スタッフ紹介

顧問 村井雅清

1969年兵庫県立兵庫高校卒業、神戸の港湾に8年間就業した後、震災発生まで長田のケミカル業界に従事。震災後「ちびくろ救援ぐるうぷ」(現「ぐるうぷ“えん”」)事務局長(後、代表)として救援活動に取り組む。
村井雅清
一方、「阪神大震災地元NGO救援連絡会議」の分科会から独立した「阪神・淡路大震災『仮設』支援NGO連絡会」(現:被災地NGO恊働センター)の代表となり現在に至る。また、震災後、国内外の災害に対する支援活動に取り組み、海外では過去53回にわたってコーディネーター役を務める。「CODE海外災害援助市民センター」理事、しみん基金KOBE副理事長など。神戸大学非常勤講師、福井大学非常勤講師、神戸松蔭女子大学非常勤講師、福井大学医学部看護学科非常勤講師、名古屋大学大学院環境学研究科非常勤講師。2006年4月より神戸学院大学客員教授。2011年11月第21回ロドニー賞受賞。
 著書に「ボランティアが社会を変える」(共著、2006年、関西看護出版)、「災害ボランティアの心構え」(2011年、ソフトバンク新書、記述の一部が大学入試問題に採用された)

代表 頼政良太

1988年広島市に生まれ。2007年、神戸大学入学と同時に中越・KOBE足湯隊(現:KOBE足湯隊/事務局:被災地NGO恊働センター)として災害ボランティア活動を始める。同年7月より2009年3月まで中越・KOBE足湯隊代表を務める。
頼政良太
その後、中越沖地震、兵庫県佐用町水害、新燃岳噴火災害、東日本大震災など計15以上の国内の災害救援活動に従事。2011年4月より被災地NGO恊働センタースタッフ。2011年4月~2013年5月まで日本財団ROADプロジェクト×震災がつなぐ全国ネットワークの足湯ボランティア担当として東京に出向。2015年5月より代表。
担当の活動:熊本地震 / 2017九州北部豪雨災害 / 寺子屋事業 / ネットワーク事業

まけないぞう事業部 増島智子

東京出身。1995年阪神淡路大震災でボランティアに参加、同年から東京福祉専門学校と仏教大学の通信制社会福祉学科に通う傍ら、翌1996年に「ちびくろ救援ぐるうぷ」(現・ぐるうぷ“えん”)でボランティア活動に従事。
増島智子

同時に「阪神・淡路大震災『仮設』支援NGO連絡会」(現:被災地NGO恊働センター)に関わり、まけないぞうに出会う。まけないぞうが被災者・支援者の人たちに与える影響を研究し、社会福祉学会で論文発表。その後、まけないぞう担当。国内外の災害救援を通して、誰もが暮らしやすい社会の構築を目指していきたい。
担当の活動:まけないぞう事業 / 東日本大震災

総務部長 細川裕子

阪神・淡路大震災以降、復興ボランティアに関わる。


被災地NGO恊働センターとは
団体概要
被災地NGO恊働センターの歴史
スタッフ紹介
活動内容
災害救援と復興支援
終了した活動
けないぞう
足湯ボランティア
寺子屋勉強会
提言・ネットワーク事業
脱原発リレーハンスト
女性が担う地域防災塾
熊本地震救援活動
ご協力方法
寄付する!会員になる!
ボランティアで関わる
ライブラリー
じゃりみちバックナンバー
書籍のご案内
アクセス
フェイスブックタイムライン
ツイッタータイムライン
まけないぞうの作り手のつぶやき(NO7)みなさまのご支援のお陰で、2度目の正月を迎えられそうです。仮設に入って1年、まけないぞうに出会えて、生活にも張り合いができ、楽しい時間を過ごし感謝しています。このぞうさんがどんな方の所へ行くのか?想像しなが一針一針心を込めて作っています。(女川町2012年12月) ... See MoreSee Less
View on Facebook
リピーターのタオル支援者の京都の方から色とりどりのタオルを送ってくれました。そして、この間も地元兵庫や東京、福岡、千葉からまけないぞうのご注文も頂きました。みなさんありがとうございます。かわいいぞうさんたちを取り揃えていますので、ご注文お待ちしていますぞう🥰🐘 ... See MoreSee Less
View on Facebook
岩手も暑さが厳しいようですが、盛岡市のパルクアベニュー・カワトクでは第16回手しごと絆フェアが最終日を向かえています。盛岡の支援者の方から今朝うれしいメッセージが届きましたので、みなさんにもお知らせします。「盛岡は連日37℃とほぼ体温と同じ気温です。先週土日と手しごと絆フェアに行ってきました。生うにとパン香房むぎのミニコッペは美味しくて日曜日も買いに行きました。そうそう、スノーボールもね!もちろん、まけないぞうさんも。リングぞうも。お尻が可愛いですね!可愛い💕プレゼントにするつもりです。」ぜひ、盛岡にお近くの方は、お寄りください。 ... See MoreSee Less
View on Facebook
おはようございます。本日も岩手県盛岡市パルクアベニュー・カワトクでは、第16回岩手発・手しごと絆フェアが開催されています。猛暑のせいかお客さんの入りがいまいちなようです。東日本大震災から10年。まだまだ、みなさんのご支援が必要です。三陸沿岸から生まれた素敵な作品の数々、おいしい海の幸など。熊本地震や水害支援のパンやお菓子。三陸の素敵なものを買って応援しませんか?みなさまのお越しをお待ちしています。岩手の方でお知り合いの方がいたらぜひ、お誘いください🎵まけないぞう!! ... See MoreSee Less
View on Facebook
各地で梅雨明けした途端、猛暑が日本列島を襲っています。みなさんくれぐれも熱中症にお気をつけください。岩手県盛岡市パルクアベニュー・カワトクでは、昨日16日~20日(火)まで第16回岩手発・手しごと絆フェアが開催されています。猛暑のせいかお客さんの入りがいまいちなようです。熊本地震や水害支援のパンやお菓子、三陸の素敵な作品やおいしいものを買って応援しませんか?みなさまのお越しをお待ちしています。まけないぞう!! ... See MoreSee Less
View on Facebook
被災地NGO恊働センターです。今年度は、「災害ボランティアについて知ろう講座」を実施します。第1回(8/21 14:00~)は、「社協の災害ボランティア対応」と題して、兵庫区社会福祉協議会の長谷部さんに講師を務めていただきます。社協の仕組みや、災害ボランティアセンターの基本までの総論を学ぶ機会です。有料講座となりますが、ぜひご参加ください。ーーーーーーー(以下、ご案内)ーーーーーーーーー■趣旨災害からの復興の過程では、単に泥出しや瓦礫撤去をするだけでなく、水害時の適切な家屋処理や、快適な避難所運営方法が求めらます。こうした一連の流れを網羅的に学んでおくことで、スムーズな復興を進めていくための一助となります。全6回の連続講座によって、細やかな技術、知識、考え方を学ぶとともに、災害直後から復興に至るまでのプロセスを学ぶことを目的としています。対象:災害ボランティアに興味がある方(兵庫県内、近畿の方を優先します)参加費:各回2000円/学生1000円全6回お申し込みいただくと、10,000円(2000円お安くなります)*お申し込み後、お支払い方法をメールでお送りします。場所:オンライン(Zoom)   (実技の場合は、会場での参加も可能です。*人数制限あり)第1回 社協の災害ボランティア対応について8月21日(土)14:00〜15:30    講師:長谷部治さん(兵庫区社協)    番外編:災害ボランティアセンターの歴史(15:45〜16:30)    講師:頼政良太(被災地NGO恊働センター)    第2回 避難行動と避難所運営9月25日(土)14:00〜16:00    講師:頼政良太(被災地NGO恊働センター)第3回 水害対応の心得10月9日(土)14:00〜16:00    講師:吉田信昭さん(縁の下のもぐら)第4回 被災者に寄り添うボランティア(11月13日(土)14:00〜15:30)    講師:増島智子(被災地NGO恊働センター)    番外編:足湯ボランティア実習(15:45〜16:30)    講師:吉椿雅道さん(CODE海外災害援助市民センター)第5回 屋根のブルーシート張り対応12月18日(土)14:00〜16:00    講師:中村伸一郎さん(ユアロキィコンサルティング株式会社)第6回 住民の内発的な力を引き出す復興ボランティア1月29日(土)14:00〜15:30    講師:宮本匠さん(兵庫県立大学減災復興政策研究科)申込:メールもしくは、下記フォームでお申し込みください。   https://forms.gle/r3fkF4Qs5eDhhTVm8問合:被災地NGO恊働センター(担当:頼政)   info@ngo-kyodo.org 078-574-0701*本事業は、真如苑の助成を受けて実施しています。 ... See MoreSee Less
View on Facebook