被災地NGO恊働センターは「最後の一人まで」をモットーに災害救援に取り組む団体です。

新着ニュース

2022年8月3日からの豪雨災害の支援を開始します

新型コロナウイルスの影響に十分に配慮し、地元団体・個人と連携を取りながら支援活動を行なっています。ご支援・ご協力をよろしくお願い致します。

活動レポートはこちら
http://ngo-kyodo.org/202208gou/

■活動支援金のご協力をお願い致します。
★クレジットカードでも寄付ができます。
   https://congrant.com/project/ngokobe/605
★活動支援金を募集しています。
ゆうちょ銀行 一一九(イチイチキュウ)支店 当座 0068556
郵便振替:01180-6-68556 口座名義:被災地NGO恊働センター
*お手数ですが、備考欄に「2022年8月豪雨」と記入して下さい。


[php_everywhere]
2021年8月豪雨災害の救援活動を継続しています

2021年に豪雨災害で被害をうけた佐賀・武雄市での活動を継続しています。

活動ニュースはこちら
http://ngo-kyodo.org/20218gatugou/

■活動支援金のご協力をお願い致します。
★クレジットカードでも寄付ができます。
   https://congrant.com/project/ngokobe/605

★活動支援金を募集しています。
ゆうちょ銀行 一一九(イチイチキュウ)支店 当座 0068556
郵便振替:01180-6-68556 口座名義:被災地NGO恊働センター
*お手数ですが、備考欄に「2021年8月豪雨」と記入して下さい。


[php_everywhere]
2020年7月豪雨の救援活動を継続しています。

新型コロナウイルスの影響に十分に配慮し、九州の団体と連携を密に取りながら支援活動を行なっています。ご支援・ご協力をよろしくお願い致します。

■活動支援金のご協力をお願い致します。
★クレジットカードでも寄付ができます。
   https://congrant.com/project/ngokobe/605
★活動支援金を募集しています。                     ゆうちょ銀行 一一九(イチイチキュウ)支店 当座 0068556
郵便振替:01180-6-68556 口座名義:被災地NGO恊働センター
*お手数ですが、備考欄に「九州南部水害」と記入して下さい。

新型コロナウイルス影響下における行動指針を設定しています。こちらの行動指針に基づき支援活動を行います。


[php_everywhere]
研修・講演・イベント・メディア掲載

被災地NGO恊働センターの登壇した研修・講演・イベントやメディア掲載情報です。(過去の一覧はこちらから)
講演・研修等の依頼はお気軽に事務局までお問い合わせください。講演・研修のメニューはこちら


[php_everywhere]
その他ブログいろいろ


[php_everywhere]

トピックス

2019年台風19号の救援活動を継続しています。

2019年台風19号による豪雨災害の支援活動を継続しています。ご支援・ご協力をよろしくお願いします。


[php_everywhere]

2019年8月秋雨前線による豪雨災害の救援活動を継続しています。

2019年8月の秋雨前線による豪雨災害の支援活動を継続しています。ご支援・ご協力をよろしくお願いします。


[php_everywhere]

インターンの学生インタビュー

インターンに参加してくれた神戸学院大学の難波さんに、ボランティアへの想い、インターンに参加するにあたっての想いなどを語っていただきました。

インタビュー記事はこちら


[php_everywhere]

防災・減災プログラムのご案内

当センターで行なっている災害ボランティアや防災・減災プログラムについての講演・研修メニューをまとめたパンフレットを作成しました。
ぜひご覧ください。

パンフレットはこちら


[php_everywhere]

平成30年7月豪雨に対する支援活動を継続しています。

2018年の西日本豪雨災害による被災地支援活動を継続しています。ご支援・ご協力をよろしくお願いします。


[php_everywhere]

物で寄付できる仕組みに登録していただきました。

一般社団法人ウルノスの運営する「Kifu de Mode」に登録していただきました。

こちらのサイトを経由することでご家庭の不要な物などでご寄付いただくことができます。

詳細はコチラからご覧ください。


[php_everywhere]

能登半島地震10年の記録誌が完成しました

2017年3月25日で能登半島地震から10年を迎えました。被災地に通った足湯ボランティアが改めて聞いた10年目の能登の記録です。
Web版はこちら

「震災被災者と足湯ボランティア」発売中

足湯ボランティアの歴史、効用についてまとめられた「震災被災者と足湯ボランティア」好評発売中です。
詳細はこちらから


震災被災者と足湯ボランティア
震災被災者と足湯ボランティア
[php_everywhere]
被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
今日も神戸の山沿いは雪模様でした⛄そして今日は、いつも応援してくれているmakenaizoneの福島のメンバーの方からご注文を頂きました。雪の影響で予定通り届くかな?作り手さんは、「針を持つと、手が動いてね。完成すると、できたね!可愛がられるんだよって。声をかけるのよ!また、一つ楽しみを頂いたなぁと思っています」とメッセージをくれました。ぞうさん色のぞうさんを発見だぞう🐘🐘🐘きっとかわいがってくれま~す🥰🐘🥰 ... See MoreSee Less
View on Facebook
まけないぞう用に届いたタオルの中には、時々こころ暖まるお手紙が入っています。「まけないぞうくんを眺めながら『まけないぞ!!』と思っています。」と。 #まけないぞう #ハンドメイド #タオル 詳細についてはこちからから。http://ngo-kyodo.org/makenaizouinfo/ ... See MoreSee Less
View on Facebook
寒波影響が出ていますが、明日から岩手県盛岡市で「岩手発 手しごと絆フェア」があります。まけないぞうも参加します。お天気と足元に注意しながら足を運んでもらえるとうれしいです。岩手のおいしいものや素敵な手作り品を多数ご用意しています! ... See MoreSee Less
View on Facebook
💕🐘被災地リレー🐘💕先日、昨年台風15号で被災された静岡県の方からまだ大変な中、まけないぞうの注文を頂きました。まけないぞうが届いてすぐに「まけないぞうさん、全てかわいくて生産者様の優しさなどが伝わる感じで、見てるだけで癒されました。ありがとうございます。身内にも配って、家でも使って、たくさん助けてもらって、元気をもらったことを忘れず過ごしていきたいと思っています」と、と~ってもうれしいメッセージを頂きました!そのことを岩手の作り手さんにお伝えすると、「わぁーうれしいい!!」こちらもと~っても喜んでくれました。痛みの共有が被災地から被災地へ!こうしてつながることが何よりうれしいぞう🐘 ... See MoreSee Less
View on Facebook
姉妹団体CODE海外災害援助市民センターのう「ウクライナ子守ボランティア」のレポートです。よろしくお願いします。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
脱原発ハンストリレーも継続中です。☆ブログはこちら ~ http://blog.canpan.info/stopnps/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 脱原発ハンガーストライキ ~子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために~ ……………………………………………………………………… VOL949(2023年1月21日)いまから28年前、1995年1月17日朝5時46分阪神・淡路大震災が発生しました。わずか20秒間で6,434名の尊いいのちが奪われ、一瞬で人々の暮らしが壊されました。私たちは「市民とNGOの『防災』国際フォーラム」を立ち上げ、被災者の暮らし再建について考えました。1996年から97年の1年間で被災した人たちから約1000件の“つぶやき”を集めました。3年目の1998年につぶやきを紹介した「『仮設』声の写真集」を出版しました。その中で、「道路や港湾施設、鉄道などの基盤は元通りとなった。これを、もって復興は着々と進行していると断じていく論法は被災者にとって腹立たしく不愉快なことはない。被災者の生活の実情と復興への期待が国、県、市町の復興と実施計画にどこまで汲み取られているかを考えると、ほとんどその道筋がみえていないのではないか。」と書かれています。阪神・淡路大震災後に立て続けに発生している全国の災害地をみても、前述のように被災者の暮らしの実情が国や県、市町がたてた計画の中にその声が丁寧に汲み取られているかといえばそうではないことが多いと感じます。 福島第一原発事故をみても、先日政府は「汚染水」をこの春から夏にかけて海洋放出する方針を決めました。地元の漁協関係者は反対の意思を示し、これまで政府は「関係者の理解なしに海洋放出はしない。」「丁寧に説明を続ける」ということを言ってきたにもかかわらず、まったく民意に沿わない決断をしたのです。これは、自然災害ではなく、人災なのです。そこに暮らす人たちの意見を聞かずに、「復興」なんてありえません。 そんな過ちが繰り返されていては、あの28年前におきた阪神・淡路大震災で犠牲になった人たちのいのちが報われません。 28年前の阪神・淡路大震災に遭った小学6年生だった子どもの詩を紹介します。「きっと神様の罰が当たったんや」「もう、モノはいらん。ぜいたくはいらん」「水も、電気も、何もかも、無駄に使うとった」「消防も、警察もこうへん(来ない)。いざというときは、やっぱりご近所さんや」「これからは、自然をいじめんの、やめとこ」「市民がつくる復興計画~私たちにできること~」(市民とNGOの『防災』国際フォーラム編集)より抜粋  24時間ハンストリレーもずっと継続しています。関心のある方はぜひご参加ください。心配な方は伴走もします!                    (増島 智子)トピックス「電気代エグイ」…光熱費の請求書にショックの声相次ぐ 政府の支援は2月分から お風呂の注意点は?www.tokyo-np.co.jp/article/226459(2023年1月21日 東京新聞)震災風化、抵抗になれば 芥川賞佐藤さん、記者会見で語るkahoku.news/articles/20230119khn000085.html(2023年1月20日 河北新報)「恥を知れ」と怒声が飛んだ…高裁が出した無罪判決に被災者から怒りの声東電旧経営陣の刑事裁判www.tokyo-np.co.jp/article/226005(2023年1月18日 東京新聞)**************************1月のリレー仲間1月1日(日)は村井(NGO)、2日(祝・月)は細川(NGO)、3日(火)は増島(NGO)、4日(水)は大石(静岡)、5日(木)は宇田川(神奈川)、6日(金)は細川(NGO)、7日(土)は鈴木(川崎)、8日(日)は村井(NGO)、9日(月)は(祝・月)細川(NGO)、10日(火)は石塚(神戸)、11日(水)は大石(静岡)、12日(木)は宇田川(神奈川)、13日(金)は頼政(NGO)、14日(土)は鈴木(川崎)、15日(日)は村井(NGO)、16日(月)は宇田川(神奈川)、17日(火)は細川(NGO)、18日(水)は大石(静岡)、19日(木)は宇田川(神奈川)、20日(金)は増島(NGO)がつなぎました。*本日のリレー仲間本日1月21日(土)は、鈴木(川崎)の1名が行っています。*今後のリレー仲間 1月22日(日)細川(NGO)  23日(月)村井(NGO)  24日(火)募集中!!  25日(水)大石(静岡)  26日(木)宇田川(神奈川)  27日(金)頼政(NGO)  28日(土)鈴木(川崎)  29日(日)募集中!!  30日(月)募集中!!  31日(火)石塚(神戸)*************************-- ※"まけないぞう"支え合い募金にご協力ください。 http://ngo-kyodo.org/cooperation/donation_and_membership.html■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 被災地NGO恊働センター   E-mail info@ngo-kyodo.org   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10 【HP】http://www.ngo-kyodo.org/ 【Facebook】https://www.facebook.com/KOBE1.17NGO 【東日本支援活動ブログ】http://miyagijishin.seesaa.net/ 【☆脱原発ハンストを実行する有志のブログ】http://blog.canpan.info/stopnps/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ... See MoreSee Less
View on Facebook
まけないぞう用のタオルが届きました。117の日にお参りに来てくれた家藤さんがそっとタオルを置いていってくれました。そして、北海道の宝皇寺さんもタオルを送ってくれました。そんな時に、毎年この時期にまけないぞうを注文してくれる埼玉県の方から子ぞうの注文を頂きました。ちょうど来てくれたちびくろ時代からのボランティア仲間Kくんが、新しいウクライナ支援のチラシとカードを入れてくれたました。みなさんありがとう!まけないぞう🥰🐘🥰🐘ウクライナ軍とロシア軍の戦争もなかなか終わりが見えません。まけないぞうの売り上げの一部はCODE海外災害援助センターを通してMOTTANAIやさいとなって、神戸に住んでいる避難民の方に届けられています。ぜひ、まけないぞうを買って応援してください!お買い求めはこちらから http://ngo-kyodo.org/makenaizouinfo/ ... See MoreSee Less
View on Facebook
1995年1月17日朝5時46分阪神・淡路大震災が発生しました。6434名の尊いいのちが一瞬にして奪わ、28年が経ちました。犠牲になられた人たちには心からご冥福をお祈りします。当センターの事務所では、各地からボランティア仲間が祈りを捧げてくれました。いまのKOBEの街並みをみると震災の爪痕はほとんどありませんが、ひとり一人の心の中にはっきりとあの日の記憶が刻まれています。あの日の教訓を伝え続けていきたい。あの日の事は決して忘れません。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
まけないぞう🥰🙏🙏🐘【English follows】阪神淡路大震災から28年。あの日の午前5時46分、突然に人生を断ち切られてしまった犠牲者の方々、ご家族の方々を思い、ご冥福を心よりお祈りいたします。あの日の記憶を決して風化させることなく、次に起こるかもしれない災害への備えを万全に!という思いを新たに、阪神淡路大震災当時から被災地の方々の寄り添いを続けている被災地NGO協働センターの「まけないぞう」さんの応援を続けます。合掌。It has been already 28 years since the Hanshin-Awaji Earthquake, which terribly hit the west of Japan. Our prayers go out to all the victims who suddenly lost their precious lives and to their families. Never let the memories of that day fade away, and let us get prepared for the next natural disaster! We will continue to support the Makenaizo Elephant project of the NGO Collaboration Centre in Kobe which has been keeping caring for the people in the affected area since 1995. January 17th is the real starting point of our makenaizone group. ... See MoreSee Less
View on Facebook
久しぶりに神戸の作り手さんと電話でお話。お部屋の中で転倒し寝ていることが多かったのですが、ちょっと元気になったようです。この日は気分が良くて、朝からお風呂に入って、声も明るかったです。団地の廊下を歩いたり少しリハビリもしているそうです。この方は阪神・淡路大震災で仮設住宅に入居し、それからずっとまけないぞうを作っています。「ぞうさんないとだめなの」と。新年に入っていつも応援してくれているMAKENAIZONEのお仲間福島にまけないぞうがお引越ししました🥰🐘🥰🐘まけないぞうを今年もよろしくお願いします。 ... See MoreSee Less
View on Facebook