-khks-soci
(2020年5月11日 河北新報)

福島水産加工「回復」28%どまり 岩手や宮城横ばい
www.kahoku.co.jp/special/spe1062/20200420_02.html
(2020年4月20日 河北新報)

5月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
**************************************
*昨日までのリレー仲間
5月
6日(祝・水)は大石(静岡)、7日(木)は宇田川(神奈川)、8日(金)は上野(NGO)、9日(土)は鈴木(川崎)、10日(日)は村井(NGO)がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日5月11日(月)は、東條(神戸)の1名が行っています。

*明日のリレー仲間
明日5月12日(火)は、増島(NGO)の1名がつなぎます。

*今後のリレー仲間
5月 13日(水)大石(静岡)
  14日(木)宇田川(神奈川)
  15日(金)募集中!!
  16日(土)鈴木(川崎)
  17日(日)募集中!!
  18日(月)東條(神戸)
  19日(火)石塚(神戸)
  20日(水)大石(静岡)
  21日(木)宇田川(神奈川)
  22日(金)募集中!!
**************************************

--
※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。
 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 被災地NGO恊働センター
   E-mail info@ngo-kyodo.org
   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702
   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10
 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/
【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO
 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/
 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
... See MoreSee Less

View on Facebook

各自治体が新型コロナウィルスで低迷した生活・経済支援を公表する一方、政府は後手後手の対応で全世帯にマスク2枚すら届いていない状況です。現場のニーズを熟知している自治体の後方支援に徹し、速やかに財政的支援をするべきです。この支援情報リストは見落としがあると思いますが、自治体によって地域の特色を活かしたりなど取り組みは様々です。
元全国知事会長の山田啓二さんは「コロナ対策では、国の動きを眺め、それに乗っかるのが首長の仕事ではない。住民に直接選ばれた首長だからこそ、厳しい現実を踏まえた施策を、住民にお願いできる資格を持っている。地方自治の真の力が試されているのである。」(神戸新聞 2020/5/4)と述べています。
... See MoreSee Less

View on Facebook

25年前の阪神・淡路大震災を振り返りながらいまのコロナ禍について書いてみました。相変わらず長いですが、お時間あるときに読んでみてください!

脱原発ハンストニュースVOL885

☆ブログはこちら ~ http://blog.canpan.info/stopnps/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
~子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために~
………………………………………………………………………
VOL885(2020年5月4日)

5月3日は憲法記念日でした。今年は新型コロナウィルスのため全国に緊急事態宣言が発令され、大型連休にも関わらず自粛生活を送らざるを得ない状況です。この日は憲法は変えずにいまのまま、支え合いの社会を構築していきたいと思った憲法記念日でした。

この自粛中、普段はやり過ごしていたこと、これまでの暮らし方などいろいろと考えを巡らせている人も少なくないと思います。今のままではポスト・コロナではまた同じような恐怖や不安が私たちを襲うことになるかもしれません。
25年前の1995年阪神・淡路大震災では、「市民がつくる復興計画」(市民とNGOの『防災』国際フォーラム実行委員会)を作り、その中で、「いままでの暮らし方、ライフスタイルの見直しが原点」とし、復興計画づくりが進められました。戦後50年間を振り返り、経済成長を追い求め、経済効率を重要視し、行政に依存しすぎてきたことを反省し、市民の自立と支え合いを大切にしながら誰もが暮らしやすい市民社会の構築を目指しました。

しかし、残念なことにそれから16年後に2011年東日本大震災が発生し、福島第一原発の過酷事故が発生しました。安全神話が崩壊し、原発の危険性を全国全世界に知らしめ、世界ではドイツをはじめ各国で脱原発に舵を切りました。
そして、今回の新型コロナウィルスは世界各地で猛威を振るい、人類はライフスタイルの変換を迫られています。
グローバル化が進み、自分たちがいま手にしている物や食べ物が一体どんな人たちが作って、どんな経緯をたどって、いまここにあるのか考えないまま暮らしてきました。でも新型コロナウィルスがあらためて私たちに教えてくれました。マスクや消毒液が不足するのはほとんどを海外に依存してきたから、海外から技能実習生を予定した農業や企業は労働者の不足にあえぎ、インバウンドを期待した観光業も海外からの観光客が激減し大打撃を受け、国内でも非正規労働者が解雇され、大学生もアルバイトがなくなり食事すら満足に食べることが出来ずにいたり、自殺者までも出ている状況です。自粛生活の長期化に伴い、不安が増大し差別や偏見が広がり、「自粛警察」と名乗って町を監視しだすという始末。

先日神戸新聞(2020/5/2)に13歳の女の子の声が紹介されていました。そこには「ポイ捨てをしている方は、その後のことを考えて、想像力を豊かにしてほしいです。一人一人が心がけることで、ポイ捨てがなくなって街が、日本が、世界が美しく素晴らしい世の中になると私は思います」と語りかけていました。
私たちは、いろんな人たちのお陰でここに生かされています。普段、顔が見えてつながっている人ばかりではありません。顔の見えない関係の中でも、ほんのちょっと想像力を巡らせればいろんな人とつながり合い、支え合っていることがわかります。新型コロナ禍では、人と人が寄り添えなくても心は寄り添えます。

そんな中、現政権は自民党の憲法改正の論議の中に盛り込まれている緊急事態条項の導入をもくろんでいます。不安のなかで、強制的にトップダウンで法に頼ろうとする気持ちもあるかもしれませんが、整備をしてもいまの自粛という中でさえ、監視の目を光らせようとしている人がいて、息苦しさ感じています。それがもっと強制的になれば息苦しさも倍増するのではないでしょうか?そうであれば、人々が自立して想像力を持って行動すれば、不安も軽減するのではないでしょうか?
すでに貧困の子どもたちに食料を届け始めている人もいます。病院の前に「ありがとう」と横断幕を掲げた人もいます。自分で作ったお米をお困りの家庭に届けている人、マスクを作って配っている人、子どもたちにお弁当を作って届けている子ども食堂の人たちなど、顔は見えない人たちを不安で人を監視するのではく、思いやりを持って支え合えば不安も減るのではないでしょうか?

最後に次の一文を紹介します。
「こうした機会を活かして、将来世代のために、成功体験のみならず、失敗体験も臆せず伝えて行きたいと思う。北アメリカの先住民イロコイ族が築くイロコイ連邦では、7世代後の人々になりきって考えるという憲法『結束法』がある。その法には、「将来世代を念頭におき、彼らの幸福を熟慮せよ」と記されている。」(CODE LTETTER 2019/5/9 Vol.62 CODE理事村井雅清より引用)
                            (増島 智子)

*ハンスト走者募集中です!!
(訂正とお詫び)前回の5月2日に立山さん(神戸)のお名前が掲載されていませんでした。申し訳ございません。

*トピックス
【社説】憲法を考える 自由と権利守るために
www.tokyo-np.co.jp/…/editor…/CK2020050402000118.html
(2020年5月4日 東京新聞)

新型コロナの影響で関西電力が大飯原発の定期検査を延期
headlines.yahoo.co.jp/hl
(2020年5月2日 ABCテレビ)

列島応援 在宅ワーク乗り切って 五島市民電力が値引き
headlines.yahoo.co.jp/hl
(2020年5月3日 長崎新聞)

5月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
**************************************
*昨日のリレー仲間
昨日5月3日(日)は、村井(NGO)の1名がつなぎました。

*本日のリレー仲間
本日5月4日(祝・月)は、東條(神戸)の1名が行っています。

*明日のリレー仲間
明日5月5日(祝・火)は、頼政(NGO)の1名がつなぎます。

*今後のリレー仲間
5月 6日(祝・水)大石(静岡)
   7日(木)宇田川(神奈川)
   8日(金)募集中!!
   9日(土)鈴木(川崎)
  10日(日)募集中!!
  11日(月)東條(神戸)
  12日(火)募集中!!
  13日(水)大石(静岡)
  14日(木)宇田川(神奈川)
  15日(金)募集中!!
  16日(土)鈴木(川崎)
**************************************

--
※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。
 http://ngo-kyodo.org/cooperati…/donation_and_membership.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 被災地NGO恊働センター
   E-mail info@ngo-kyodo.org
   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702
   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10
 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/
【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO
 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/
 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
... See MoreSee Less

View on Facebook

コロナ禍の中で、職を失ったり失業保険が受け取れないなど多くの問題が出ています。神戸では労働相談のホットラインが開設されます。ぜひ、ご活用ください! ... See MoreSee Less

View on Facebook

コロナ禍、学生が窮状を訴えています。13人に1人が退学を考えているそうです。倒産件数も増えています。自宅療養中に亡くなる方も出始めました。そんないのちが脅かされる中、現政権は「検察庁改正法案」、「年金改革関連法案」、「改正種苗法案」など今以上に人々を窮地に追い込もうとする法案を通したり、通そうとしています。いま話題の「ペスト」を書いたカミュは「反抗は、すべての人間の上に、最初の価値をきずきあげる共通の場である。われ反抗す、ゆえにわれら在り」と言葉を残しています。何よりも大切ないのちを守るため、おかしいことにはおかしいと声をあげ続けていきます。今日の追加支援情報をお届けします。 ... See MoreSee Less

View on Facebook

昨日のサンデーモーニング(MBS)のスポーツコーナーで司会の関口さんが上原浩治さんと張本勲さんに「ずっと家にばかりいて、イライラするでしょう?」と質問した。上原さんはすぐに「はい、イライラします」と。張本さんは「全然イライラしませんよ。だって、昔防空壕に何日もいたんだから」とコメントしていた。単純にすごいなぁぁと思った。今は文明が発達して、家にいてもテレワーク、Web飲み会ができ、食事も、買い物も宅配できる。テレビやゲームもあり一日家にいて退屈することはない。その時代の人たちからみれば「どこが退屈なの?イライラするの?」と怒られそうだ。現代のポストコロナではどんなルネサンスが待ち構えているのか?それも私たちひとり一人の行動にかかっているのではないか? ... See MoreSee Less

View on Facebook

今日も続々と各自治体が積極的に独自の支援策を公表しています。神戸新聞(24日付)の社説では「一方で、休業に伴う事業者への損失補償も課題になっている。多くの自治体が独自で協力金の支給を決めたが、本来、今回の特措法にきちんと盛り込んでおくべきだった。ウィルスと闘うにも、上からのお達しだけでは国民の足並みはそろわない。国は一歩踏み出すべきだ」と指摘しています。すでに全国では、先月から倍の50件以上になっています。ここ神戸でも「先が見えず、心折れた」と閉店を余儀なくされたところもあります。GWを目前に東京都や大阪府の首長が自粛を声高に叫んでいますが、すでに悲惨な自殺者や廃業をしている人たちの存在を忘れないで欲しいです。 ... See MoreSee Less

View on Facebook